単体戦闘ステータスウィンドウ Type-β - SoR_BattleStatusHUD_Beta.js

シェア用テキスト:
▼単体戦闘ステータスウィンドウ Type-β(蒼竜様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/27271
戦闘画面のパーティーメンバーのステータスウィンドウ部分のみを自作UIへ変更します(デフォルトのウィンドウは不可視化します)。

ふりがな:たんたいせんとうすてーたすうぃんどう Type-β

機能概要: 戦闘画面のパーティーメンバーのステータスウィンドウ部分のみを自作UIへ変更します(デフォルトのウィンドウは不可視化します)。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:蒼竜

作者サイト:http://dragonflare.dip.jp/dcave/

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/soryu-rmv/BattleStatu…

解説ページ:http://dragonflare.dip.jp/dcave/mvjs.php?la=ja

ファイル名:SoR_BattleStatusHUD_Beta.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
* @plugindesc <戦闘ステータスウィンドウ Type-β> 
* @author 蒼竜 @soryu_rpmaker
*
* @help
* 戦闘画面のパーティーメンバーのステータスウィンドウ部分のみを
* 自作UIへ変更します(デフォルトのウィンドウは不可視化します)。
* 他にある総合的プラグインの副産物の位置づけにあるものと違い、
* ステータスウィンドウ単体を差し替えることだけに特化(製作者個人にとって
* 余計な副次的機能をなるべく導入しない)しているため、
* プラグイン競合の危険が下がり、製作者ごとのより細かなゲームシステムの
* 管理が行いやすくなります。
* 
* 機能の広範化により、製作者ごとに無駄な処理が氾濫することを抑制するため、
* UIデザインの方向性ごとにスクリプトファイルを分けています。
* 好みのスタイルのものを1つだけ選んで導入してください。
* (このスクリプトは、”Type-β”のものです。)
*
* 設定項目が細かいため、このヘルプでの導入方法説明は省略します。
*
* 具体的な用例は
* http://dragonflare.dip.jp/dcave/
* から参照してください。
* 
* -----------------------------------------------------------
* バージョン情報
* -----------------------------------------------------------
* v1.00 (2020/06/22)       公開  
*
*
* @param ======描画全般======
* @param IsFaceSprite_Individual
* @desc 'true': 専用に用意した顔グラフィックを利用する。 'false': データベースのアクター設定を参照して利用する (default: false)
* @default false
* @type boolean
* @param scaleX_ActorFace_onDB
* @desc データベースに設定した顔グラフィック使用時、HUDで表示する際の横方向の拡大倍率(default:0.5)
* @default 0.5
* @type number
* @param scaleY_ActorFace_onDB
* @desc データベースに設定した顔グラフィック使用時、HUDで表示する際の縦方向の拡大倍率(default:0.5)
* @default 0.5
* @type number
*
* @param IsAlignStates
* @desc 'true': 状態変化を横並びにする 'false': 状態変化を1つのみ表示&時間ごとに表示アイコン逐次切替(default:false)
* @default false
* @type boolean
* @param Maximum_NumAlignStates
* @desc IsAlignStates='true'のとき、並べる状態変化アイコンの最大数(default:4)
* @default 4
* @type number
*
* @param IsActorNameDraw
* @desc 'true': HUDにアクター名を表示 'false': 表示しない (default: true)
* @default true
* @type boolean
*
*
* @param ----HUD全体----
* @param base_X-coordinate
* @desc 1番目のキャラクターHUD全体(基準)のx座標(描画領域左上の点)(default: 356)
* @default 356
* @type number
* @param base_Y-coordinate
* @desc 1番目のキャラクターHUD全体(基準)のy座標(描画領域左上の点)(default: 444)
* @default 444
* @type number
* @param Space_width
* @desc n番目とn+1番目のキャラクターHUDの間隔の長さ(default: 30)
* @default 30
* @type number
* @param ----HUD内部レイアウト----
* @param これより下、base_X(Y)-coordinateの座標を基準(0,0)とする
* @param =========土台========
* @param HUDbase_X-coordinate
* @desc HUD最下層に配置される土台画像を置くx座標(default: 60)
* @default 60
* @type number
* @param HUDbase_Y-coordinate
* @desc HUD最下層に配置される土台画像を置くy座標(default: 0)
* @default 0
* @type number
*
* @param HUDover_X-coordinate
