FTKR Skill Counter

シェア用テキスト:
▼FTKR Skill Counter(フトコロ様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/1337
相手のスキルに対抗して効果を変える

ふりがな:すきるたいこうこうか

機能概要: 相手のスキルに対抗して効果を変える

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:フトコロ

作者サイト:https://twitter.com/futokoro_mv

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/mas…

解説ページ:https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/FTKR_S…

ファイル名:FTKR_SkillCounter.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc v1.0.6 相手のスキルに対抗して効果を変えるプラグイン
 * @author フトコロ
 *
 * @help 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 概要
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 1. スキルのパラメータを指定して、その条件に合うスキルを
 *    無効化・吸収・反射します。
 * 
 * 2. スキルのダメージタイプを指定して、その条件に合うダメージの効果を変えます。
 * 
 * 3. 上記1と2のタグ設定の有効条件を設定できます。
 *    攻撃側と防御側のパラメータを比較して無効化・吸収・反射するかどうかを
 *    設定できます。
 * 
 * ※本プラグインには、プラグインパラメータとプラグインコマンドはありません。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 設定方法
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 1.「プラグインマネージャー(プラグイン管理)」に、本プラグインを追加して
 *    ください。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルの無効化
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルのパラメータを指定して、その条件に合うスキルを無効化します。
 * ここでの無効化とは、「命中しなかった」ことを意味します。
 * 
 * 対象:アクター、クラス、装備、ステート、エネミー
 * <InvalidSkillId: x>
 * <スキルID無効化: x>
 *    :スキルIDが x のスキルを無効化します。
 * 
 * <InvalidSkillType: x>
 * <スキルタイプ無効化: x>
 *    :スキルタイプIDが x のスキルを無効化します。
 *    :スキルタイプIDは、データベースのタイプで設定した番号です。
 * 
 * <InvalidDamageType: x>
 * <ダメージタイプ無効化: x>
 *    :ダメージタイプが x のスキルを無効化します。
 *    :x は以下の番号を指定してください。
 *    : 1 - HPダメージ
 *    : 2 - MPダメージ
 *    : 3 - HP回復
 *    : 4 - MP回復
 *    : 5 - HP吸収
 *    : 6 - MP吸収
 * 
 * <InvalidElementId: x>
 * <属性無効化: x>
 *    :属性IDが x のスキルを無効化します。
 *    :属性IDは、データベースのタイプで設定した番号です。
 * 
 * <InvalidHitType: x>
 * <命中タイプ無効化: x>
 *    :命中タイプが x のスキルを無効化します。
 *    :x は以下の番号を指定してください。
 *    : 1 - 必中
 *    : 2 - 物理攻撃
 *    : 3 - 魔法攻撃
 * 
 * 
 * 例)
 * <スキルID無効化: 10>
 *    :スキルID 10 のスキルを無効化
 * 
 * なお、以下のようにカンマ(,)を使って複数の条件を指定することができます。
 * <スキルID無効化: 10,11>
 *    :スキルID 10 と 11 のスキルを無効化
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルの吸収
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルのパラメータを指定して、その条件に合うスキルを吸収します。
 * 
 * 対象:アクター、クラス、装備、ステート、エネミー
 * <DrainSkillId: x>
 * <スキルID吸収: x>
 *    :スキルIDが x のスキルを吸収します。
 * 
 * <DrainSkillType: x>
 * <スキルタイプ吸収: x>
 *    :スキルタイプIDが x のスキルを吸収します。
 *    :スキルタイプIDは、データベースのタイプで設定した番号です。
 * 
 * <DrainElementId: x>
 * <属性吸収: x>
 *    :属性IDが x のスキルを吸収します。
 *    :属性IDは、データベースのタイプで設定した番号です。
 * 
 * <DrainHitType: x>
 * <命中タイプ吸収: x>
 *    :命中タイプが x のスキルを吸収します。
 *    :x は以下の番号を指定してください。
 *    : 1 - 必中
 *    : 2 - 物理攻撃
 *    : 3 - 魔法攻撃
 * 
 * 例)
 * <スキルID吸収: 10>
 *    :スキルID 10 のスキルを吸収
 * 
 * なお、以下のようにカンマ(,)を使って複数の条件を指定することができます。
 * <スキルID吸収: 10,11>
 *    :スキルID 10 と 11 のスキルを吸収
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルの反射
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルのパラメータを指定して、その条件に合うスキルを反射します。
 * 
 * 対象:アクター、クラス、装備、ステート、エネミー
