拡張制御文字 - ExtendEscapeCharacters.js

シェア用テキスト:
▼拡張制御文字(やな様作) - ExtendEscapeCharacters.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/2058
ウィンドウ、フェイス、ピクチャ、BGMなどを操作する制御文字を追加します。

ふりがな:かくちょうせいごもじ

機能概要: ウィンドウ、フェイス、ピクチャ、BGMなどを操作する制御文字を追加します。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:やな

作者サイト:https://twitter.com/yanatsuki_/

解説ページ:https://www6.atwiki.jp/pokotan/pages/3.html

直接ダウンロード:Zipファイル

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/munokura/Yana-MV-plug…

ファイル名:ExtendEscapeCharacters.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc ver1.02/制御文字を拡張します。
 * @author Yana
 *
 * @param ToneRate
 * @desc トーンの変更時、何フレームに一度行うかの設定です。
 * @default 2
 *
 * @param WindowFrameSkip
 * @desc ウィンドウサイズ変更時、何フレームに一度変更を行うかの設定です。
 * @default 2
 *
 * @param FadeDuration
 * @desc ピクチャのフェードイン、フェードアウトにかける時間です。
 * @default 10
 *
 * @param FadePosY
 * @desc ピクチャのフェードイン、フェードアウトで使用される
 * ピクチャの表示位置Y座標です。画像の中心の座標になります。
 * @default 225
 *
 * @param ---------------
 *
 * @param SetFace1
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace2
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace3
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace4
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace5
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace6
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace7
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace8
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace9
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace10
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param ---------------
 *
 * @param SetFace11
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace12
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace13
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace14
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace15
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace16
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace17
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace18
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace19
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace20
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param ---------------
 *
 * @param SetFace21
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace22
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace23
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace24
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace25
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace26
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace27
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace28
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace29
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace30
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param ---------------
 *
 * @param SetFace31
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace32
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace33
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace34
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace35
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace36
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace37
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace38
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace39
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace40
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param ---------------
 *
 * @param SetFace41
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace42
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace43
