セルフスイッチの一括操作(MV&MZ) - RX_T_SelfSw_BatCtrl.js

シェア用テキスト:
▼セルフスイッチの一括操作(MV&MZ)(TYPE74RX-T様作) - RX_T_SelfSw_BatCtrl.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/27437
セルフスイッチを一括操作できるようになります。

ふりがな:せるふすいっちのいっかつそうさ(MV&MZ)

機能概要: セルフスイッチを一括操作できるようになります。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:TYPE74RX-T

作者サイト:https://mdc-light.jpn.org/TYPE74RX-T/

ダウンロードページ:https://w.atwiki.jp/type74rx-t/pages/266.html

ファイル名:RX_T_SelfSw_BatCtrl.js

プラグインのヘルプ:

//=============================================================================
// Plugin_Name : セルフスイッチの一括操作MV&MZ
// File_Name   : RX_T_SelfSw_BatCtrl.js
// Version     : 1.01
// Copylight   : 2020 TYPE74RX-T
//=============================================================================


//=============================================================================
/*:
 * @target MZ
 * @plugindesc You will be able to operate the self-switch in batches.
 * @author TYPE74RX-T
 * @url https://w.atwiki.jp/type74rx-t/pages/221.html
 *
 * @command selfSwitches
 * @text Self-Switches
 * @desc You can operate the Self-Switch in batches.
 *
 * @arg events
 * @text Events
 * @desc Events where you want to operate the self-switch in batches
 * @default []
 * @type struct[]
 *
 * @command selfSwitchesEX
 * @text Self-SwitchesEX
 * @desc Batch operate of the same type of self-switch(mostly manual input)Warning:Be careful not to let the configuration fail!
 *
 * @arg eventIDEX
 * @text [EX]Event ID
 * @desc Eligible event IDs. Multiple selections are possible.
 * For example:6, 4-33, 40, 64-72, 80
 * @type string
 *
 * @arg switchTypeEX
 * @text [EX]Self-Switch Type
 * @desc The type of self-switch.
 * You can also set other settings than A to D.
 * @type string
 *
 * @arg statusEX
 * @text Switch Status
 * @desc This is a self-switching state (ON/OFF).
 * @default false
 * @type boolean
 *
 * @arg mapIDEX
 * @text [Ex]MAP ID
 * @desc Eligible map IDs. Multiple selections are possible.
 * For example:1, 7, 13-24, 30
 * @type string
 *
 * @command getSelfSwitches
 * @text Get the Self-Switch infos
 * @desc Get the state of any self-switch as a game-variables.
 *
 * @arg getEventID
 * @text Event ID
 * @desc Eligible Event IDs.
 * @default 1
 * @min 1
 * @type number
 *
 * @arg getSwitchType
 * @text Self-Switch Type
 * @desc The type of self-switch.
 * You can also set other settings than A to D.
 * @type string
 *
 * @arg getMapID
 * @text Map ID
 * @desc Eligible Map IDs.
 * @default 1
 * @min 1
 * @type number
 *
 * @arg putSwitchID
 * @text Game Switches ID
 * @desc A switch ID to obtain the target self-switch information.
 * @default 1
 * @min 1
 * @type switch
 *
 * @help Batch operation of self-switch
 * 
 * This plugin is compatible with RPG Maker MV and RPG Maker MZ.
 *
 * To use by MZ version, you need the official Plugin "CommonBase.js" plugin to use this plugin.
 * You need the official Plugin "CommonBase.js" plugin to use this plugin.
 * Stote:C:\Program Files\KADOKAWA\RPGMZ\dlc\BasicResources\plugins\official
 * Steam:C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\RPG Maker MZ\dlc\BasicResources\plugins\official
 * 
 * ◆Summary
 * You will be able to operate the self-switch in batches.
 * You can also use the game-switch to get information on self-switch.
 *
 * ◆Plugin Command for MZ
 * Plugin File:RX_T_SelfSw_BatCtrl
 * 
 * ★Self-Switches
 * Click "Events" under "Arguments".
 * When a new window appears, double-click on the blank space next to
 * the numbered field.
 * The event ID, self-switch type, switch state, and map ID are
 * specified respectively.
 * Do this operation as many times as you need.
 *
 * Sorry, but this parameter setting is only available in Japanese
 * due to programmatic reasons...
 *
 * ★Self-SwitchesEX
 * It's a little different from the way the above is set up.
 * Map IDs and event IDs are easier to specify, and self-switch types
