スキル発動前カットイン表示 - Torigoya_SkillCutIn.js

シェア用テキスト:
▼スキル発動前カットイン表示(Ruたん様作) - Torigoya_SkillCutIn.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/27489
指定スキルの発動前にカットインを表示する機能を追加します。

ふりがな:すきるはつどうまえかっといんひょうじ

機能概要: 指定スキルの発動前にカットインを表示する機能を追加します。

利用規約(ライセンス):
パブリックドメイン
・著作権:放棄

作者:Ruたん

作者サイト:https://torigoya-plugin.rutan.dev/

解説ページ:https://torigoya-plugin.rutan.dev/battle/skillCutIn/

ファイル名:Torigoya_SkillCutIn.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @target MV
 * @plugindesc スキル発動前カットイン表示プラグイン (v.1.0.1)
 * @author Ruたん(ru_shalm)
 * @license public domain
 * @version 1.0.1
 * @url https://raw.githubusercontent.com/rutan/torigoya-rpg-maker-plugin/gh-pages/Torigoya_SkillCutIn.js
 * @help
 * スキル発動前カットイン表示プラグイン (v.1.0.1)
 * https://torigoya-plugin.rutan.dev
 *
 * このプラグインは「Tweenアニメーションプラグイン」が必要です。
 * Tweenアニメーションプラグインより下に入れてください。
 *
 * 指定スキルの発動前にカットインを表示する機能を追加します。
 *
 * ------------------------------------------------------------
 * ■ 基本的な使い方
 * ------------------------------------------------------------
 *
 * (1) カットイン用の共通画像を用意する
 *
 * ・カットイン用の背景画像1
 * ・カットイン用の背景画像2
 * ・カットイン用の境界線画像
 *
 * 上記3種類の画像を用意して
 * ピクチャー用のフォルダ(img/pictures)に入れる必要があります。
 * 以下のページで自由に使える画像素材を配布しています。
 *
 * https://torigoya-plugin.rutan.dev/battle/skillCutIn
 *
 * (2) カットイン用のキャラの画像を用意する
 *
 * カットインを表示したいキャラの画像を好きなだけ用意します。
 * キャラの画像もピクチャー用のフォルダ(img/pictures)に入れてください。
 *
 * (3) カットインの設定をする
 *
 * プラグイン設定から「味方のカットイン設定」を開き、
 * 設定したい分だけ項目を追加してください。
 *
 * ■ 対象設定
 *
 * 「どのキャラが」「何のスキルを使った」を設定します。
 * 例えば「ハロルド」が「スターライトⅡ」を使った、のような設定をします。
 *
 * ここで設定した条件を満たしたときにカットインが表示されます。
 *
 * ■ キャラ画像
 *
 * 表示するキャラクターの画像ファイルの選択や
 * 表示位置・サイズの調整ができます
 *
 * ■ 個別設定(省略可)
 *
 * このカットインだけ色を変えたい!みたいな場合は設定してください。
 * 不要な場合は省略して大丈夫です。
 *
 * ■ メモ欄
 *
 * メモ欄です。自由にメモをすることができます。
 * また、一部の特殊な設定を記述できます。
 *
 * -----
 *
 * これで基本的な設定は完了です。
 * 対象のキャラでスキルを使うとカットインが表示されます。
 *
 * ------------------------------------------------------------
 * ■ プロ向けの使い方
 * ------------------------------------------------------------
 *
 * 各カットイン設定の中にあるメモ欄に
 * 特殊な記載をすることで、少し複雑な使い方ができます。
 *
 * ● カットインの角度を変える
 *
 * デフォルトでは斜め下からキャラカットインが表示されますが、
 * メモ欄に以下のように書くことで角度を変えることができます。
 *
 * <角度: 45>
 *
 * 角度は0~360で指定してください。
 * 角度が0の場合は左から、90の場合は上から、
 * 180の場合は右から、270の場合は下から
 * それぞれキャラカットインが表示されます。
 *
 * ● カットインの表示条件を複雑にする
 *
 * 例えば、HPが50%以下のときだけカットインを表示したい場合は
 * メモ欄に以下のように記述します。
 *
 * <条件: a.hp <= a.mhp * 0.5>
 *
 * 条件として書かれた内容が真のときのみ、
 * 該当のカットインが表示されます。
 * ダメージ計算式と同じように a に自分自身が入ります。
 * ただし b (相手)はありません。
 *
 * ● スキルではなくアイテム使用時にカットインを出す
 *
 * まず、カットインの設定でスキルIDを「なし」にします。
 * そして、カットイン設定のメモ欄に以下のように記述してください。
 *
 * <アイテム: 7>
 *
 * こうすると、アイテムID:7のアイテムを使ったときに
 * カットインが表示されるようになります。
 *
 * ● マップでカットインを表示する
 *
 * プラグインコマンドで呼び出すことができます。
 * なお、呼び出すカットインには
 * 事前に呼び出し名を付けておく必要があります。
 * 呼び出し名は、カットイン設定のメモ欄に以下のように記述してください。
 *
 * <呼び出し名: myCutIn>
 *
 * 「myCutIn」の部分は好きな名前にしてください。
 * この名前をプラグインコマンドで指定することで、
 * マップでもカットインを表示できます。
