NRP タイル上に自動でイベントを生成 - NRP_TileToEvent.js

シェア用テキスト:
▼NRP タイル上に自動でイベントを生成(砂川赳様作) - NRP_TileToEvent.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/28133
タイル上に自動でイベントを生成します。

ふりがな:たいるじょうにじどうでいべんとをせいせい

機能概要: タイル上に自動でイベントを生成します。

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:許可
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:砂川赳

作者サイト:http://newrpg.seesaa.net/

解説ページ:http://newrpg.seesaa.net/article/481496398.html

ファイル名:NRP_TileToEvent.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @target MV MZ
 * @plugindesc v1.00 タイル上に自動でイベントを生成します。
 * @author 砂川赳(http://newrpg.seesaa.net/)
 * @url http://newrpg.seesaa.net/article/481496398.html
 *
 * @help タイル上に自動でイベントを生成します。
 * タイルID、オートタイルタイプ、地形タグ、リージョンIDを条件にして、
 * その上に自動で指定のイベントを生成します。
 * 
 * また、タイルを消去してイベントに置き換えることも可能です。
 * ※タイルID、オートタイルタイプが条件の場合のみ
 * 
 * ■使用方法
 * まずは生成したいイベントを準備します。
 * 
 * 1.テンプレート用のマップを作成し、イベントを作成する。
 *   分かりやすくイベント名を付けておく。
 * 2.プラグインパラメータのテンプレートマップIDに
 *   先程のマップIDを登録。
 * 
 * 要するに公式ローンチプラグインのTemplateEvent.js
 * (トリアコンタン様)とほぼ同じです。
 * 
 * 次にプラグインパラメータの『設定リスト』に条件を指定し、
 * 生成するイベントの『イベントID/名前』を入力します。
 * この際、参照用に『設定ID』を設定しておきます。
 * 
 * ※タイルIDやオートタイルタイプを参照したい場合は、
 * 付属の『NRP_DebugTile.js』が便利です。
 * 
 * 最後にタイルセットのメモ欄に、先程の『設定ID』を登録すれば完了です。
 * 以下の?の部分に入力してください。
 * 
 * <TileToEvent:?>
 * 
 * ■プラグインコマンド(MZ)
 * 『IDを指定して実行』
 * 設定IDを指定すれば処理が実行されます。
 * 内容はタイルセットに設定IDを登録した場合と同様です。
 * 
 * ■プラグインコマンド(MV)
 * > NRP.TileToEvent.CallId [設定ID]
 * 処理内容はMZ版と同じです。
 * ※>や[]は含めないでください。
 * 
 * ■注意点
 * ツクールの仕様上、イベントが存在するだけで、
 * 少しずつマップ上での負荷が上昇します。
 * 例えば、千を超えるような大量のイベントを生成すると、
 * 動作が重くなる可能性があります。
 * 
 * 当プラグインには生成したイベントが
 * 画面範囲外の場合に、描画を停止する処理が含まれています。
 * これによってある程度負荷を軽減できます。
 * 
 * また、1マスずつタイルを確認&処理する仕様上、
 * 大きなマップに大量のイベントを生成すると、少しだけ時間がかかります。
 * ※とはいえ、よほどの処理をしない限り一瞬で終わりますが。
 * 
 * ■謝辞
 * このプラグインはトリアコンタン様の
 * 以下のプラグインの処理を参照&流用しています。
 * ・TemplateEvent.js
 * ・EventReSpawn.js
 * 
 * ■利用規約
 * 特に制約はありません。
 * 改変、再配布自由、商用可、権利表示も任意です。
 * 作者は責任を負いませんが、不具合については可能な範囲で対応します。
 * 
 * @command CallId
 * @text IDを指定して実行
 * @desc 登録されている設定IDを元にイベントを生成。
 * 
 * @arg SettingId
 * @text 設定ID
 * @desc 実行する処理の設定IDです。
 * カンマ区切りで複数指定も可能です。
 * @type string
 * 
 * 
 * @param TemplateMapId
 * @text テンプレートマップID
 * @desc タイルを置き換えるイベントを配置するマップIDです。
 * @type number
 * 
 * @param SettingList
 * @text 設定リスト
 * @type struct<Setting>[]
 * @desc 設定内容の一覧です。
 * 
 * @param InitEventOnLoad
 * @text ロード時にイベント初期化
 * @desc ゲームロード時にイベントを初期化します。
 * イベントの位置が保存されなくなります。
 * @type boolean
 * @default false
 * 
 * @param ApplyChangeTileset
 * @text タイルセット変更時も処理
 * @desc タイルセットの変更時も処理を実行します。
 * @type boolean
 * @default false
 * 
 * @param <SpeedUpProcessing>
 * @text <処理高速化>
 * 
 * @param StopOutOfRange
 * @parent <SpeedUpProcessing>
 * @text 画面外のイベント描画停止
 * @desc 画面範囲外のイベントの描画を停止します。
 * これにより、大幅な処理の軽量化が見込めます。
 * @type boolean
 * @default true
 * 
 * @param OutOfRangeMargin
 * @parent <SpeedUpProcessing>
 * @text 範囲外の余裕幅
 * @desc 範囲外と見なす余裕の幅です。
 * 数値分だけ画面外にはみ出していても停止しません。
 * @type number
 * @default 100
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.