 * other than A to D cann be specified (strings of two or more bytes
 * are also possible).
 * However, the self-switch type and switch state cannot be set
 * individually.
 * If you want to initialize the self-switch to a large extent, this
 * may be easier.
 * However, be very careful not to make a mistake in setting up the 
 * self-switch, because it is mainly based on keyboard input.
 *
 * ★Get the Self-Switch infos
 * You can store the specified map ID, event ID, and self-switch
 * type status in the specified game switch.
 * It would be useful in a conditional branching event.
 *
 * ◆Plugin Command for MV
 * Example: If you want to turn on the self-switch B of events with a map ID of
 * 3, ID 3 to 5, and 7, set up as follows.
 *
 * rx_selfsw 3 3-5 7 B ON
 *
 * Open a space and don't separate them with a comma.
 * The first number is the map ID, the second from the end is the self-switch
 * type, the last is the switch state, and all others are recognized as event
 * IDs.
 * If you set the map ID to 0, it will automatically specify the map ID for the
 * event being edited.
 *
 * ◆License
 * This plugin is released under MIT license.
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.php
*/
/*:ja
 * @target MZ
 * @plugindesc セルフスイッチを一括操作できるようになります。
 * @author TYPE74RX-T
 * @url https://mdc-light.jpn.org/TYPE74RX-T/
 *
 * @command selfSwitches
 * @text セルフスイッチ
 * @desc セルフスイッチを一括操作できます。
 *
 * @arg events
 * @text イベント
 * @desc セルフスイッチを一括操作したいイベント
 * @default []
 * @type struct[]
 *
 * @command selfSwitchesEX
 * @text セルフスイッチEX
 * @desc 同種セルフスイッチの一括操作(ほぼ手入力)
 * 【設定ミスにご注意ください。】
 *
 * @arg eventIDEX
 * @text [EX]イベントID
 * @desc 対象となるイベントIDです。こちらは複数選択可能です。
 * 例:2, 4-8, 11, 21-25, 37, 56, 48
 * @type string
 *
 * @arg switchTypeEX
 * @text [EX]セルフスイッチタイプ
 * @desc セルフスイッチの種類です。
 * こちらはA~D以外も設定可能です。
 * @type string
 *
 * @arg statusEX
 * @text スイッチ状態
 * @desc セルフスイッチの状態です(ON/OFF)。
 * @default false
 * @type boolean
 *
 * @arg mapIDEX
 * @text [Ex]マップID
 * @desc 対象となるマップIDです。こちらは複数選択可能です。
 * 例:1-4, 5, 14, 59-63
 * @type string
 *
 * @command getSelfSwitches
 * @text セルフスイッチ情報取得
 * @desc 任意のセルフスイッチの状態を
 * 変数で取得します。
 *
 * @arg getEventID
 * @text イベントID
 * @desc 対象となるイベントIDです。
 * @default 1
 * @min 1
 * @type number
 *
 * @arg getSwitchType
 * @text セルフスイッチタイプ
 * @desc セルフスイッチの種類です。
 * こちらはA~D以外も設定可能です。
 * @type string
 *
 * @arg getMapID
 * @text マップID
 * @desc 対象となるマップIDです。
 * @default 1
 * @min 1
 * @type number
 *
 * @arg putSwitchID
 * @text ゲームスイッチID
 * @desc 対象のセルフスイッチ情報を取得するための
 * スイッチIDです。
 * @default 1
 * @min 1
 * @type switch
 *
 * @help セルフスイッチの一括操作MV&MZ
 *
 * このプラグインはRPGツクールMV、RPGツクールMZに対応しています。
 *
 * MZ版でのご利用には公式プラグインの「PluginCommonBase.js」が必要です。
 * Stote:C:\Program Files\KADOKAWA\RPGMZ\dlc\BasicResources\plugins\official
 * Steam:C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\RPG Maker MZ\dlc\BasicResources\plugins\official
 * 
 * ◆概要
 * セルフスイッチの一括操作できるようになります。
 * また、セルフスイッチの情報をゲームスイッチで取得することもできます。
 *
 * ◆プラグインコマンド(MZ)
 * プラグインファイル:RX_T_SelfSw_BatCtrl
 * 
 * ★セルフスイッチ
 * 「引数」の「イベント」をクリックします。
 * 新しいウィンドウが現れたら、番号が振られた欄の横にある空白を
 * ダブルクリックします。
 * イベントID、セルフスイッチタイプ、スイッチ状態、マップIDを
 * それぞれ指定します。
 * この操作を必要な数だけ行います。
 *
 * ★セルフスイッチEX
 * 上記の設定方法とは少し異なります。
 * マップID、イベントIDは指定しやすくなり、セルフスイッチタイプも
 * A~D以外(文字列でも可能)のものになりますが
 * セルフスイッチタイプとスイッチ状態は個別設定できません。
 * 大幅な範囲でセルフスイッチを初期化する場合は
 * こちらの方が手軽かもしれません。
 * ただし、キーボード入力が主体になりますので
 * 設定ミスには充分に注意してください。
 *
 * ★セルフスイッチ情報取得
 * こちらは指定したマップID、イベントID、セルフスイッチタイプの
 * 状態を指定したゲームスイッチに格納することができます。
 * 条件分岐イベントにお役立てください。
 *
 * ◆プラグインコマンド(MV)
 * 例:マップIDが3で、イベントID3~5番、そして7番のセルフスイッチBを
 * ONにしたい場合は以下のように設定します。
 *
 * rx_selfsw 3 3-5 7 B ON
 *
 * カンマで区切らずスペースを開けて設定します。
 * 数値の先頭がマップID、末尾から二番目はセルフスイッチのタイプ
 * 末尾はスイッチの状態、その他はすべてイベントIDとして認識します。
 * マップIDを0に設定すると、自動的にイベント編集中のマップIDを指定します。
 *
 * ◆ライセンス
 * このプラグインはMITライセンスで公開されています。
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.php
*/
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.