HIME Enemy Levels - HIME_EnemyLevels.js

シェア用テキスト:
▼HIME Enemy Levels(HimeWorks様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/26789
敵にレベルを与え、レベルを管理する機能を追加できます。

ふりがな:えねみーれべる

機能概要: 敵にレベルを与え、レベルを管理する機能を追加できます。

利用規約(ライセンス):https://fungamemake.com/hime-japanese

作者:HimeWorks

作者サイト:https://himeworks.com/

ダウンロードページ:https://fungamemake.com/archives/6253

ファイル名:HIME_EnemyLevels.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * -------------------------------------------------------------------------
 * @title Enemy Levels
 * @author Hime --> HimeWorks (http://himeworks.com)
 * @version 1.4
 * @date Dec 10, 2015
 * @filename HIME_EnemyLevels.js
 * @url http://himeworks.com/2015/11/enemy-levels-mv
 *
 * あなたが私の仕事を楽しんでいるなら、
 * パトレオンで私を支援することを検討してください!
 *
 * - https://www.patreon.com/himeworks
 *
 * ご質問やご不明な点がございましたら、下記のいずれかでご連絡ください。
 *
 * - Main Website: http://himeworks.com
 * - Facebook: https://www.facebook.com/himeworkscom/
 * - Twitter: https://twitter.com/HimeWorks
 * - Youtube: https://www.youtube.com/c/HimeWorks
 * - Tumblr: http://himeworks.tumblr.com/
 *
 * -------------------------------------------------------------------------
 * @plugindesc v1.4 - 敵にレベルを与え、レベルを管理する機能を追加します。
 *
 * @param Name Format
 * @text 敵名の表示形式
 * @desc 敵の名前の表示形式
 * %1:名前 / %2:レベル
 * @default Lv%2 %1
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * -------------------------------------------------------------------------
 * == 説明 ==
 *
 * 動画: https://www.youtube.com/watch?v=s3iTo3nboSc
 *
 * 敵にアクターのようなレベルを持たせたいですか?
 *
 * アクターの現在のレベルと比較した難易度を決定する方法として、
 * レベルを使用できます。
 * 例えば、アクターが現在レベル10で、敵がレベル20である場合、
 * 赤いフォントを使用して敵の名前を表示し、
 * 危険であることを示すことができます。
 *
 * レベル自体はそれほど重要ではありません。
 * レベル自体はそれほど重要ではありません。
 * レベルは単なる数字です。
 * それらを使用する他のプラグインを使用すると、より強力になります。
 *
 * 例えば、使用できるプラグインはHIME_EnemyClassesです。
 * 職業を敵に割り当てることができます。
 * 両方のプラグインを使用して、
 * 敵のレベルに基づいて能力値を設定したり、
 * レベルに基づいて使用できるスキルを設定したりできます。
 *
 * == 利用規約 ==
 *
 * - クレジットを表示する非営利プロジェクトでの使用は無料
 * - 商用利用の場合、私に連絡してください
 *
 * == Change Log ==
 *
 * 1.4 - Dec 10, 2015
 *   * updated formula to use eval
 * 1.3 - Dec 8, 2015
 *   * enemy levels are generated for each Game_Enemy instance
 * 1.2 - Dec 7, 2015
 *   * added support for displaying enemy level in name
 * 1.1 - Nov 26, 2015
 *   * added support for accessing 'level' as a property
 * 1.0 - Nov 25, 2015
 *   * initial release
 *
 * == 使用法 ==
 *
 * 敵のメモタグ
 *
 *   <enemy level: FORMULA />
 *
 * FORMULA は、数値に評価される有効なJavaScript式です。
 * 例えば、数字を入れることができます、
 *
 *   <enemy level: 23 />
 *
 * または、式変数 `v`を使用して、ゲーム変数を含めることができます。
 *
 *   <enemy level: 5 + v.value(3) * 4 />
 *
 * 敵のレベルを「5に'変数3に4を掛けた値'を加えた値」にする事を意味します。
 * 難易度などに基づいて動的レベルを設定するために使用できます。
 *
 * -- 名前にレベルを表示 --
 *
 * 敵のレベルを名前で表示したい場合、
 * プラグインパラメーターで、'名前の表示形式'を設定できます。
 *
 *   1. 敵キャラの名前
 *   2. 敵のレベル
 *
 * 例えば、下記のように書くと
 *
 *   レベル%2 %1
 *
 * ゲーム内でレベル5のスライムに遭遇すると、次のように表示されます。
 *
 *   レベル5 スライム
 *
 * -- レベルの変更 --
 *
 * レベルを変更するには、2つの方法があります。
 *
 * 1. プラグインコマンドの使用
 *
 * 単純なレベル管理の場合、戦闘中に次のコマンドを使用できます。
 *
 *   set_enemy_level member MEMBER_ID to level LEVEL
 *
 * MEMBER_IDは敵グループにおける敵の位置で、
 * LEVELは新しいレベルの番号です。
 * 例えば、戦闘の2番目の敵をレベル10に変更するには、次のように記述します。
 *
 *   set_enemy_level member 2 to level 10
 *
 * このプラグインコマンドを使用して、レベルを加算/減算することもできます。
 *
 *   add_enemy_level LEVEL levels to member MEMDER_ID
 *
 * 負の数を指定すると、レベルが減算されます。
 * 例えば、3番目の敵に5レベルを加算するには、次のように記述します。
 *
 *   add_enemy_level 5 levels to member 3
 *
 * その敵から10レベルを減算するには、次のように記述します。
 *
 *   add_enemy_level -10 levels to member 3
 *
 * 2. スクリプトコール
 *
 * より高度な方法で敵のレベルを制御したい場合、
 * スクリプトコールを直接使用できます。
 * 2番目の敵を修正したいとします。
 *
 * まず、敵オブジェクトにアクセスします。
 * JavaScriptのインデックス作成はゼロベースなので、
 * 最初の敵はインデックス0にあります。
 *
 *   $gameTroop.members()[1]
 *
 * その後、次の方法を使用します。
 *
 *   $gameTroop.members()[1].setLevel( NEW_LEVEL )
 *   $gameTroop.members()[1].addLevel( NEW_LEVEL )
 *
 * NEW_LEVEL はJavaScriptで使用される式です。
 *
 * -------------------------------------------------------------------------
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.