イベント用のモーションを作成 - DRQ_EventMotions.js

シェア用テキスト:
▼イベント用のモーションを作成(Dr. Q様作) - DRQ_EventMotions.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/27879
マップ上のイベントやプレイヤー向けに、サイドビュー戦闘と同じようなモーションを導入します。

ふりがな:いべんとようのもーしょんをさくせい

機能概要: マップ上のイベントやプレイヤー向けに、サイドビュー戦闘と同じようなモーションを導入します。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:Dr. Q

作者サイト:http://newrpg.seesaa.net/

解説ページ:http://newrpg.seesaa.net/article/478832629.html

ファイル名:DRQ_EventMotions.js

プラグインのヘルプ:

 /*:ja
 * @target MV MZ
 * @plugindesc イベント用のモーションを作成します。
 * @author Dr. Q
 *
 * @param Motions
 * @text モーション一覧
 * @type struct<MotionData>[]
 * @desc イベントで使える標準モーション一覧。
 *
 * @param Compatability Mode
 * @text 互換モード
 * @type boolean
 * @desc 他のプラグインからキャラクターアニメのループ方法が変更された場合に有効とする。
 * @on YES
 * @off NO
 * @default false
 *
 * @help
 * マップ上のイベントやプレイヤー向けに、
 * サイドビュー戦闘と同じようなモーションを導入します。
 * 当初はSRPG_Core.jsでバトラーをアニメーションさせるために作成されました。
 * しかし、カットシーンやマップイベント、その他のバトルシステムで、
 * 再利用可能なアニメーションを作成するためにも使用できます。
 *
 * 初期状態だとインデックスはイベントの現在のファイル(0~7)を指しますが、
 * 別のファイルも指定できます。
 * 例えば、”hero.png”の画像を設定したイベントに対して、
 * 接尾辞”_dead”を付けたモーションを指定すると”hero_dead.png”を参照できます。
 * ”villain.png”を使用しているイベントで同じアニメーションを呼び出すと、
 * 代わりに”villain_dead.png”が参照されます。
 * 
 *
 * ■以下のスクリプトで呼び出します。
 *
 * event.playMotion('motion') イベントが指定のモーションを実行
 * event.clearMotion()        実行中のモーションを停止
 * event.motion()             実行中のモーションを返す
 * event.hasLoopingMotion()   ループモーションを実行中ならtrueを返す
 * event.hasSingleMotion()    非ループモーションを実行中ならtrueを返す
 * event.waitForMotion()      ルート指定時、モーション(非ループ)終了を待つ
 * 
 * playCustomMotionによって、その場で新しいモーションを作成できます。
 * event.playCustomMotion({index: X, loop: true, wait: Y})
 * 値を省略した場合、loopは”false”、waitは”0 ”が使用されます。
 * また、indexは必須です。
 * 
 * ■翻訳
 * 砂川赳(http://newrpg.seesaa.net)
 * ※なお、このプラグインはMITライセンスです。
 *  砂川制プラグインとは規約が異なりますのでご注意ください。
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.