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace44
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace45
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace46
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace47
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace48
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace49
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param SetFace50
 * @desc 呼び出すフェイスのファイル名です。
 * @default
 * @require 1
 * @dir img/faces/
 * @type file
 *
 * @param ---------------
 *
 * @noteParam 立ち絵
 * @noteRequire 1
 * @noteDir img/pictures/
 * @noteType file
 * @noteData actors
 *
 * @noteParam StandPicture
 * @noteRequire 1
 * @noteDir img/pictures/
 * @noteType file
 * @noteData actors
 *
 * @noteParam PDE
 * @noteRequire 1
 * @noteDir img/pictures/
 * @noteType file
 * @noteData enemies
 *
 * @help------------------------------------------------------
 * 導入にあたっての注意
 * ------------------------------------------------------
 * ※ 以下のプラグインがこのプラグイン用の設定プラグインとなります。
 * 導入しなくても動作はしますが、設定プラグインを必要とする機能は使用できなくなります。
 * EECSetting_Audio (音楽関係の制御文字を使う場合必要です)
 * EECSetting_Macro (\m[x]を使用する場合必要です)
 * EECSetting_Picture (任意です。ピクチャ関連の制御文字で、PIC<x>を使用する場合必要です)
 *
 *
 * ※このプラグインをFaceECと併用する場合、こちらを下に配置してください。
 * また、その場合、このプラグインのパラメータ、SetFaceは使用できません。
 * FaceECのものが使用されます。
 *
 * ※MessageAlignmentsECと併用する場合、こちらを上に配置してください。
 *
 * ※このプラグインは、メッセージのフェイス部分をスプライトに変更しています。
 * なので、メッセージのフェイス部分の描画を変更するようなプラグインと併用は
 * 難しいと思います。
 *
 * ※以下の処理は非常に重たいため、あまり使用しないほうが良いかもしれません。
 * ・動作フレームを指定したウィンドウのリサイズ
 * (WindowFrameSkipの値を増やせばフレームレートは下がらなくなりますが、
 *  動作がスムーズでなくなります)
 *
 * ------------------------------------------------------
 *  プラグインコマンド
 * ------------------------------------------------------
 * EEC 数値入力ウィンドウ移動 x,y,w,h
 * EEC MoveNumberInput x,y,w,h
 * ・数値入力ウィンドウの位置をx,yに、サイズをw,hに変更します。
 * ・指定した以降に呼び出された数値入力ウィンドウのみ効果があります。
 *
 * EEC アイテム選択ウィンドウ移動 x,y,w,h
 * EEC MoveEventItem x,y,w,h
 * ・アイテム選択ウィンドウの位置をx,yに、サイズをw,hに変更します。
 * ・指定した以降に呼び出されたアイテム選択ウィンドウのみ効果があります。
 *
 * EEC ピクチャ結合 n1,n2[,n3…]
 * EEC BindPicture n1,n2[,n3…]
 * ・n1番をマスターとして、n2[,n3…]を結合します。
 * ・結合されたピクチャは動作が同期するようになります。
 * ・ピクチャは呼び出されてから実際に表示されるまで時間がかかるため、
 *   このコマンドを使用する場合はピクチャを表示して少し待ってから使用してください。
 *
 *------------------------------------------------------
 * 設定方法
 * ------------------------------------------------------
 * イベントコマンド「文章の表示」で使用可能な制御文字を追加します。
 * 以下の制御文字が追加されます。
 *
 * ---初期設定系---
 * ウィンドウの初期設定を変更します。
 * 呼び出されたときの表示位置や、サイズ、フェイス等を設定できます。
 * _で始まるものが初期設定系の制御文字です。
 *
 * -ウィンドウ設定-
 * _MMW[x,y]        ウィンドウの初期表示位置をx,yに変更します。アンカーは左上(x=0,y=0)です。
 * _RMW[w,h]        ウィンドウの初期サイズをw,hに設定します。
 * _OMW[o]          ウィンドウの初期透明度をoに設定します。
 * _WC[r,g,b]       ウィンドウのカラーをr,g,bに設定します。
 * _DWC             ウィンドウのカラーを$gameSystemで設定されているものに戻します。
 * ※MMW,RMWは選択肢の表示でも1番目の選択肢に記述することで使用することが可能です。
 *
 * -フェイス設定-
 * _FCR             フェイスの表示を右側に変更します。
 * _AF[n+i]         フェイスをアクターn番のものからインデックスをi番ずらしたものに設定します。
 * _SF[n+i]         フェイスをプラグインパラメータで設定したn番のもののインデックスi番に設定します。
 * _FRT[r]          フェイスの角度をr°に設定します。
 * _FFH             フェイスを左右反転した状態に設定します。
 * _FFV             フェイスを上下反転した状態に設定します。
 * _FO[o]           フェイスの透明度をoに設定します。
 *
 * --置き換え系--
 * Window_Baseで変換され、特定のテキストに置き換わります。
 * \M[n]            EECSetting_Macroで設定した、n番のテキストに置き換えます。
 * \PDAF[n]         n番のアクターのフェイスを文字サイズの縦幅で表示したものに置き換えます。
 * \PDSF[n,i]       プラグインパラメータで設定したSetFaceのn番のフェイスのi番と置き換えます。
 * \PDE[n]          n番のエネミーのメモに設定された<PDE:xxx>のxxxの画像に置き換えます。
 * ※PDAFの制御文字は、アクターのメモ欄に<PDA_CY:y>のメモがある場合、yをフェイスの中心として表示します。
 *
 * --動作系--
 * Window_Messageで処理され、何らかの動作を行う制御文字です。
 *-
 * -ウエイト-
 * \WT[n]           nフレームウエイトをかけます。
 *
 * -ウィンドウ操作-
 * 基本的にdはすべて省略可能です。省略した場合、0として扱われます。
