バトラーの影を設定&浮遊効果の追加 - NRP_ShadowAndLevitate.js

シェア用テキスト:
▼バトラーの影を設定&浮遊効果の追加(砂川赳様作) - NRP_ShadowAndLevitate.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/27889
・敵キャラにアクターと同じような影を作成可能・バトラーの影の大きさや位置を変更可能・バトラーの画像サイズに合わせた自動調整も可能・バトラーを浮遊させる設定が可能・バトラーを浮遊させるステートを作成可能・DynamicMotionおよびanimatedSVEnemies.jsに対応

ふりがな:ばとらーのかげをせってい&ふゆうこうかのついか

機能概要: ・敵キャラにアクターと同じような影を作成可能・バトラーの影の大きさや位置を変更可能・バトラーの画像サイズに合わせた自動調整も可能・バトラーを浮遊させる設定が可能・バトラーを浮遊させるステートを作成可能・DynamicMotionおよびanimatedSVEnemies.jsに対応

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:許可
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:砂川赳

作者サイト:http://newrpg.seesaa.net/

解説ページ:http://newrpg.seesaa.net/article/478654833.html

ファイル名:NRP_ShadowAndLevitate.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @target MV MZ
 * @plugindesc v1.001 バトラーの影を設定&浮遊効果の追加
 * @author 砂川赳 (http://newrpg.seesaa.net/)
 * @orderAfter animatedSVEnemies
 * @orderAfter NRP_DynamicMotionMZ
 * @url http://newrpg.seesaa.net/article/478654833.html
 * 
 * @help バトラーの影に関する設定を行います。
 * また、バトラーを宙に浮かせる演出ができます。
 * 
 * ■主な特徴
 * ・敵キャラにアクターと同じような影を作成可能
 * ・バトラーの影の大きさや位置を変更可能
 * ・バトラーの画像サイズに合わせた自動調整も可能
 * ・バトラーを浮遊させる設定が可能
 * ・バトラーを浮遊させるステートを作成可能
 * ・DynamicMotionおよびanimatedSVEnemies.jsに対応
 * 
 * ■導入
 * 以下のプラグインと併用する場合は、それらよりも下に登録してください。
 * ・NRP_DynamicMotion.js or NRP_DynamicMotionMZ.js
 * ・animatedSVEnemies.js
 * 
 * ■使用方法
 * プラグインパラメータで、影の設定をしてください。
 * なお、プラグインを導入しただけでは敵キャラの影は表示されません。
 * 『影を作成』をオンにする必要があります。
 * 
 * 敵キャラおよびアクターのメモ欄に以下を記載すれば、個別の設定も可能です。
 * ※<BattlerFloat>のみステートにも有効です。
 * 
 * ■メモ欄の設定
 * <MakeShadow> / <MakeShadow:false>
 * 影を有効/無効にします。
 * 
 * <ShadowScaleX:?>
 * <ShadowScaleY:?>
 * 横幅・縦幅それぞれの影の拡大率を変更します。1.0が標準です。
 * 
 * <ShadowScale:?>
 * 影の拡大率を変更します。こちらは横幅・縦幅の両方を同時に変更します。
 * 
 * <ShadowX:?>
 * <ShadowY:?>
 * 影の位置を調整します。値は足元からの差分となります。
 * 
 * <ShadowOpacity:?>
 * 影の不透明度を変更します。255で不透明になります。
 * 
 * <BattlerFloat> / <BattlerFloat:?>
 * バトラーが宙に浮きます。高さはプラグインパラメータの設定値に従います。
 * 高さを数値で個別に指定することも可能です。
 * 
 * また、この項目のみステートのメモ欄でも有効です。
 * 例えば、FFシリーズのレビテトのようなステートが作成できます。
 * 
 * ■影幅の自動調整
 * 初期状態では敵の『影の拡大率X』『影の拡大率Y』に
 * 以下のような数式が設定されています。
 * 
 * > a.width / shadow.width * 1.5
 * 
 * これは『(本体画像の横幅 / 影画像の横幅) * 1.5』の意味です。
 * つまり、本体画像の横幅 * 1.5倍へと影画像を自動で拡大します。
 * 気に入らない場合は各自調整をしてください。
 * 
 * ※なお、標準の影画像”Shadow2”は画像内に空白が含まれています。
 *  設定上の数値より小さく見えるので注意してください。
 *  加えて、MZとMVでサイズが異なります。
 *  初期設定はMVだと少し大きいかも知れません。
 * 
 * その他、プラグインの詳細は以下をご覧ください。
 * http://newrpg.seesaa.net/article/478654833.html
 * 
 * ■利用規約
 * 特に制約はありません。
 * 改変、再配布自由、商用可、権利表示も任意です。
 * 作者は責任を負いませんが、不具合については可能な範囲で対応します。
 * 
 * @param <Enemy Shadow>
 * @text <敵キャラの影>
 * @desc 敵キャラの影に関する設定です。
 * 
 * @param EnemyMakeShadow
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影を作成
 * @type select
 * @option
 * @option 作成する @value true
 * @option 作成しない @value false
 * @desc 敵の影をアクターと同じように作成します。
 * 空欄だと初期設定(原則は未作成)を使用します。
 * 
 * @param EnemyShadowImage
