NRP Troop Random Formation - NRP_TroopRandomFormation.js

シェア用テキスト:
▼NRP Troop Random Formation(砂川赳様作) - NRP_TroopRandomFormation.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/27254
敵グループを自動でランダム配置します。

ふりがな:とるーぷらんだむへんせい

機能概要: 敵グループを自動でランダム配置します。

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:許可
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:砂川赳

作者サイト:http://newrpg.seesaa.net/

解説ページ:http://newrpg.seesaa.net/article/475049887.html

ダウンロードページ:https://newrpg.up.seesaa.net/mv/NRP_TroopRandomFormatio…

ファイル名:NRP_TroopRandomFormation.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc v1.02 敵グループを自動でランダム配置します。
 * @author 砂川赳 (http://newrpg.seesaa.net/)
 *
 * @help 敵グループを自動でランダム配置します。
 * プラグインパラメータの設定値を元に、
 * グループ名が条件に該当するものを自動配置の対象とします。
 * 
 * ■自動配置の仕様
 * ・指定した範囲内に対して、ランダムで敵を配置。
 * ・グリッド単位で座標を検査し、適切な間隔を確保できれば配置確定。
 * ・確保できなければ何度も繰り返して、最もマシな配置を選び出す。
 * ・敵が一体の場合は中央に配置。
 * 
 * 基本的にはサイドビュー用ですが、
 * フロントビューにも一応は対応しています。
 * 
 * 詳細は以下をご覧ください。
 * http://newrpg.seesaa.net/article/475049887.html
 * 
 * ■利用規約
 * 特に制約はありません。
 * 改変、再配布自由、商用可、権利表示も任意です。
 * 作者は責任を負いませんが、不具合については可能な範囲で対応します。
 * 
 * @param <Valid Condition>
 * @text <適用条件>
 * 
 * @param condition
 * @text 実行条件
 * @parent <Valid Condition>
 * @type text
 * @default name.startsWith(”#”)
 * @desc 自動配置を実行する条件です。
 * 例:name.startsWith(”#”); グループ名が#で開始。
 * 
 * @param exclusionCondition
 * @text 除外条件
 * @parent <Valid Condition>
 * @type text
 * @desc 自動配置を実行しない条件です。
 * 実行条件よりも優先されます。
 * 
 * @param <Formation Range>
 * @text <配置範囲>
 * 
 * @param startX
 * @text 開始X座標(左)
 * @parent <Formation Range>
 * @type text
 * @default 20
 * @desc 敵の配置範囲の開始X座標です。
 * 
 * @param endX
 * @text 終了X座標(右)
 * @parent <Formation Range>
 * @type text
 * @default 500
 * @desc 敵の配置範囲の終了X座標です。
 * 
 * @param startHeadY
 * @text 開始頭上Y座標(上)
 * @parent <Formation Range>
 * @type text
 * @default 0
 * @desc 敵の配置範囲の頭上開始Y座標です。
 * 背の高い敵が隠れないように調整するための値です。
 * 
 * @param startFootY
 * @text 開始足元Y座標(上)
 * @parent <Formation Range>
 * @type text
 * @default 250
 * @desc 敵の配置範囲の足元開始Y座標です。
 * 
 * @param endY
 * @text 終了Y座標(下)
 * @parent <Formation Range>
 * @type text
 * @default 440
 * @desc 敵の配置範囲の終了Y座標です。
 * 
 * @param gridSize
 * @text グリッドサイズ
 * @parent <Formation Range>
 * @type number
 * @default 32
 * @desc 自動配置する座標の単位です。
 * 0 -> 32 -> 64...というように配置されます。
 * 
 * @param <Enemy Sort>
 * @text <敵の並び順>
 * 
 * @param sameRowBorder
 * @text 同列とみなす範囲
 * @parent <Enemy Sort>
 * @type number
 * @default 64
 * @desc 互いのX座標の差が指定の数値範囲に収まる場合、同じ列とみなして番号を振ります。
 * 
 * @param sortBaseX
 * @text 基準となるX座標
 * @parent <Enemy Sort>
 * @type select
 * @option 0:画像中央 @value 0
 * @option 1:画像右端 @value 1
 * @default 1
 * @desc 並び替えの基準とするX座標です。
 * 
 * @param <Single Enemy Setting>
 * @text <敵が一体の場合>
 * 
 * @param singleEnemyPosition
 * @text 単体時の配置
 * @parent <Single Enemy Setting>
 * @type select
 * @option 0:ランダムに配置 @value 0
 * @option 1:指定座標に配置 @value 1
 * @default 1
 * @desc 敵が一体の場合に配置する方法です。
 * 『指定座標に配置』の場合は以下の設定を有効とします。
 * 
 * @param singleEnemyX
 * @text 単体時のX座標
 * @parent <Single Enemy Setting>
 * @type text
 * @default (startX + endX) / 2
 * @desc 指定座標に配置する場合のX座標です。
 * 初期値は配置範囲の中央です。
 * 
 * @param singleEnemyY
 * @text 単体時のY座標
 * @parent <Single Enemy Setting>
 * @type text
 * @default ((startHeadY + startFootY) / 2 + endY) / 2 + a.height/2
 * @desc 指定座標に配置する場合のY座標です。
 * 初期値は配置範囲の中央です。
 * 
 * @param <Algorithm>
 * @text <演算方法>
 * 
 * @param algorithmType
 * @text 演算方式
 * @parent <Algorithm>
 * @type select
 * @option 0:座標総当り(推奨) @value 0
 * @option 1:ランダム繰り返し @value 1
 * @default 0
 * @desc 自動配置を行う演算方式です。
 * 基本的には『0:座標総当り』を推奨します。
 * 
 * @param maxTryNoForTroop
 * @text グループ当たりの試行回数
 * @parent <Algorithm>
 * @type number
 * @default 20
 * @desc 自動配置を繰り返すグループ当たりの最大回数です。
 * 
 * @param maxTryNoForEnemy
 * @text 一体当たりの試行回数
 * @parent <Algorithm>
 * @type number
 * @default 50
 * @desc 自動配置を繰り返す一体当たりの最大回数です。
 * 『座標総当り』の場合は使用しません。
 * 
 * @param distanceBorder
 * @text 確定とする距離評価値
 * @parent <Algorithm>
 * @type text
 * @default 0
 * @desc この値を超える距離評価値を得た場合、試行を確定します。
 * 値を大きくするほど間隔を確保します。
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.