エンカウント率調整 - EncountController.js

シェア用テキスト:
▼エンカウント率調整(沫那環(Tamaki Awana)様作) - EncountController.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/27510
設定した変数に代入された値に応じて、自動でエンカウント率を調整します。標準の計算式は、ツクール標準のものよりエンカウントの頻度が抑えられた、0~乱数の最大値 + マップに設定された敵出現歩数となります。

ふりがな:えんかうんとりつちょうせい

機能概要: 設定した変数に代入された値に応じて、自動でエンカウント率を調整します。標準の計算式は、ツクール標準のものよりエンカウントの頻度が抑えられた、0~乱数の最大値 + マップに設定された敵出現歩数となります。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:沫那環(Tamaki Awana)

作者サイト:https://razor-edge.work/

解説ページ:https://razor-edge.work/material/mvmzplugin/

ファイル名:EncountController.js

プラグインのヘルプ:

 /*:ja
 * @plugindesc エンカウント率を調整します。
 * @author 沫那環(Tamaki Awana)
 * @help  設定した変数に代入された値に応じて、自動でエンカウント率を調整します。
 * 標準の計算式は、ツクール標準のものよりエンカウントの頻度が抑えられた、
 * 0~乱数の最大値 + マップに設定された敵出現歩数
 * となります。
 * 
 * 【使い方】
 * EncountVariableで設定した変数に、以下の値を代入すると、
 * エンカウント率を算出する式をその場で変更することができます。
 * 0:標準(0~乱数の最大値 + マップに設定された敵出現歩数)
 * 1:少な目(0~乱数の最大値*2 + マップに設定された敵出現歩数)
 * 2:多め(ツクール標準)
 * 計算式をもっと細かく調節したい場合や、
 * もっと設定項目を増やしたい場合は、このプラグインのソースコードを
 * 改変してください。
 * 
 * 【プラグインコマンドについて】
 * このプラグインには、プラグインコマンドはありません。
 * 
 * 【更新履歴】
 * ver.1.0.2 コードを最適化
 * ver.1.0.1 パラメータの設定を最適化
 * ver.1.0 公開
 * 
 * ---
 * このプラグインは MIT License にもとづいて提供されます。
 * https://opensource.org/licenses/mit-license.php
 * 
 * このプラグインを制作するにあたり、kotonoha*さんのブログ
 * 「RPGツクールMVで感動ものを作る。」の記事
 * 「ストレスフリーなランダムエンカウントを目指す」を参考にしました。
 * http://ktnhmv.jugem.jp/?eid=8
 * この場を借りて、御礼を申し上げます。
 * 
 * 
 * @param EncountVariable
 * @desc エンカウント率の調整を判定する変数を設定します。
 * @type variable
 * @default 0
 * 
 * @param EncountRate
 * @desc エンカウント率を調整する乱数の最大値
 * @type number
 * @min 0
 * @default 5
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.