VE Action Resistance - VE_ActionResistance.js

シェア用テキスト:
▼VE Action Resistance(Victor Sant様作) - VE_ActionResistance.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/26930
特定のアクションからダメージを削減する効果を作成できます。属性に適用できるデフォルトの抵抗や物理的/魔法的ダメージとは異なり、アイテムとスキル、アイテムタイプとスキルタイプ、さらに属性に直接適用できます。フラット削減値を設定することもできます。

ふりがな:こうどうていこう

機能概要: 特定のアクションからダメージを削減する効果を作成できます。属性に適用できるデフォルトの抵抗や物理的/魔法的ダメージとは異なり、アイテムとスキル、アイテムタイプとスキルタイプ、さらに属性に直接適用できます。フラット削減値を設定することもできます。

利用規約(ライセンス):https://fungamemake.com/victor-engine-jaspanese

作者:Victor Sant

作者サイト:https://victorenginescripts.wordpress.com/

ダウンロードページ:https://fungamemake.com/archives/10289

ファイル名:VE_ActionResistance.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc v1.03 - 特定のアクションからダメージを削減する効果を作成できます
 * @author Victor Sant
 * 
 * @param Invert Damage
 * @text ダメージ反転
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @desc 合計ダメージや回復がマイナスの場合、逆効果にします
 * 有効:true / 無効:false
 * @default false
 * 
 * @help 
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 * 
 * 元プラグイン:
 * https://victorenginescripts.wordpress.com/rpg-maker-mv/action-resistance/
 * 
 * 
 * ===========================================================================
 * 必要プラグイン
 * ===========================================================================
 * 
 * このプラグインを使用するには、下記のプラグインが必要です。
 * - VE_BasicModule
 * 
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * このプラグインは、
 * アクションによって引き起こされたダメージや回復にのみ効果があります。
 * 回復やダメージを与えないアクションには効果がありません。
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * アクター、職業、敵キャラ、武器、防具、ステートのメモタグ
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 
 *  <skill resistance: x, y>
 *  <skill resistance: x, y%>
 *   スキルの威力を下げる
 *     x : スキルID
 *     y : 変更値。(正負の値か%値)
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <item resistance: x, y>
 *  <item resistance: x, y%>
 *   アイテムの威力を下げる。
 *     x : アイテムID
 *     y : 変更値。(正負の値か%値)
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <element resistance: x, y>
 *  <element resistance: x, y%>
 *   属性の威力を下げる。
 *     x : 属性ID
 *     y : 変更値。(正負の値か%値)
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <state resistance: x, y>
 *  <state resistance: x, y%>
 *   ステートを変える確率を下げる。
 *     x : ステートID
 *     y : 変更値。(正負の値か%値)
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <stype resistance: x, y>
 *  <stype resistance: x, y%>
 *   特定スキルタイプのスキルの威力を下げる。
 *     x : スキルタイプID
 *     y : 変更値。(正負の値か%値)
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <itype resistance: x, y>
 *  <itype resistance: x, y%>
 *   特定アイテムタイプのアイテムの威力を下げる。
 *     x : アイテムタイプID
 *     y : 変更値。(正負の値か%値)
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <custom skill resistance: x>
 *   code
 *  </custom skill resistance>
 *   スクリプトコードを処理してスキルの威力を下げる。
 *     x    : スキルID
 *     code : 変更値を返すコード
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <custom item resistance: x>
 *   result = code
 *  </custom item resistance>
 *   スクリプトコードを処理してアイテムの威力を下げる。
 *     x    : アイテムID
 *     code : 変更値を返すコード
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <custom element resistance: x>
 *   result = code
 *  </custom element resistance>
 *   スクリプトコードを処理して属性の威力を下げる。
 *     x    : 属性ID
 *     code : 変更値を返すコード
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <custom state resistance: x>
 *   result = code
 *  </custom state resistance>
 *   スクリプトコードを処理して、ステートを変化させる確率を下げる。
 *     x    : ステートID
 *     code : 変更値を返すコード
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <custom stype resistance: x>
 *   result = code
 *  </custom stype resistance>
 *   スクリプトコードを処理して特定スキルタイプのスキルの威力を下げる。
 *     x    : スキルタイプID
 *     code : 変更値を返すコード
 *  
 * ---------------
 * 
 *  <custom itype resistance: x>
 *   result = code
 *  </custom itype resistance>
 *   スクリプトコードを処理して特定アイテムタイプのアイテムの威力を下げる。
 *     x    : アイテムタイプID
 *     code : 変更値を返すコード
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 追加情報
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 
 * コードではダメージ式と同じ値を使っているので、使用者には'a'、対象には'b'、
 * 変数には'v[x]'、アイテムオブジェクトには'item'を使います。
 * 'result'は数値を返す必要があります。
 *  
 * ---------------
 * 
 * このプラグインと'Action Strengthen'の大きな違いは、
 * このプラグインは対象を見ているのに対し、
 * 'Action Strengthen'は使用者を見ていることです。
 * 
 * ---------------
 * 
 * 属性耐性を%値で設定するのと、データベース上で設定するのとは異なります。
 * この設定は耐性値の前に適用されるので、加算されることはありません。
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * メモタグの例
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 
 *   <skill resistance: 4, +200>
 * 
 * ---------------
 * 
 *   <item resistance: 5, -25%>
 *  
 * ---------------
 * 
 *   <custom element resistance: 6>
 *    result = b.def * 10;
 *   </custom element resistance>
 *  
 * ---------------
 * 
 *   <custom stype resistance: 1>
 *    result = Math.max(b.def - a.atk, 0) * v[5];
 *   </custom stype resistance>
 * 
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.