VE Mix Actions - VE_MixActions.js

シェア用テキスト:
▼VE Mix Actions(Victor Sant様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/26963
戦闘中のアクターコマンドに合成スキルコマンドを追加できます。スキルとアイテムを組み合わせて実行できるスキルを作成できます。

ふりがな:みっくすあくしょん

機能概要: 戦闘中のアクターコマンドに合成スキルコマンドを追加できます。スキルとアイテムを組み合わせて実行できるスキルを作成できます。

利用規約(ライセンス):https://fungamemake.com/victor-engine-jaspanese

作者:Victor Sant

作者サイト:https://victorenginescripts.wordpress.com/

ダウンロードページ:https://fungamemake.com/archives/9932

ファイル名:VE_MixActions.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc v1.03 戦闘中のアクターコマンドに合成スキルコマンドを追加します
 * @author Victor Sant
 *
 * @param Default Failure
 * @text 失敗時スキル
 * @type skill
 * @desc 合成に失敗した時に使用するデフォルトのスキルID
 * デフォルト: 2
 * @default 2
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * 元プラグイン:
 * https://victorenginescripts.wordpress.com/rpg-maker-mv/mix-actions/
 *
 *
 * ===========================================================================
 * 必要プラグイン
 * ===========================================================================
 *
 * このプラグインを使用するには、下記のプラグインが必要です。
 * - VE_BasicModule
 *
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * アクター、職業、武器、防具、ステートのメモタグ
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *  <mix command: 'command name'>
 *   selection 1: item X
 *   selection 2: item X, item Y
 *   failure: skill X
 *   hidden
 *   item X + item X = skill X
 *   item Y + item Z = skill Y
 *  </mix command>
 *   このタグは、アクターに合成スキルコマンドを追加します。
 *   この設定はかなり複雑です。
 *   下記の5つの定義があります。
 *   command name, selection, failure, combinations, hidden
 *
 * ---------------
 *
 *   - Command Name (コマンド名)
 * 最も簡単な設定は、アクターコマンドウィンドウに表示される
 * 合成コマンドの名前を設定することです。
 * 常に引用符で囲まれている必要があります。
 *
 * ---------------
 *
 *   - Selection (選択肢)
 * 選択できるアイテムやスキルの種類を設定します。
 * アイテム、スキル、防具、武器、アイテムタイプ、スキルタイプ、防具タイプ、
 * 武器タイプを設定することができます。
 * 好きなだけオプションを追加することができます。
 *     item x   : アイテムIDxが組み合わせ可能になります。
 *     skill x  : スキルIDxが組み合わせ可能になります。
 *     armor x  : 防具IDxが組み合わせ可能になります。
 *     weapon x : 武器IDxが組み合わせ可能になります。
 *     itype x  : アイテムタイプIDxが組み合わせ可能になります。
 *     stype x  : スキルタイプIDxが組み合わせ可能になります。
 *     atype x  : 防具IDxが組み合わせ可能になります。
 *     wtype x  : 武器タイプIDxが組み合わせ可能になります。
 *      例 : selection 1: itype 1
 *           selection 2: stype 2, item 1, skill 1
 *
 * ---------------
 *
 *   - Failure (失敗)
 * 組み合わせ結果が存在しない場合、
 * 使用するスキルのIDを設定します。
 * この値が設定されていない場合、
 * プラグインのパラメータ'Default Failure'に設定されている値が使用されます。
 *
 * ---------------
 *
 *   - Hidden (未発見)
 * 組み合わせ結果が存在しない場合、
 * 使用するスキルのIDを設定します。
 * この値が設定されていない場合、
 * プラグインのパラメータ'Default Failure'に設定されている値が使用されます。
 *
 * ---------------
 *
 *   - Combination (組み合わせ)
 * アイテムの組み合わせと結果のスキルのIDを設定します。
 * 何を組み合わせても結果は必ずスキルになります。
 * アイテム、スキル、防具、武器を構成要素として、
 * 結果としてスキルを設定することができます。
 * アクションの数は常に選択可能な数と同じでなければなりません。
 *     item x   : アイテムIDxが組み合わせ可能になります。
 *     skill x  : スキルIDxが組み合わせ可能になります。
