スキルツリーコンフィグ - SkillTreeConfig.js

シェア用テキスト:
▼スキルツリーコンフィグ(うなぎおおとろ様作) - SkillTreeConfig.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/27685
スキルツリーを導入するプラグインです。SPを使ってスキルを習得するスキルツリーを作成することができます。

ふりがな:すきるつりーこんふぃぐ

機能概要: スキルツリーを導入するプラグインです。SPを使ってスキルを習得するスキルツリーを作成することができます。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:うなぎおおとろ

作者サイト:https://twitter.com/unagiootoro8388

解説ページ:http://unagiootoro.f5.si/?archive=43

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/unagiootoro/RPGMZ/mas…

ファイル名:SkillTreeConfig.js

プラグインのヘルプ:

*:
@target MV MZ
@plugindesc スキルツリーコンフィグ
@author うなぎおおとろ
@url https://raw.githubusercontent.com/unagiootoro/RPGMZ/master/SkillTreeConfig.js

@help
[概要]
スキルツリーを導入するプラグインです。
SPを使ってスキルを習得するスキルツリーを作成することができます。

[使用方法]
■ スキルツリーの設定
スキルツリーの設定は、「SkillTreeConfig.js」ファイルを編集することで行います。
基本的な設定としては、アクターごとにスキルツリーのタイプ(剣スキルや魔法スキルなど)を設定し、
そしてタイプごとにスキルツリーを構築します。
スキルツリーの構築は、スキルの派生設定(ファイアⅠを取得したらファイアⅡが取得可能になるなど)によって行います。

■ SPの入手設定
スキルの習得には、SPが必要となります。
SPの入手方法としては
・戦闘終了による獲得
・レベルアップによるSP獲得
の二通りの設定を行うことができます。

・戦闘終了時に得られるSPの設定方法
敵キャラのメモ欄に
<battleEndGainSp: SP>
の形式で記載します。

・レベルアップによるSP獲得方法の設定
コンフィグの「levelUpGainSp」によって設定を行います。

■ イベントでSPを獲得する方法
スクリプトで
skt_gainSp(アクターID, 獲得するSP値)
と記載することで、該当のアクターが指定したSPを獲得することができます。
例えば、アクターIDが1のアクターが5SPを獲得する場合、
skt_gainSp(1, 5);
と記載します。

■ スキルリセット
スクリプトで
skt_skillReset(アクターID);
と記載することで、一度習得したスキルをリセットすることができます。
例えば、アクターIDが1のアクターのスキルリセットを行う場合、
skt_skillReset(1);
と記載します。

■ スキルツリータイプの有効/無効
スクリプトで
skt_enableType(アクターID, "タイプ名");
と記載することで、タイプを有効にします。

無効にする場合は、
skt_disableType(アクターID, "タイプ名")
と記載します。

無効にしたタイプは、スキルツリーのタイプ一覧には表示されません。

■ タイプの引継ぎ
特定の条件を満たすとスキルツリーに新たなスキルが追加されるようにしたい場合、「タイプの引継ぎ」を使用します。
例えば、タイプ「下位魔法」を「上位魔法」に変更したい場合、あらかじめ両方のタイプをコンフィグに登録した上で、
「上位魔法」は無効化しておきます。そして、タイプの引継ぎ機能を用いて、「下位魔法」を「上位魔法」に引き継がせます。

タイプの引継ぎを行う場合、スクリプトで
skt_migrationType(アクターID, "引継ぎ元タイプ名", "引継ぎ先タイプ名", リセット有無);
と記載します。リセット有無については、引継ぎ後、引継ぎ元のタイプのスキルツリーをリセットする場合、trueを、
リセットしない場合、falseを指定します。
例えば、アクターIDが1のアクターが、タイプ「下位魔法」を「上位魔法」に引き継がせ、さらにスキルリセットを行う場合、
skt_migrationType(アクターID, "下位魔法", "上位魔法", true);
と記載します。

■ マップからスキルツリーを読み込む
マップからスキルツリーの各スキルの配置座標を読み込むことで、ある程度自由なレイアウトのスキルツリーを
作成することができます。この機能によって設定可能なのはスキルの座標のみであり、スキル間の線はプラグイン側で描画します。

・スキル座標の設定
マップ上のイベントにて、設定を行います。
例えば、"ファイア"というスキルがある場合、スキルを配置したい座標に空のイベントを作成し、
イベントのメモ欄に
ファイア
と記載します。すると、"ファイア"とメモ欄に記載したイベントのXY座標がスキルのXY座標として使用されます。

・マップの読み込み
まずイベントコマンドで、スキルツリー読み込み対象のマップに「場所移動」します。
そして、スクリプト
skt_loadMap(スキルツリーの対象アクターID, スキルツリーの対象タイプ名)
を実行します。
例えば、アクターID1のアクターで、タイプ"攻撃魔法"のスキルツリーを読み込む場合、
skt_loadMap(1, "攻撃魔法");
と記載します。
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.