条件ウェイト - fuku_WaitWhile.js

シェア用テキスト:
▼条件ウェイト(fuku様作) - fuku_WaitWhile.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/13713
指定したスクリプトを条件式として解釈し、真の間ウェイトさせます

ふりがな:じょうけんうぇいと

機能概要: 指定したスクリプトを条件式として解釈し、真の間ウェイトさせます

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:fuku

作者サイト:https://twitter.com/fuku_fgs

ダウンロードページ:http://www5f.biglobe.ne.jp/~fuku-labo/library/etc/

ファイル名:fuku_WaitWhile.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc 条件ウェイト v1.01
 * @author fuku
 *
 * @help スクリプトで記述した条件成立中、
 * イベントをウェイトする機能を追加します。
 *
 * 使い方:イベントコマンドのスクリプトから操作します。
 *
 * ウェイト付きスクリプトの実行:
 * this.fukuWaitFor(string 初期式,string 条件式[,string 継続式,string 完了式])
 * 
 * 即座に「初期式」を評価し、その後「条件式」が真を返す限り、ウェイトします。
 * ウェイト中、1フレーム経過するごとに「継続式」を評価します。
 * ウェイト完了後、「完了式」を評価します。
 * また、s(id)でスイッチ、v(id)で変数、ss(name)でセルフスイッチ、eで「このイベント」、
 * setSw(id,val)でスイッチの設定、setVar(id,val)で変数の設定、
 * setSelfSw(name,val)でセルフスイッチを設定することができます。
 * 注意:ウェイトの開始は実行したコマンドの完了後です。
 *     同じ「スクリプト」コマンド内に続けて書いたスクリプトは
 *     ウェイトする前に実行されます。
 *
 * 例:this.fukuWaitFor('setVar(1,0)','v(1)<60','setVar(1,v(1)+1)');
 * 
 * ウェイトの実行:
 * this.fukuWaitWhile(string 条件式)
 * 
 * 「条件式」が真を返す限り、ウェイトします。
 * また、s(id)でスイッチ、v(id)で変数、ss(name)でセルフスイッチ、eで「このイベント」、
 * setSw(id,val)でスイッチの設定、setVar(id,val)で変数の設定、
 * setSelfSw(name,val)でセルフスイッチを設定することができます。
 * 注意:ウェイトの開始は実行したコマンドの完了後です。
 *     同じ「スクリプト」コマンド内に続けて書いたスクリプトは
 *     ウェイトする前に実行されます。
 * 例:this.fukuWaitWhile('v(1)<10');
 * 
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2023 All Rights Reserved.