GALV Random Encounter Conditions - GALV_RandEncounterConditions.js

シェア用テキスト:
▼GALV Random Encounter Conditions(Galv様作) - GALV_RandEncounterConditions.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/23277
ランダムエンカウントで、敵グループに遭遇条件を設定

ふりがな:GALV Random Encounter Conditions

機能概要: ランダムエンカウントで、敵グループに遭遇条件を設定

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:禁止 (素材を利用した作品の配布は再配布に当たりません。)
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:Galv

作者サイト:https://galvs-scripts.com/

解説ページ:https://fungamemake.com/archives/6926

ダウンロードページ:https://galvs-scripts.com/2016/10/23/mv-random-encounte…

ファイル名:GALV_RandEncounterConditions.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc (v.1.2) ランダムエンカウントで敵グループに出現条件を設定できます。
 *
 * @author Galv - galvs-scripts.com
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * 元プラグイン:
 * https://galvs-scripts.com/2016/10/23/mv-random-encounter-conditions/
 *
 *   Galv's Random Encounter Conditions
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * このプラグインを使用すると、
 * 通常のランダムエンカウントで出現する敵グループを制御できます。
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *   敵グループの注釈
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * これらのタグを機能させるには、
 * 最初の敵グループページの注釈に配置する必要があります。
 * 複数の条件を使用するには、各タグを個別の注釈に含める必要があります。
 *
 *   <encSwitch:x,status>
 *     // xはスイッチID、statusはon/offです。
 *
 *   <encVar:x,amount>
 *     // xは変数ID、amountは数値。指定値以上で出現
 *
 *   <encItem:x,amount>
 *     // xはアイテムID、amountは数値。指定値以上で出現
 *
 * 注釈にJavaScriptコードで評価して、
 * 敵グループに出現するかどうかを判断することもできます。
 *
 *   <encScript:code>
 *     // codeはeval JavaScriptです。
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 敵グループはマップのエンカウント一覧に入れる必要があり、
 * 通常の重みと出現範囲を考慮に入れることを覚えておいてください。
 * ---------------------------------------------------------------------------
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.