HIME Self Variables - HIME_SelfVariables.js

シェア用テキスト:
▼HIME Self Variables(HimeWorks様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/26761
全てのイベントのセルフ変数を作成/管理できます。

ふりがな:せるふばりあぶる

機能概要: 全てのイベントのセルフ変数を作成/管理できます。

利用規約(ライセンス):https://fungamemake.com/hime-japanese

作者:HimeWorks

作者サイト:https://himeworks.com/

ダウンロードページ:https://fungamemake.com/archives/6506

ファイル名:HIME_SelfVariables.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * -------------------------------------------------------------------------
 * @title Self Variables
 * @author Hime --> HimeWorks (http://himeworks.com)
 * @version 1.4
 * @date Feb 24, 2016
 * @filename HIME_SelfVariables.js
 * @url http://himeworks.com/2015/12/self-variables/
 *
 * あなたが私の仕事を楽しんでいるなら、
 * パトレオンで私への支援を検討してください!
 *
 * - https://www.patreon.com/himeworks
 *
 * ご質問や懸念がある場合、
 * 次のサイトのいずれかで私に連絡できます。
 *
 * - Main Website: http://himeworks.com
 * - Facebook: https://www.facebook.com/himeworkscom/
 * - Twitter: https://twitter.com/HimeWorks
 * - Youtube: https://www.youtube.com/c/HimeWorks
 * - Tumblr: http://himeworks.tumblr.com/
 *
 * -------------------------------------------------------------------------
 * @plugindesc v1.4 全てのイベントのセルフ変数を作成/管理できます。
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * -------------------------------------------------------------------------
 * == 説明 ==
 *
 * == 利用規約 ==
 *
 * - クレジットを表示する非営利プロジェクトでの使用は無料
 * - 商用利用の場合、私に連絡してください
 *
 * == Change Log ==
 *
 * 1.4 - Feb 24, 2016
 *   * fixed bug where setting a value to 0 doesn't set anything.
 * 1.3 - Feb 10, 2016
 *   * added support for clearing self-variables
 * 1.2 - Jan 27, 2016
 *   * Added support for script calls in move routes
 * 1.1 - Dec 27, 2016
 *   * added support for specifying eventId and mapId in script calls
 * 1.0 - Dec 9, 2015
 *   * Initial release
 *
 * == 使用法 ==
 *
 * セルフ変数に値を割り当てるには、スクリプトコールを使用します
 *
 *   this.set_self_variable(NAME, VALUE)
 *
 * NAMEは使用するセルフ変数の名前で、VALUEは割り当てる値です。
 *
 * たとえば、数字とします
 *
 *   this.set_self_variable(”check_times”, 1)
 *
 * これにより、'check_times'という変数が1に設定されます。
 *
 * その後、スクリプトコールを使用して、このセルフ変数の値を取得できます。
 *
 *   this.get_self_variable(”check_times”)
 *
 * 値1を返します。
 *
 * 変数の値は、数字、文字列、オブジェクト、ブール値、関数など、
 * 必要なものであれば何でもかまいません。
 * 一貫している限り、保存したいものに制限はありません。
 *
 * イベントのセルフ変数をクリアしたい場合、次のように書きます。
 *
 *    this.clear_self_variable( NAME )
 *    this.clear_self_variable( NAME, EVENTID )
 *    this.clear_self_variable( NAME, EVENTID, MAPID )
 *
 * または、イベントのセルフ変数を全てクリアしたい場合、次のように書きます。
 *
 *    this.clear_all_self_variables()
 *    this.clear_all_self_variables( EVENTID )
 *    this.clear_all_self_variables( EVENTID, MAPID )
 *
 * イベントIDが指定されていない場合、現在のイベントであると見なされます。
 * マップIDが指定されていない場合、現在のマップであると見なされます。
 *
 *   -- 他のイベントでの動作 --
 *
 * 提供する情報は2つだけであることに注意してください
 *
 *   1.変数名
 *   2.値(値を設定する場合)
 *
 * これは現在のイベントで、現在のマップで操作していると想定しているためです。
 * また、スクリプトコールでイベントIDとマップIDを指定することにより、
 * 他のイベントを操作することもできます。
 *
 *   this.set_self_variable(NAME, VALUE, EVENT_ID)
 *   this.set_self_variable(NAME, VALUE, EVENT_ID, MAP_ID)
 *
 * 例1
 *
 *   this.set_self_variable(”test”, 3, 4)
 *
 * イベント4のセルフ変数'test'を値3に設定します。
 * イベント0を指定すると、現在のイベントを意味します。
 *
 * 例2
 *
 *   this.set_self_variable(”test”, 3, 4, 2)
 *
 * マップ2でイベント4のセルフ変数'test'を3に設定します。
 *
 * セルフ変数を取得するために、同様のスクリプトコールを使用できます。
 *
 *   this.get_self_variable(NAME, EVENTID)
 *   this.get_self_variable(NAME, EVENTID, MAPID)
 *
 *   -- セルフ変数と数値の使用 --
 *
 * 通常の変数とは異なり、使用するエディタダイアログはありません。
 * それらを操作する場合、いくつかのスクリプトコールを使用する必要があります。
 *
 * 例えば、イベントとやり取りした回数を追跡したいとします。
 * 初めて対話する時、下記のように書きます。
 *
 *   this.set_self_variable(”interact_count”, 1)
 *
 * 次に対話する時、セルフ変数の値を取得し、1増加し、
 * それを変数に割り当てることから始めます。
 *
 *   var oldCount = this.get_self_variable(”interact_count”) || 0;
 *   var newCount = oldCount + 1;
 *   this.set_self_variable(”interact_count”, newCount);
 *
 * その最初の行の余分な部分に注意してください。
 * 変数が最初から値を持たない場合のショートカットです。
 * 数値を厳密に操作している場合、便利です。
 *
 *   -- セルフ変数と文字列の使用 --
 *
 * 文字列をセルフ変数内に保存することもできます。
 *
 *   this.set_self_variable(”myName”, ”tester”)
 *
 * ”myName”と呼ばれる変数は値”tester”を保持するようになります。
 * この変数の値が'tester'と等しいかは、下記のようにすると確認できます。
 *
 *   this.get_self_variable(”myName”) === ”tester”
 *
 * 変数の値に応じて、true/falseを返します。
 *
 * -------------------------------------------------------------------------
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.