FTKR Ex Force Action - FTKR_ExForceAction.js

シェア用テキスト:
▼FTKR Ex Force Action(フトコロ様作) - FTKR_ExForceAction.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/1371
戦闘行動の強制コマンドの機能を拡張する

ふりがな:せんとうきょうせいかくちょう

機能概要: 戦闘行動の強制コマンドの機能を拡張する

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:フトコロ

作者サイト:https://twitter.com/futokoro_mv

解説ページ:https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/FTKR_E…

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/mas…

ファイル名:FTKR_ExForceAction.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc v1.1.1 戦闘行動の強制コマンドの機能を拡張する
 * @author フトコロ
 *
 * @param Load Face In Battle Start
 * @desc 戦闘開始時にアクターの顔画像をすべて読み込む。
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default false
 * 
 * @param Face Window Setting
 * @desc 顔画像表示用のウィンドウ設定
 * @type struct<face>
 * @default {”imageWidth”:”144”,”imageHeight”:”54”,”windowY”:”144”,”padding”:”6”,”hideFrame”:”false”}
 *
 * @param -- イベントコマンドの動作 --
 * @desc 
 * 
 * @param Enable Show Face
 * @desc イベントコマンドで実行した時に、アクターの顔画像を表示する。
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default false
 * 
 * @param Enable Show SvChara
 * @desc イベントコマンドで実行した時に、アクターのSV戦闘キャラを表示する。※サイドビュー戦闘のみ有効
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default false
 * 
 * @param Disable Reset Action Num
 * @desc イベントコマンドで実行した時に、その後の行動のキャンセルを無効にする。
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default false
 * 
 * @param Enable Add Action
 * @desc イベントコマンドで実行した時に、行動を追加して実行する。
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default false
 * 
 * @help 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 概要
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * イベントコマンドの「戦闘行動の強制」の動作を変更できます。
 * プラグインパラメータで変更してください。
 * 
 * 
 * また、イベントコマンドの「戦闘行動の強制」の替わりに、以下のプラグインコマンドを
 * 実行することで、イベントごとに動作を変えることができます。
 * ※[]や()は実際の入力に使用しません
 * 
 * 
 * EFA_戦闘行動の強制 [主体分類] [主体ID] スキル [スキルID] 対象 [対象ID] (顔表示) (リセット無効) (行動追加)
 * EFA_FORCE_ACTION [battlerType] [battlerId] SKILL [skillId] TARGET [targetId] (SHOW_FACE) (DISABLE_RESET) (ADD_ACTION)
 * 
 * ”スキル(SKILL)”の変わりに”アイテム(ITEM)”に変えることで、アイテムを使用できます。
 * アイテムにした場合は、”スキルID(skillId)”を”アイテムID(itemId)”を設定してください。
 * 
 *    主体分類(battlerType)
 *        :行動させる主体キャラをどのように選ぶかを指定します。
 *         以下の文字列を入力してください。
 *          アクター   または Actor
 *          パーティー または Party
 *          敵グループ または Troop
 * 
 *    主体ID(battlerId)
 *        :主体分類に合わせて、以下のIDを指定します。
 *         アクターなら、主体のアクターID。
 *         パーティーなら、パーティー先頭を 1 とした並び順。
 *         敵グループなら、敵グループ先頭を 1 とした並び順。
 *         v[n] と指定することで変数 n の値を参照できます。
 * 
 *    スキル [スキルID]
 *    SKILL [skillId]
 *        :主体キャラに使用させるスキルのIDを指定します。
 *         v[n] と指定することで変数 n の値を参照できます。
 *         主体キャラがアクターで、0 と指定した場合は、そのキャラが
 *         覚えているスキルから、自動戦闘と同じ手法でスキルと対象を自動選択します。
 * 
 *    アイテム [アイテムID]
 *    ITEM [itemId]
 *        :主体キャラに使用させるアイテムのIDを指定します。
 *         v[n] と指定することで変数 n の値を参照できます。
 *         上記のスキルとは別に使用してください。
 * 
 *    対象 [対象ID]
 *    TARGET [targetId]
 *        :主体キャラが使用するスキルの対象を指定します。
 *         パーティーなら、パーティー先頭を 1 とした並び順。
 *         敵グループなら、敵グループ先頭を 1 とした並び順。
 *         v[n] と指定することで変数 n の値を参照できます。
 *         なお、スキルIDを 0 に設定した場合は、入力不要です。
 *  