* @desc 土台画像の上層に重ね置きする画像を置くx座標(default: 60)
* @default 60
* @type number
* @param HUDover_Y-coordinate
* @desc 土台画像の上層に重ね置きする画像を置くy座標(default: 0)
* @default 0
* @type number
*
* @param turnIndicator_X-coordinate
* @desc コマンド入力キャラクター用のハイライト画像を置くx座標(default: 55)
* @default 55
* @type number
* @param turnIndicator_Y-coordinate
* @desc コマンド入力キャラクター用のハイライト画像を置くy座標(default: 0)
* @default 0
* @type number
*
* @param =======メーター関係======
* @param HP_meter_X-coordinate
* @desc HPメーターを置くx座標(default: 161)
* @default 161
* @type number
* @param HP_meter_Y-coordinate
* @desc HPメーターを置くy座標(default: 17)
* @default 17
* @type number
* @param MP_meter_X-coordinate
* @desc MPメーターを置くを置くx座標(default: 261)
* @default 261
* @type number
* @param MP_meter_Y-coordinate
* @desc MPメーターを置くy座標(default: 18)
* @default 18
* @type number
* @param TP_meter_X-coordinate
* @desc TPメーターを置くを置くx座標(default: 341)
* @default 341
* @type number
* @param TP_meter_Y-coordinate
* @desc TPメーターを置くy座標(default: 18)
* @default 18
* @type number
*
* @param =======ステータス関係======
* @param Face_X-coordinate
* @desc 顔グラフィックを置くx座標(default: 108)
* @default 108
* @type number
* @param Face_Y-coordinate
* @desc 顔グラフィックを置くy座標(default: 2)
* @default 2
* @type number
* @param StateIcon_X-coordinate
* @desc 状態変化アイコンを置くx座標(default: 120)
* @default 120
* @type number
* @param StateIcon_Y-coordinate
* @desc 状態変化アイコンを置くy座標(default: -3)
* @default -3
* @type number
*
* @param HP_X-coordinate
* @desc 現在HPの数値グラフィックを置く基準x座標(default: 300)
* @default 300
* @type number
* @param HP_Y-coordinate
* @desc 現在HPの数値グラフィックを置く基準y座標(default: 11)
* @default 11
* @type number
* @param MP_X-coordinate
* @desc 現在MPの数値グラフィックを置く基準x座標(default: 383)
* @default 383
* @type number
* @param MP_Y-coordinate
* @desc 現在MPの数値グラフィックを置く基準y座標(default: 13)
* @default 13
* @type number
* @param TP_X-coordinate
* @desc 現在TPの数値グラフィックを置く基準x座標(default: 435)
* @default 435
* @type number
* @param TP_Y-coordinate
* @desc 現在TPの数値グラフィックを置く基準y座標(default: 13)
* @default 13
* @type number
*
* @param ==名前描画(IsActorNameDraw==true時のみ)に関する調整==
* @param ActorName_X-coordinate
* @desc アクター名を置くx座標(default: 55)
* @default 55
* @type number
* @param ActorName_Y-coordinate
* @desc アクター名を置くy座標(default: 4)
* @default 4
* @type number
* @param ActorName_Fontsize
* @desc HUDに描画するアクター名のフォントサイズ(default: 16)
* @default 16
* @type number
*
* @param ====その他微細な調整====
* @param PaddingForActorName
* @desc アクター名描画用の表示位置補正(default: -22)
* @default -22
* @type number
* @param StatusNumber_AlignWidth
* @desc HPやMP等の数値の桁と桁の描画間隔補正(default: -3)
* @default -3
* @type number
* @param ActorFaceDrawRect_Upper
* @desc 顔表示領域の上端(default: 32)
* @default 32
* @type number
* @param ActorFaceDrawRect_Lower
* @desc 顔表示領域の下端。-1のとき画像の下端(default: 80)
* @default 80
* @type number
*/
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.