 * <ReflectionSkillId: x>
 * <スキルID反射: x>
 *    :スキルIDが x のスキルを反射します。
 * 
 * <ReflectionSkillType: x>
 * <スキルタイプ反射: x>
 *    :スキルタイプIDが x のスキルを反射します。
 *    :スキルタイプIDは、データベースのタイプで設定した番号です。
 * 
 * <ReflectionDamageType: x>
 * <ダメージタイプ反射: x>
 *    :ダメージタイプが x のスキルを反射します。
 *    :x は以下の番号を指定してください。
 *    : 1 - HPダメージ
 *    : 2 - MPダメージ
 *    : 3 - HP回復
 *    : 4 - MP回復
 *    : 5 - HP吸収
 *    : 6 - MP吸収
 * 
 * <ReflectionElementId: x>
 * <属性反射: x>
 *    :属性IDが x のスキルを反射します。
 *    :属性IDは、データベースのタイプで設定した番号です。
 * 
 * <ReflectionHitType: x>
 * <命中タイプ反射: x>
 *    :命中タイプが x のスキルを反射します。
 *    :x は以下の番号を指定してください。
 *    : 1 - 必中
 *    : 2 - 物理攻撃
 *    : 3 - 魔法攻撃
 * 
 * 例)
 * <スキルID反射: 10>
 *    :スキルID 10 のスキルを反射
 * 
 * なお、以下のようにカンマ(,)を使って複数の条件を指定することができます。
 * <スキルID反射: 10,11>
 *    :スキルID 10 と 11 のスキルを反射
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * ダメージタイプの変更
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 相手のスキルの効果を、ダメージなら回復に、回復ならダメージに変換するタグを
 * 使用できます。
 * 
 * 対象:アクター、クラス、装備、ステート、エネミー
 * <ReversDamage: type>
 * <ダメージ反転: type>
 *    :受けた'type'のダメージ(吸収含む)を回復に変えます。
 *    :type に使用できるコードは、以下です。
 *    : Hp - Hp系のダメージを回復にします。
 *    : Mp - Mp系のダメージを回復にします。
 * 入力例)
 * <ReversDamage: Hp,Mp>
 *    : HpダメージとMpダメージを両方回復にします。
 * 
 * 
 * <ReversRecover: type>
 * <回復反転: type>
 *   :受けた'type'の回復をダメージに変えます。
 *    :type に使用できるコードは、以下です。
 *    : Hp - Hp系の回復をダメージにします。
 *    : Mp - Mp系の回復をダメージにします。
 * 入力例)
 * <ReversRecover: Hp,Mp>
 *    : Hp回復とMp回復を両方ダメージにします。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 設定したタグの有効条件
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 以下のノートタグを追記することで、無効化・吸収・反射・ダメージ反転タグの
 * 有効条件を設定することができます。
 * 
 * <SCT 有効条件>
 * 条件式
 * </SCT 有効条件>
 * 
 * [条件式(eval) の値について]
 * 条件式(eval)は、ダメージ計算式のように、計算式を入力することで、
 * 固定値以外の値を使用することができます。以下のコードを使用できます。
 *  a.param - 攻撃側のパラメータを参照します。(a.atk で攻撃側の攻撃力)
 *  b.param - 防御側のパラメータを参照します。(b.atk で防御側の攻撃力)
 *  s[x]    - スイッチID x の状態を参照します。
 *  v[x]    - 変数ID x の値を参照します。
 * 
 * 
 * 入力例)
 * スイッチID1 が ON の時にタグが有効になる。
 * <SCT 有効条件>
 * s[1]
 * </SCT 有効条件>
 * 
 * 
 * [複数の条件を設定する場合]
 * 以下の2種類の入力例は同じ意味です。
 * 
 * 1. 縦に複数の条件式を並べる
 * <SCT 有効条件>
 * 条件式1
 * 条件式2
 * </SCT 有効条件>
 * 
 * 1. '&&'を使用して横に複数の条件式を並べる
 * <SCT 有効条件>
 * 条件式1 && 条件式2
 * </SCT 有効条件>
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 本プラグインのライセンスについて(License)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 本プラグインはMITライセンスのもとで公開しています。
 * This plugin is released under the MIT License.
 * 
 * Copyright (c) 2017 Futokoro
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.php
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 変更来歴
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 
 * v1.0.6 - 2017/04/29 : 条件式にセルフ変数を使用できるように見直し。
 * v1.0.5 - 2017/04/23 : ヘルプ修正
 * v1.0.4 - 2017/04/23 : 日本語タグ追加、ヘルプ修正、内部処理見直し
 * v1.0.3 - 2017/04/23 : 不具合修正
 * v1.0.2 - 2017/04/23 : 機能追加
 * v1.0.1 - 2017/04/14 : 微修正
 * v1.0.0 - 2017/02/21 : 初版作成
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
*/
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.