 *    顔表示(SHOW_FACE)
 *        :この文字列は必要な場合のみ入力してください。
 *         この文字列を入力すると、スキル使用時に主体キャラがアクターかつ
 *         戦闘メンバー以外なら、データベースで設定された顔画像を画面右端に
 *         表示します。(*1)
 *         顔画像は、スキル動作が完了したら消えます。
 *         この顔画像の表示サイズや位置は、プラグインパラメータで設定できます。
 * 
 *    キャラ表示(SHOW_CHARA)
 *        :この文字列は必要な場合のみ入力してください。
 *         この文字列を入力すると、スキル使用時に主体キャラがアクターかつ
 *         戦闘メンバー以外なら、データベースで設定されたSV戦闘キャラを画面に
 *         表示しモーションを実行します。(*1)
 *         SV戦闘キャラは、スキル動作が完了したら消えます。
 *         この機能はサイドビュー戦闘のみ有効です。
 * 
 *    リセット無効(DISABLE_RESET)
 *        :この文字列は必要な場合のみ入力してください。(*2)
 *         ツクールMVでは、戦闘行動の強制を実行した時に、主体キャラの
 *         その後の行動はすべてキャンセルしてしまいますが、この文字列を
 *         入力すると、リセットを無効にできます。
 * 
 *    行動追加(ADD_ACTION)
 *        :この文字列は必要な場合のみ入力してください。(*2)
 *         この文字列を入力すると、アクターコマンドで予約していた行動とは
 *         別に指定したスキルを実行します。
 *         この文字列を入力しない場合は、予約していた行動と入れ替わりで
 *         スキルを実行します。
 * 
 * 使用例)
 * ◆プラグインコマンド:EFA_戦闘行動の強制 アクター 3 スキル 5 対象 2
 *  アクターID 3 のキャラに、スキルID 5 のスキルを使用します。
 *  スキルの対象が味方の場合は、パーティーの2番目のキャラにスキルを使用します。
 *  スキルの対象が敵の場合は、敵グループの2番目のキャラにスキルを使用します。
 * 
 * ◆プラグインコマンド:EFA_戦闘行動の強制 アクター 5 スキル 0 顔表示 リセット無効 行動追加
 *  アクターID 5 のキャラに、行動を追加して自動戦闘を行わせます。
 *  顔画像を表示します。
 *  
 * 
 * (*1)
 * 顔画像の表示のためには、事前に画像の読込を行う必要があります。
 * メニューで表示していない場合など、一度も画像の読込を行っていない場合は
 * 画像が正しく表示できない場合があります。
 * プラグインパラメータ Load Face In Battle Start を有効にすると
 * 戦闘開始時に、すべてのアクターの顔画像を読み込むようになります。
 * 
 * (*2)
 * この機能は、FTKR_AlternatingTurnBattle.jsと組み合わせて使用する場合は無効です。
 * 行動追加をさせたい場合は、FTKR_AlternatingTurnBattle.jsのプラグインパラメータ
 * Enable Force Action AC を無効に設定してください。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 設定方法
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 1.「プラグインマネージャー(プラグイン管理)」に、本プラグインを追加して
 *    ください。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 本プラグインのライセンスについて(License)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 本プラグインはMITライセンスのもとで公開しています。
 * This plugin is released under the MIT License.
 * 
 * Copyright (c) 2018 Futokoro
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.php
 * 
 * 
 * プラグイン公開元
 * https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/README.md
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 変更来歴
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 
 * v1.1.1 - 2018/08/06 : 不具合修正
 *    1. スキルやアイテムで「逃げる」を実行した場合に、SVキャラが消えずに
 *       残ってしまう不具合を修正。
 * 
 * v1.1.0 - 2018/05/01 : 機能追加
 *    1. 戦闘行動の強制で、アイテムを使用できる機能を追加。
 * 
 * v1.0.0 - 2018/04/14 : 初版作成
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
*/
//=============================================================================
/*~struct~face:
 * @param imageWidth
 * @desc 表示させる画像の横のサイズを指定します。デフォルトの顔画像よりも、小さいサイズにすることが可能です。
 * @type number
 * @default 144
 *
 * @param imageHeight
 * @desc 表示させる画像の縦のサイズを指定します。デフォルトの顔画像よりも、小さいサイズにすることが可能です。
 * @type number
 * @default 54
 *
 * @param windowY
 * @desc 顔画像を表示させる位置(Y座標)を指定します。
 * @type number
 * @default 144
 *
 * @param padding
 * @desc ウィンドウ内の余白サイズを指定します。
 * @type number
 * @default 6
 *
 * @param hideFrame
 * @desc ウィンドウの枠を非表示にします。
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default false
 *
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.