 * また、dにマイナスの値を設定すると、直前の動作の終了を待ってから、指定の動作に移ります。
 * \MMW[x,y[,d]]    ウィンドウの位置をdフレーム掛けてx,yに移動します。
 * \RMW[w,h[,d]]    ウィンドウのサイズをdフレーム掛けてx,yに変更します。(重いです)
 * \OMW[o[,d]]      ウィンドウの透明度をdフレーム掛けてoに変更します。
 * \WC[r,g,b[,d]]   ウィンドウのカラーをdフレーム掛けてr,g,bに変更します。
 * \DWC[d]          ウィンドウのカラーをdフレーム掛けて$gameSystemの設定値に戻します。
 *
 * -フェイス操作-
 * 基本的にdはすべて省略可能です。省略した場合、0として扱われます。
 * また、dにマイナスの値を設定すると、直前の動作の終了を待ってから、指定の動作に移ります。
 * \FRT[r[,d]]      フェイスの角度をdフレーム掛けてr°に回転します。
 * \FFV[d]          フェイスをdフレーム掛けて左右反転します。
 * \FFH[d]          フェイスをdフレーム掛けて上下反転します。
 * \FO[o[,d]]       フェイスの透明度をdフレーム掛けてoに変更します。
 * \FCI[n[,d]]      フェイスのインデックスをdフレーム掛けてn番に変更します。
 * \AF[n[+i,d]]     フェイスをdフレーム掛けてアクターn番のものからインデックスi番ずらしたものに変更します。
 * \SF[n[+i,d]]     フェイスをdフレーム掛けてプラグインパラメータで指定したn番のもののインデックスi番に変更します。
 * ※注意※ 以下2つのいずれかを使用した状態で、\FCI,\AF,\SFのいずれかを呼び出すと、正常に変更が行われません!
 * \FCT[r,g,b,gr[,d]]   フェイスのColorToneをdフレーム掛けてr,g,b,grに変更します。
 * \FBC[r,g,b,a[,d]]    フェイスのBlendColorをdフレーム掛けてr,g,b,aに変更します。
 *
 * -イベント系-
 * nは-1がプレイヤー、0が起動イベント、1以上は対応するIDのイベントです。
 * \ANIは-2を指定することで、フェイスを対象にすることができます。
 * \BLN[n,i]        n番のキャラクターにi番の吹き出しを表示します。
 * \ANI[n,i]        n番のキャラクターにi番のアニメーションを表示します。
 *
 * -音楽系-
 * ボリューム:v,ピッチ:p,位相:pnを省略することができます。省略した場合、基本設定が使用されます。
 * nはEECSetting_Audioで設定した名称が使用されます。
 * また、nに0を指定することで、再生を停止することが可能です。
 *
 * \BGM[n[,v,p,pn]]     nで指定したBGMを演奏します。
 * \BGS[n[,v,p,pn]]     nで指定したBGSを演奏します。
 * \SE[n[,v,p,pn]]      nで指定したSEを演奏します。
 * \ME[n[,v,p,pn]]      nで指定したMEを演奏します。
 *
 * \BGMFI[n,s[,v,p,pn]] nで指定したBGMをs秒かけてフェードインします。
 * \BGMFO[s]            BGMをs秒かけてフェードアウトします。
 * \BGSFI[n,s[,v,p,pn]] nで指定したBGSをs秒かけてフェードインします。
 * \BGSFO[s]            BGSをs秒かけてフェードアウトします。
 *
 * -ピクチャ系-
 * \SPIC[n,name[,or,x,y,sx,sy,op,bm]]
 * 番号n番に、nameの画像のピクチャを原点:or,X座標:x,Y座標:y,拡大率X:sx,拡大率Y:sy,
 * 透明度:op,ブレンドモード:bmで表示します。name以降は省略可能です。
 * また、nameは以下の特殊な指定が可能です。
 * P<n>                     EECSetting_Pictureで設定した、n番のピクチャに置き換えます。
 * A<n>                     n番のアクターのメモ欄に記述された<立ち絵:xxx>のxxxに置き換えます。
 * DT<xxx n>                xxxの文字列ピクチャを文字サイズnで表示します。(動的文字列ピクチャ生成プラグインが必要です)
 *                          ※この中で制御文字を使用する際は、[]を<>に変更してください。
 *
 * \MPIC[n,x,y[,d]]         n番のピクチャをdフレームかけてx,yに移動します。
 * \ZPIC[n,sx,sy[,d]]       n番のピクチャをsx%,sy%にdフレームかけて変更します。
 * \OPIC[n,op[,d]]          n番のピクチャを透明度をopにdフレームかけて変更します。
 * \ORPIC[n,or]             n番のピクチャの原点をorに変更します。orは0が左上、1が中央です。
 * \RPIC[n,rs]              n番のピクチャを回転速度rsで回転します。
 * \APIC[n,a]               n番のピクチャの角度をa°に変更します。
 * \TPIC[n,r,g,b,gr[,d]]    n番のピクチャの色調をr,g,b,grにdフレームかけて変更します。
 * \NCPIC[n1,n2]            n1番のピクチャとn2番のピクチャの番号を入れ替えます。
 * \CFPIC[n,name[,d]]       n番のピクチャをnameの画像にdフレームかけてフェードしながら変更します。
 * \CTPIC[n,name[,d]]       n番のピクチャをnameの画像にdフレームかけて反転しながら変更します。
 * \CXPIC[n,name[,d]]       n番のピクチャをnameの画像にdフレームかけてクロスフェードしながら変更します。
 * \BNPIC[n1,n2[,n3…]]     n1番のピクチャをマスターとして、n2[,n3…]の画像を結合します。
 * \FIPIC[n,nm[,d,x,y,t]]   n番のピクチャにnameの画像を設定しdの方向からフェードインします。x,yは表示位置の補正値です。
 * \FOPIC[n[,d,x,y]]        n番のピクチャをdの方向にフェードアウトします。x,yは表示位置の補正値です。
 *
 * \OPIC使用時、原点の変更とともに画像の位置も変更されますが、使用前にピクチャを回転していた場合、正常に座標が計算できません。
 * ------------------------------------------------------
 * 利用規約
 * ------------------------------------------------------
 * 当プラグインはMITライセンスで公開されています。
 * 使用に制限はありません。商用、アダルト、いずれにも使用できます。
 * 二次配布も制限はしませんが、サポートは行いません。
 * 著作表示は任意です。行わなくても利用できます。
 * 要するに、特に規約はありません。
 * バグ報告や使用方法等のお問合せはネ実ツクールスレ、または、Twitterにお願いします。
 * https://twitter.com/yanatsuki_
 * 素材利用は自己責任でお願いします。
 * ------------------------------------------------------
 * 更新履歴:
 * ver1.02:
 * ピクチャのフェードアウトの制御文字で、ピクチャの表示位置Y座標が機能していないバグを修正。
 * ver1.01:
 * 使用していないメソッドを削除。
 * ver1.00:
 * 公開
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.