 *     armor x  : 防具IDxが組み合わせ可能になります。
 *     weapon x : 武器IDxが組み合わせ可能になります。
 *      例 : item 1 + item 1 = skill 10
 *           skill 10 + skill 11 = skill 12
 *           item 1 + item 2 + item 3 = skill 15
 *           skill 10 + weapon 5 = skill 20
 *
 * 選択肢と組み合わせの設定に完全な名前を使用する代わりに、
 * 短い書式を使用して設定することができます。
 * 長い書式の代わりに、次の短い書式を使用します。
 *     i  : アイテム
 *     s  : スキル
 *     a  : 防具
 *     w  : 武器
 *     it : アイテムタイプ
 *     st : スキルタイプ
 *     at : 防具
 *     wt : 武器タイプ
 *      例 : item 3 は i3 と書けます。
 *           weapon 5 は w5 と書けます。
 *           atype 3 は at3 と書けます。
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 武器と防具のメモタグ
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *  <mix consumable>
 * このタグが付いた武器や防具は、合成の要素として使用された場合、
 * 消費されます。
 * それ以外の場合は消費されません。
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 追加情報
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 * このプラグインは重い設定が必要です。
 * 近道や自動で設定する方法はありません。
 * それぞれの有効な組み合わせを手動で設定する必要があります。
 *
 * ---------------
 *
 * 組み合わせにアイテムを設定する順番は関係ありません。
 * 'item 1 + item 2 = skill 3'と設定した場合、
 * プレイヤーが'item 2 + item 1'を組み合わせても結果は同じになります。
 *
 * ---------------
 *
 * 'this.mixItem(X)'というコードを使うと、
 * 合成に使われているアイテムを取得することができます。
 * 例えば、this.mixItem(1)は最初の合成アイテムを取得します。
 * これを使って、式の合成アイテムパラメータを使用することができます。
 * このコードはアイテムをソートして取得するので、
 * ウィンドウ上で入力されたアイテムと同じ順番ではないかもしれません。
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * メモタグの例
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *  <mix command: 'Mix Long Sample'>
 *  selection 1: itype 1
 *  selection 2: itype 1
 *  failure: skill 9
 *  item 1 + item 1 = skill 10
 *  item 1 + item 2 = skill 11
 *  item 1 + item 3 = skill 13
 *  item 2 + item 3 = skill 14
 *  </mix command>
 *
 * ---------------
 *
 *  <mix command: 'Mix Short Sample'>
 *  selection 1: it1
 *  selection 2: it1
 *  failure: s9
 *  i1 + i1 = s10
 *  i1 + i2 = s11
 *  i1 + i3 = s13
 *  i2 + i3 = s14
 *  </mix command>
 *
 * ---------------
 *
 *  <mix command: 'Mix Custom Sample'>
 *  selection 1: st1
 *  selection 2: st2
 *  selection 3: st3
 *  failure: s10
 *  s10 + s20 + s30 = s40
 *  s11 + s20 + s30 = s41
 *  s12 + s20 + s30 = s42
 *  s10 + s21 + s30 = s43
 *  s11 + s21 + s30 = s44
 *  s12 + s21 + s30 = s45
 *  s10 + s22 + s30 = s46
 *  s11 + s22 + s30 = s47
 *  s12 + s22 + s30 = s48
 *  s10 + s20 + s31 = s49
 *  s11 + s20 + s31 = s50
 *  s12 + s20 + s31 = s51
 *  s10 + s21 + s31 = s52
 *  s11 + s21 + s31 = s53
 *  s12 + s21 + s31 = s54
 *  s10 + s22 + s31 = s55
 *  s11 + s22 + s31 = s56
 *  s12 + s22 + s31 = s57
 *  s10 + s20 + s32 = s58
 *  s11 + s20 + s32 = s59
 *  s12 + s20 + s32 = s60
 *  s10 + s21 + s32 = s61
 *  s11 + s21 + s32 = s62
 *  s12 + s21 + s32 = s63
 *  s10 + s22 + s32 = s64
 *  s11 + s22 + s32 = s65
 *  s12 + s22 + s32 = s66
 *  </mix command>
 *
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.