VE Critical Hit Effects - VE_CriticalHitEffects.js

シェア用テキスト:
▼VE Critical Hit Effects(Victor Sant様作) - VE_CriticalHitEffects.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/26946
クリティカルヒットとクリティカルダメージを制御

ふりがな:くりてぃかるひっとこうか

機能概要: クリティカルヒットとクリティカルダメージを制御

利用規約(ライセンス):https://fungamemake.com/victor-engine-jaspanese

作者:Victor Sant

作者サイト:https://victorenginescripts.wordpress.com/

ダウンロードページ:https://fungamemake.com/archives/6907

ファイル名:VE_CriticalHitEffects.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc v1.02 - クリティカルヒットとクリティカルダメージを制御できます
 * @author Victor Sant
 *
 * @param Base Critical Damage
 * @text 基本クリティカルダメージ
 * @desc クリティカルダメージに対する追加のダメージ率
 * デフォルト: 100
 * @default 100
 *
 * @param Early Critical Check
 * @text アクション前クリティカル確認
 * @type boolean
 * @on 確認する
 * @off 確認しない
 * @desc アクションが実行される前に、クリティカルの確認を行う
 * 確認する:true / 確認しない:false
 * @default false
 *
 * @param Never Miss Critical
 * @text クリティカル攻撃が必中
 * @type boolean
 * @on 必中
 * @off ミスあり
 * @desc 'Early Critical Check'(アクション前クリティカル確認)がオンの場合、クリティカル攻撃は必中。必中:true / ミスあり:false
 * @default false
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 * 
 * 元プラグイン:
 * https://victorenginescripts.wordpress.com/rpg-maker-mv/critical-hit-effects/
 * ===========================================================================
 * 必要プラグイン
 * ===========================================================================
 * 
 * このプラグインを使用するには、下記のプラグインが必要です。
 * - VE_BasicModule
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルダメージ (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical damage: x>
 *  <critical damage: x%>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  バトラーが与える全てのクリティカルダメージを変更
 *    x : 値(負の値または%値を指定可能)
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical damage: +50%>
 *       <critical damage: -25>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルダメージ (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical damage: x, y>
 *  <critical damage: x, y%>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   特定のスキルを使用する時、バトラーが与えるクリティカルダメージを変更
 *
 *     x : スキルID
 *     y : 値(負の値または%値を指定可能)
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical damage: 10, +50%>
 *       <critical damage: 15, -25>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルダメージ (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <custom critical damage>
 *   result = code
 *  </custom critical damage>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スクリプトで、バトラーが与えるクリティカルダメージを変更
 *     code : 変更された値を返すコード
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:   <custom critical damage>
 *         result = a.atk * 4
 *        </custom critical damage>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  会心率 (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical rate: x>
 *  <critical rate: x%>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  バトラーの会心率を変更
 *    x : 値(負の値または%値を指定可能)
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical rate: +50%>
 *       <critical rate: -25>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  会心率 (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical rate: x, y>
 *  <critical rate: x, y%>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   特定のスキルを使用する場合、バトラーの会心率を変更します。
 *     x : スキルID
 *     y : 値(負の値または%値を指定可能)
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical rate: 10, +50%>
 *       <critical rate: 15, -25>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  会心率 (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <custom critical rate>
 *   result = code
 *  </custom critical rate>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スクリプトで、戦闘の会心率を変更
 *     code : 変更された値を返すコード
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:   <custom critical rate>
 *         result = a.agi / 10
 *        </custom critical rate>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  会心防御 (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical defense: x>
 *  <critical defense: x%>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  バトラーが受けるクリティカルダメージを変更
 *    x : 値(負の値または%値を指定可能)
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical defense: +50%>
 *       <critical defense: -25>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  会心防御 (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <custom critical defense>
 *   result = code
 *  </custom critical defense>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スクリプトでバトラーが受けるクリティカルダメージを変更
 *     code : 変更された値を返すコード
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:   <custom critical defense>
 *         result = a.def * 2
 *        </custom critical defense>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルコード (アクター、職業、敵、武器、防具、ステートのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <custom critical code>
 *   code
 *  </custom critical code>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   クリティカルヒットを受けた時にスクリプトコードを実行
 *     code : 変更された値を返すコード
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:   <custom critical code>
 *         if (Math.random() < 0.5) {
 *           b.addState(5);
 *         }
 *        </custom critical code>
 *
 *        <custom critical code>
 *         v[10]++;
 *        </custom critical code>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルダメージ (スキル、アイテムのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical damage: x>
 *  <critical damage: x%>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スキル/アイテムが与えるクリティカルダメージを変更
 *    x : 値(負の値または%値を指定可能)
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical damage: +50%>