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影の画像
 * @type file
 * @dir img/system
 * @default Shadow2
 * @desc 敵の影に使用する画像です。
 * 
 * @param EnemyShadowScaleX
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影の拡大率X
 * @type text
 * @default a.width / shadow.width * 1.5
 * @desc 敵の影画像の横方向への拡大率です。
 * 初期値では本体の横幅に合わせて拡大します。
 * 
 * @param EnemyShadowScaleY
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影の拡大率Y
 * @type text
 * @default a.width / shadow.width * 1.5
 * @desc 敵の影画像の縦方向への拡大率です。
 * 初期値では本体の横幅に合わせて拡大します。
 * 
 * @param EnemyShadowX
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影のX座標
 * @type text
 * @default 0
 * @desc 敵の影のX座標位置を調整します。
 * 
 * @param EnemyShadowY
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影のY座標
 * @type text
 * @default (a.height / 20) * -1
 * @desc 敵の影のY座標位置を調整します。
 * 初期値では『本体の縦幅/20』だけ上にずらします。
 * 
 * @param EnemyShadowZ
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影のZ座標
 * @type number
 * @decimals 1
 * @default 2
 * @desc 敵の影のZ座標(表示優先度)の初期値です。
 * この値はDynamicMotionと併用する場合のみ有効です。
 * 
 * @param EnemyShadowOpacity
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 影の不透明度
 * @type number
 * @max 255
 * @min 0
 * @default 255
 * @desc 敵の影の不透明度です。255で不透明になります。
 * 
 * @param EnemyFloatHeight
 * @parent <Enemy Shadow>
 * @text 浮遊効果の高さ
 * @type text
 * @default 48
 * @desc 敵の浮遊効果の高さです。数式可。
 * メモ欄に<BattlerFloat>を記述した場合に有効となります。
 * 
 * @param <Actor Shadow>
 * @text <アクターの影>
 * @desc アクターの影に関する設定です。
 * 
 * @param ActorShadowImage
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 影の画像
 * @type file
 * @dir img/system
 * @desc アクターの影に使用する画像です。
 * 空欄ならツクールの初期設定(Shadow2)を使用します。
 * 
 * @param ActorShadowScaleX
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 影の横幅
 * @type text
 * @desc アクターの影画像の横幅です。
 * 空欄ならツクールの初期設定(1)を使用します。
 * 
 * @param ActorShadowScaleY
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 影の縦幅
 * @type text
 * @desc アクターの影画像の縦幅です。
 * 空欄ならツクールの初期設定(1)を使用します。
 * 
 * @param ActorShadowX
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 影のX座標
 * @type text
 * @desc アクターの影のX座標位置を調整します。
 * 空欄ならツクールの初期設定(0)を使用します。
 * 
 * @param ActorShadowY
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 影のY座標
 * @type text
 * @desc アクターの影のY座標位置を調整します。
 * 空欄ならツクールの初期設定(-2)を使用します。
 * 
 * @param ActorShadowZ
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 影のZ座標
 * @type number
 * @decimals 1
 * @desc アクターの影のZ座標(表示優先度)の初期値です。
 * ※通常は未使用です。影は常にアクターの下に表示されます。
 * 
 * @param ActorShadowOpacity
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 影の不透明度
 * @type number
 * @max 255
 * @min 0
 * @default 255
 * @desc アクターの影の不透明度です。255で不透明になります。
 * 
 * @param ActorFloatHeight
 * @parent <Actor Shadow>
 * @text 浮遊効果の高さ
 * @type text
 * @default 24
 * @desc アクターの浮遊効果の高さです。数式可。
 * メモ欄に<BattlerFloat>を記述した場合に有効となります。
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.