 * 呼び出し方法の詳細は解説ページをご覧ください。
 *
 * @param base
 * @text ■ カットイン設定
 *
 * @param actorConfig
 * @text 味方のカットイン設定
 * @desc アクター用のカットイン設定です。
 * 上にあるものから優先されます。
 * @type struct<ActorCutinSet>[]
 * @parent base
 * @default []
 *
 * @param enemyConfig
 * @text 敵のカットイン設定
 * @desc 敵用のカットイン設定です。
 * 上にあるものから優先されます。
 * @type struct<EnemyCutinSet>[]
 * @parent base
 * @default []
 *
 * @param common
 * @text ■ 共通設定
 *
 * @param commonBackImage1
 * @text 背景画像1
 * @desc 背景全体に表示される画像を指定します
 * @type file
 * @require true
 * @parent common
 * @dir img/pictures
 * @default CutIn_back1
 *
 * @param commonBackImage2
 * @text 背景画像2
 * @desc キャラクターの背景部分に表示される画像を指定します
 * @type file
 * @require true
 * @parent common
 * @dir img/pictures
 * @default CutIn_back2
 *
 * @param commonBorderImage
 * @text 境界線画像
 * @desc カットインの境界線部分に表示される画像を指定します
 * @type file
 * @require true
 * @parent common
 * @dir img/pictures
 * @default CutIn_border
 *
 * @param commonBorderBlendMode
 * @text 境界線画像のブレンド
 * @desc 境界線画像のブレンドモードを指定します
 * ※RPGツクールMZのみ有効
 * @type select
 * @parent common
 * @option 通常
 * @value normal
 * @option 加算
 * @value add
 * @default add
 *
 * @param commonSound
 * @text 効果音
 * @desc カットイン表示時の効果音を設定します
 * 各カットイン内で指定がある場合は、そちらを優先します
 * @type struct<Sound>
 * @parent common
 * @default {”name”:”Skill2”,”volume”:”90”,”pitch”:”100”,”pan”:”0”}
 *
 * @param commonActor
 * @text ■ 味方用の共通設定
 *
 * @param actorBackColor1
 * @text 味方: 背景色1
 * @desc 味方のカットイン表示領域の背景色を設定します。
 * @type string
 * @parent commonActor
 * @default #000033
 *
 * @param actorBackColor2
 * @text 味方: 背景色2
 * @desc 味方のカットイン表示領域の背景色を設定します
 * 空欄の場合は背景色1と一緒になります
 * @type string
 * @parent commonActor
 * @default #6666ff
 *
 * @param actorBackTone
 * @text 味方: エフェクト色調1
 * @desc 味方の背景エフェクトの色調を設定します
 * ※RPGツクールMZのみ有効
 * @type struct<Color>
 * @parent commonActor
 * @default {”red”:”-128”,”green”:”-128”,”blue”:”128”}
 *
 * @param actorBorderTone
 * @text 味方: エフェクト色調2
 * @desc 味方の境界線エフェクトの色調を設定します
 * ※RPGツクールMZのみ有効
 * @type struct<Color>
 * @parent commonActor
 * @default {”red”:”0”,”green”:”0”,”blue”:”0”}
 *
 * @param commonEnemy
 * @text ■ 敵用の共通設定
 *
 * @param enemyBackColor1
 * @text 敵: 背景色1
 * @desc 敵のカットイン表示領域の背景色を設定します。
 * @type string
 * @parent commonEnemy
 * @default #330000
 *
 * @param enemyBackColor2
 * @text 敵: 背景色2
 * @desc 敵のカットイン表示領域の背景色を設定します
 * 空欄の場合は背景色1と一緒になります
 * @type string
 * @parent commonEnemy
 * @default #ff6666
 *
 * @param enemyBackTone
 * @text 敵: エフェクト色調1
 * @desc 敵の背景エフェクトの色調を設定します
 * ※RPGツクールMZのみ有効
 * @type struct<Color>
 * @parent commonEnemy
 * @default {”red”:”128”,”green”:”-128”,”blue”:”-128”}
 *
 * @param enemyBorderTone
 * @text 敵: エフェクト色調2
 * @desc 敵の境界線エフェクトの色調を設定します
 * ※RPGツクールMZのみ有効
 * @type struct<Color>
 * @parent commonEnemy
 * @default {”red”:”0”,”green”:”0”,”blue”:”0”}
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.