 *       <critical damage: -25>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルダメージ (スキル、アイテムのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <custom critical damage>
 *   result = code
 *  </custom critical damage>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スクリプトでスキル/アイテムが与えるクリティカルダメージを変更
 *     code : 変更された値を返すコード
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:   <custom critical damage>
 *         result = a.atk * 4
 *        </custom critical damage>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  会心率 (スキル、アイテムのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical rate: x>
 *  <critical rate: x%>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スキル/アイテムが与える会心率を変更
 *    x : 値(負の値または%値を指定可能)
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical damage: +50%>
 *       <critical damage: -25>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  会心率 (スキル、アイテムのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <custom critical rate>
 *   result = code
 *  </custom critical rate>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スクリプトでスキル/アイテムが与える会心率を変更
 *     code : 変更された値を返すコード
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:   <custom critical rate>
 *         result = a.agi / 10
 *        </custom critical rate>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルスキル (スキル、アイテムのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <critical skill: x>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   現在のスキルの代わりにスキルセットを使用します。
 *   パラメーター'Early Critical Check'(アクション前クリティカル確認)を
 *   オンにする必要があります。
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:  <critical skill: 10>
 *       <critical skill: 15>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  クリティカルコード (スキル、アイテムのメモタグ)
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  <custom critical code>
 *   code
 *  </custom critical code>
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *   スキル/アイテムでクリティカルヒットを受けた時にスクリプトコードを実行
 *     code : 変更された値を返すコード
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *  例:   <custom critical code>
 *         if (Math.random() < 0.5) {
 *           b.addState(5);
 *         }
 *        </custom critical code>
 *
 *        <custom critical code>
 *         v[10]++;
 *        </custom critical code>
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 * 追加情報
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *  - Code
 *  コードはダメージの式と同じ値を使用するため、
 *  会心防御を除き、使用者は'a'、対象は'b'、変数は'v[x]'、
 *  アイテムは'item'を使用できます。
 *  会心防御の場合、'a'は対象を表し、'b'は使用者を表します。
 *  'result'は数値を返す必要があります。
 *  <custom critical code>タグではresultは不要です。
 *
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *
 *  - Base Critical Damage (基本クリティカルダメージ)
 *  このレートは、クリティカルダメージを与える時、
 *  通常のダメージレートに追加されます。
 *  基本ダメージに追加されるレート値なので、100=二重ダメージです。
 *  (通常の攻撃は100%のダメージを与えるため、クリティカルから+100%=200%)
 *
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *
 *  - Early Critical Check
 *  デフォルトでは、クリティカル計算はダメージ計算の直前に行われます。
 *  例えば、クリティカル攻撃に合わせてアニメーションを変更するなど、
 *  クリティカルに基づいた行動を困難にします。
 *  この設定により、
 *  アクションが実際に実行される前にクリティカル確認を行うことができます。
 *  計算はヒット計算の前に行われるため、
 *  'Never Miss Critical'(クリティカル攻撃が必中)がオンになっていない限り、
 *  クリティカル攻撃のミスはまだ変化しています。
 *
 *  コード'action.isCritical()'でクリティカルアクションを確認できます。
 *  'action'は有効な'Game_Action'オブジェクトである必要があります。
 *  (この意味が分からない場合、これに触れないでください)。
 *
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *
 *  - Critical Rate
 *  クリティカル率%の値は、バトラーの現在のクリティカル率で乗算されます。
 *  したがって、クリティカル率が15%で、追加で+100%のバトラーは、
 *  クリティカル率が30%になります。
 *  クリティカル率のフラット/コード値が合計値に追加されます。
 *
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *
 *  - Critical Damage
 *  クリティカルダメージレートは積み重ねるため、
 *  200%の基本値+50%増加するスキルは、250%の追加ダメージになります。
 *  値がフラット/コード値である場合、それがクリティカルな場合、
 *  直接ダメージに追加されます。
 *
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *
 *  - Critical Defense
 * クリティカル防御値は、クリティカルダメージ値に対する減少の値です。
 * したがって、クリティカルによって付与される追加の値は減少しますが、
 * 通常のダメージ値は減少しません。
 * 値がフラット/コード値の場合、
 * 追加のクリティカルダメージから直接減算されます。
 *
 *  例えば、1000ダメージを与え、250%のクリティカルダメージを与える攻撃は、
 *  3500ダメージ(1000+1000*250%)を与えます。
 *  クリティカル防御は、追加の2500を超える場合、
 *  のみ効果があります。
 *  したがって、50%のクリティカル防御は、2500を半減し、
 *  追加ダメージを1250に減らします。
 *  最終的なダメージは2250(1000+1000+1250)です。
 *  クリティカル防御が100%の場合、クリティカルな追加ダメージは無効になります。
 *  ダメージはクリティカルではない攻撃と同じになります。
 *
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *
 *  - Critical Code
 *  クリティカルダメージを与えた時、スクリプトを呼び出すことができます。
 *  このコードは、ダメージの式と同じ値を使用するため、
 *  使用者に'a'、対象に'b'、変数に'v[x]'を使用できます。
 *
 * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 *
 *  - Critical Skills
 *  タグ<critical skill>を使用すると、クリティカルヒットを成功させた時、
 *  使用する別のスキルを作成できます。
 *  スキルの対象は、元のスキルと異なる範囲を持っている場合でも変更されません。
 *  元のアクションがアイテムであったとしても、
 *  使用されるアクションは常にスキルになります。
 *  アクションはコストが支払われた後に置き換えられるため、
 *  新しいスキルのコストは消費されません。
 *
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  互換性
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  このプラグインと一緒に使用するには、
 *  このプラグインの下に次のプラグインを配置する必要があります。
 *     VE - Hif Formula
 *     VE - Action Dodge
 * ===========================================================================
 *
 * ===========================================================================
 *  Version History:
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  v 1.00 - 2015.12.28 > First release.
 *  v 1.01 - 2016.03.04 > Improved code for better handling script codes.
 *  v 1.02 - 2016.08.29 > Fixed issue with Early Critical check.
 * ===========================================================================
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.