アナログスティック拡張 - AnalogStickEx.js

シェア用テキスト:
▼アナログスティック拡張(うなぎおおとろ様作) - AnalogStickEx.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/28459
アナログスティックに対応するプラグインです。左右のアナログスティックの角度と倒された強さをプラグインコマンドで取得することができるようになります。また、ドット移動システムと併用することで360度移動することも可能になります。

ふりがな:あなろぐすてぃっくかくちょう

機能概要: アナログスティックに対応するプラグインです。左右のアナログスティックの角度と倒された強さをプラグインコマンドで取得することができるようになります。また、ドット移動システムと併用することで360度移動することも可能になります。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:うなぎおおとろ

作者サイト:https://twitter.com/unagiootoro8388

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/unagiootoro/RPGMZ/mas…

ファイル名:AnalogStickEx.js

プラグインのヘルプ:

/*:
@target MV MZ
@plugindesc アナログスティック拡張 v1.1.0
@author うなぎおおとろ
@url https://raw.githubusercontent.com/unagiootoro/RPGMZ/master/AnalogStickEx.js

@help
アナログスティックに対応するプラグインです。
左右のアナログスティックの角度と倒された強さを
プラグインコマンドで取得することができるようになります。
また、ドット移動システムと併用することで360度移動することも可能になります。

【使用方法】
■ アナログスティックの状態の取得
プラグインコマンド「スティック状態取得」を実行することで
スティックの角度と倒れた強さを取得することができます。
角度は0~359度、強さは0~1000の値となります。

ツクールMVの場合は下記のプラグインコマンドを実行してください。
AnalogStickEx GetStickState left or right スティックの角度を格納する変数ID 倒れた強さを格納する変数ID
(例) 右スティックの状態を取得し、角度を変数ID1に倒れた強さを変数ID2に格納する場合
AnalogStickEx GetStickState right 1 2

■ スクリプトからアナログスティックの状態を取得する
以下のスクリプトによってスティックの状態を取得できます。
const [rad, power] = Input.leftStick; // 左スティックの状態を取得
または
const [rad, power] = Input.rightStick; // 右スティックの状態を取得

このとき、radはスティックの方向をラジアンで取得したもの、
powerはスティックが倒された強さ(0.0~1.0)を表します。

■ ドット移動システムとの併用
基本的に導入するだけで使用可能です。
ドット移動システム、仮想スティックと併用する場合、以下の順に導入してください。
・ドット移動システム
・仮想スティック
・アナログスティック拡張

【ライセンス】
このプラグインは、MITライセンスの条件の下で利用可能です。


@param EnabledMove360SwitchId
@text 360度移動有効化スイッチID
@type switch
@default 0
@desc
360度移動機能の有効/無効を判定するスイッチIDを指定します。

@param EnabledStickDashSwitchId
@text スティックダッシュ有効化スイッチID
@type switch
@default 0
@desc
スティックの強弱によってダッシュする機能の有効/無効を判定するスイッチIDを指定します。


@command GetStickState
@text スティック状態取得
@desc
スティックの状態を取得します。

@arg LeftOrRight
@text 左or右
@type select
@option 左
@value left
@option 右
@value right
@default left
@desc
左右どちらのスティックの情報を取得するかを設定します。

@arg StickDegVariableId
@text スティック角度変数
@type variable
@default 0
@desc
スティックの角度を格納する変数を指定します。角度の範囲は0~359です。

@arg StickPowerVariableId
@text スティックパワー変数
@type variable
@default 0
@desc
スティックを倒したパワーを格納する変数を指定します。パワーの範囲は0~1000です。
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.