Mano 移動ルート対象変更 - Mano_EventTarget.js

シェア用テキスト:
▼Mano 移動ルート対象変更(しぐれん様作) - Mano_EventTarget.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/28541
イベントコマンド「移動ルートの設定」は対象を選択する項目があります。そこで「このイベント」に設定した場合、通常なら呼び出し元のマップイベントが対象になります。「イベント指定でコモン実行」というプラグインコマンドによって、 対象を切り替え可能にし、柔軟性を高めます。

ふりがな:いどうるーとたいしょうへんこう

機能概要: イベントコマンド「移動ルートの設定」は対象を選択する項目があります。そこで「このイベント」に設定した場合、通常なら呼び出し元のマップイベントが対象になります。「イベント指定でコモン実行」というプラグインコマンドによって、 対象を切り替え可能にし、柔軟性を高めます。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:しぐれん

作者サイト:https://twitter.com/Sigureya/

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/Sigureya/RPGmakerMZ/m…

ファイル名:Mano_EventTarget.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc キャラクターの動作指定を簡単にします
 * @author しぐれん
 * 
 * @target MZ
 * 
 * @command StartEventAction
 * @text イベント指定でコモン実行
 * @desc マップ上のイベントを対象とし、
 * コモンイベントを呼び出します
 * @arg targetEvent
 * @text 対象のイベント
 * @type number
 * @desc イベントの番号を指定します。
 * 0を指定すると、「このイベント」を対象にします。
 * @type number
 * @default 0
 * 
 * @arg actionCommonEvent
 * @text 呼び出すコモンイベント
 * @desc 動作内容を記載したコモンイベント。
 * 「移動ルートの設定」で対象を「このイベント」にして動作させてください。
 * @type common_event
 * @default 0
 * 
 * 
 * @command ReflectActorsInTheEvent
 * @text イベントをアクターに変化
 * @desc 指定したイベントの見た目をアクターに対応したものにします。
 * 
 * @arg actorIndex
 * @text アクターの指定(並び順)
 * @desc パーティの並び順を基準に、アクターを指定します。
 * ※先頭から順に0,1,2,3...と割り振られています。
 * @type number
 * @default 0
 * 
 * @arg targetEvent
 * @text イベント番号
 * @type number
 * @desc 0を指定すると、このイベントを対象にします。
 * @type number
 * @default 0
 * 
 * @arg whenActorEmpty
 * @text アクターがいない場合の挙動
 * @type select
 * @option 変化しない
 * @value notChange
 * @option 消える
 * @value vanish
 * @default notChange
 * 
 * 
 * 
 * 
 * 
 * @command resetEventImage
 * @text 見た目を元に戻す
 * @desc イベントの見た目を元に戻します
 * 
 * @arg targetEvent
 * @text 対象のイベントID/target
 * @type number
 * @desc 0を指定すると、このイベントを対象にします。
 * @type number
 * @default 0
 * 
 * @command convertEvent
 * @text 見た目を変換
 * @desc イベントグラフィックを一定の変換テーブルに沿って変更します
 * 重い処理なので、頻繁に呼び出すのは避けてください。
 * 
 * @arg targetEvent
 * @text 対象のイベントID/target
 * @type number
 * @desc 0を指定すると、このイベントを対象にします。
 * @type number
 * @default 0
 * 
 * @arg list
 * @desc 画像の変換パターンを定義します
 * @type struct<Character>[]
 * @default []
 * 
 * @help
 * イベントコマンド「移動ルートの設定」は対象を選択する項目があります。
 * そこで「このイベント」に設定した場合、
 * 通常なら呼び出し元のマップイベントが対象になります。
 * 「イベント指定でコモン実行」というプラグインコマンドによって、
 * 対象を切り替え可能にし、柔軟性を高めます。
 * 
 * 他のプラグインコマンドには
 * 「0を指定するとこのイベントを対象にします」と書かれた物があります。
 * これらも「イベント指定でコモン実行」を経由して呼び出すことで、
 * 対象を変更できます。
 * 
 * ■プラグインコマンド(MV)
 * MV/MZでプラグインコマンドを共通化しています。
 * MV環境でのテストは最小限ですが、動きます。
 * 
 * ・StartEventAction 呼び出すコモンイベントID 対象のイベントID
 * マップ上のイベントを対象とし、コモンイベントを呼び出します。
 * イベントIDを指定することで「このイベント」で操作対象となるイベントが変更されます。
 * 例:マップイベント1を対象に、コモンイベント6を呼び出す
 * StartEventAction 1 6
 * 
 * ・ReflectActorsInTheEvent 対象のアクターindex 対象のイベントID
 * 指定したイベントにパーティメンバーの見た目を反映します。
 * 対象イベントとして0を指定すると「このイベント」指定になります。
 * 
 * 例:マップイベント2を対象に、パーティの先頭の見た目を反映
 * ReflectActorsInTheEvent 0 2
 * 
 * 
 * 
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.