Set Jump Height And Frame - SetJumpHeightAndFrame.js

シェア用テキスト:
▼Set Jump Height And Frame(神無月サスケ様作) - SetJumpHeightAndFrame.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/2612
キャラクターを指定されたフレーム数と高さでジャンプさせます。

ふりがな:じゃんぷのたかさとふれーむをせってい

機能概要: キャラクターを指定されたフレーム数と高さでジャンプさせます。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:神無月サスケ

作者サイト:https://twitter.com/ktakaki00

解説ページ:https://twitter.com/ktakaki00/status/752860725480071169

ダウンロードページ:http://www.moonwhistle.org/tkoolMV/SetJumpHeightAndFram…

ファイル名:SetJumpHeightAndFrame.js

備考:参考動画

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc キャラクターを指定されたフレーム数と高さでジャンプさせます。
 * @author 神無月サスケ
 * *
 * @help このプラグインには、プラグインコマンドはありません。
 * 
 * 「移動ルートの設定」の「スクリプト」から以下の書式で呼び出してください。
 * this.setJmpFmt(maxHeight, frame);  # 高さとフレーム数をセット
 * this.resetJmpFmt();                #  設定をリセット
 * 例:
 * this.setJmpFmt(48, 24);   # 1キャラ分(48px)を 0.4秒(24フレーム)でジャンプ
 * 以後のジャンプでは、新たな設定が行われるまで、
 * 全て上記の設定でのジャンプを行います。
 *
 * 注意:全て終了後には this.resetJmpFmt(); を忘れずに実行してください。
 * さもないと、その後も設定が持続します。
 * イベントの場合、マップが切り替わるとリセットされますが、
 * プレイヤーの場合、ずっと設定が持続します。
 *
 * メモ: 通常のジャンプでは、以下の計算式でフレーム数と高さが決められています。
 * jumpPeak を 10 + 距離 - 移動速度 とします。
 * フレーム数は、jumpPeak の 2 倍です。
 * 頂点の高さは、jumpPeak の 2 乗の半分です。
 * 放物線(2次関数)の公式でジャンプします。
 *
 * このプラグインは MIT ライセンスで配布されます。
 * ご自由にお使いください。
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.php
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2024 All Rights Reserved.