ATB - ATB.js

シェア用テキスト:
▼ATB(うなぎおおとろ様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/26444
バトルをATBに変更します。

ふりがな:あくてぃぶたいむばとる

機能概要: バトルをATBに変更します。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:うなぎおおとろ

作者サイト:https://twitter.com/unagiootoro8388

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/unagiootoro/RPGMV/mas…

解説ページ:https://github.com/unagiootoro/RPGMV

ファイル名:ATB.js

プラグインのヘルプ:

/*:
@plugindesc バトルをATBに変更します。
@author うなぎおおとろ(twitter https://twitter.com/unagiootoro8388)

@param waitCommandSelection
@type boolean
@default false
@desc
trueを指定すると、コマンド選択中はゲージの進行を停止します。

@param waitSelectSkillOrItem
@type boolean
@default true
@desc
trueを指定すると、スキルまたはアイテム選択中はゲージの進行を停止します。

@param waitAnimation
@type boolean
@default true
@desc
trueを指定すると、アニメーション再生中はゲージの進行を停止します。

@param drawEnemyUnderGauge
@type boolean
@default true
@desc
trueを指定すると、エネミーにもゲージを表示します。

@param baseGaugeSpeed
@type number
@default 5
@desc
ゲージが溜まる速さを指定します。値が大きくなるほど早くなります。

@param maxActionCount
@type number
@default 3
@desc
1ターンで行動可能な行動回数の最大値を指定します。

@param baseSkillWaitGaugeSpeed
@type number
@default 3
@desc
スキル発動待機時のゲージが溜まる速さを指定します。値が大きくなるほど早くなります。

@param fastForward
@type number
@default 2
@desc
Shiftキーが押されている間、ゲージ進行を早送りするスピードを設定します。

@param enableChangeSelectActor
@type boolean
@default false
@desc
trueを設定すると、pageupボタンで選択中のアクターを切り替えられるようになります。

@param enableYEP_BattleEngineCore
@type boolean
@default false
@desc
YEP_BattleEngineCoreとの競合を解決します。

@help
【メモ欄で設定可能な項目】
スキルのメモ欄に
<SkillWait>
と記載すると、スキル発動までキャラクターを待機させます。

ステートのメモ欄に
<ReduceGauge value=減少値>
と記載すると、ステート付与時にゲージを減少値だけ減少させます。
減少値は1~1000の間で指定してください。

ステートのメモ欄に
<Quick>
と記載すると、ステートが付与されている間は、常にゲージが最大になります。

ステートのメモ欄に
<CancelAction>
と記載すると、ステート付与時にゲージを0にしたうえで、キャラクターを行動した扱いにします。

【仕様】
・内部的にはゲージの値は0~1000で管理され、2フレームごとに増加します。
・ゲージが溜まる速さは次の計算式で決定します。
  ゲージスピード = (素早さ / 全キャラクターの素早さの最小値) * baseGaugeSpeed * fastForward
・スキル待機時間は次の計算式で決定します。
  スキル待機時間 = (ゲージスピード + スキルの速度補正 + 攻撃速度補正) * baseSkillWaitGaugeSpeed
・戦闘における1ターンの経過は、内部で保持している経過時間が1000以上になった時に1ターン経過とみなします。
 経過時間は次の計算式で決定し、2フレームごとに増加します。
  経過時間 = baseGaugeSpeed * fastForward
・ステートの自動解除のタイミングを「行動終了時」にした場合、ターンではなく、
キャラクターが行動した回数が継続ターン数に達したときにステートが解除されます。
・Shiftキーを押すと、ゲージが溜まるのを早送りすることができます。
・pageupボタンを押すと、選択中のアクターを切り替えることができます。

【ライセンス】
このプラグインは、MITライセンスの条件の下で利用可能です。

【更新履歴】
v1.2.1 1ターン経過判定の条件を経過時間によって判定するように変更
       ゲージ更新を2フレームごとに行うように変更
v1.2.0 pageupで選択中のアクターを切り替えられるように変更
       CTBモードを廃止し、waitCommandSelectionを追加
       バグ修正
v1.1.3 スキル選択時、エネミー選択画面で時間が進むバグを修正
       waitAnimationが正しく動作しないバグを修正
       ATBモード時、「YEP_BattleEngineCore.js」との競合に対応
v1.1.2 メモ欄で設定可能な項目として「CancelWait」を追加
       ReduceGauge適用時にアクション実行が解除されないバグを修正
       行動制約があるステート付与時はゲージをクリアするように修正
v1.1.1 逃走時、行動完了時に解除されるステートの経過ターンを更新するように修正
       行動不能キャラがいるときにターンが経過しないバグを修正
v1.1.0 アクターウィンドウでキャンセルするとパーティウィンドウに遷移するように変更
       CTBモード時、「YEP_BattleEngineCore.js」との競合に対応
       バグ修正
v1.0.4 ATBが動かない不具合を修正
v1.0.3 アクションが実行できなかった時にゲージがクリアされないバグを修正
v1.0.2 外部からコンフィグを変更できるように修正
v1.0.1 ターン終了時にSkillWaitのゲージ速度が変更されるバグを修正
v1.0.0 新規作成
*/
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.