HIME Exp Tables - HIME_ExpTables.js

シェア用テキスト:
▼HIME Exp Tables(HimeWorks様作) - HIME_ExpTables.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/26769
経験値曲線をCSVファイルで経験値テーブルとして代用できます。

ふりがな:えくすぺりえんすてーぶる

機能概要: 経験値曲線をCSVファイルで経験値テーブルとして代用できます。

利用規約(ライセンス):https://fungamemake.com/hime-japanese

作者:HimeWorks

作者サイト:https://himeworks.com/

ダウンロードページ:https://fungamemake.com/archives/9770

ファイル名:HIME_ExpTables.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @title Exp Tables
 * @author Hime --> HimeWorks (http://himeworks.com)
 * @version 1.1
 * @date Jun 8, 2016
 * @filename HIME_ExpTables.js
 * @url http://himeworks.com/2015/12/exp-tables-mv/
 *
 * あなたが私の仕事を楽しんでいるなら、
 * パトレオンで私への支援を検討してください!
 *
 * - https://www.patreon.com/himeworks
 *
 * ご質問や懸念がある場合、
 * 次のサイトのいずれかで私に連絡できます。
 *
 * - Main Website: http://himeworks.com
 * - Facebook: https://www.facebook.com/himeworkscom/
 * - Twitter: https://twitter.com/HimeWorks
 * - Youtube: https://www.youtube.com/c/HimeWorks
 * - Tumblr: http://himeworks.tumblr.com/
 *
 * @plugindesc v1.1 経験値曲線をCSVファイルで代用できます
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 *
 * == 説明 ==
 *
 * RPGツクールMVでは、
 * 必要な経験値の量に達することでアクターをレベルアップさせることができます。
 * 必要な経験値の量は、
 * アクターの現在の職業のレベルと職業の経験値曲線によって決定されます。
 * 経験値曲線はあらかじめ決められた式を使って生成され、
 * 能力値を調整することしかできません。
 * 経験値曲線では、希望の経験値曲線が実現できないこともあります。
 * このプラグインを使用すると、
 * 各レベルに必要な経験値を完全にコントロールすることができます。
 * 例えば、各レベルに必要な経験値が1000になるようにしたい場合、
 * 曲線の調整方法を考えなくても、1000の間隔で必要な経験値を設定できます。
 * 経験値テーブルも表計算ソフトを活用してデータを管理することができます。
 *
 * == 利用規約 ==
 *
 * - クレジットを表示する非営利プロジェクトでの使用は無料
 * - 商用利用の場合、私に連絡してください
 *
 * == Change Log ==
 *
 * 1.1 - Jun 8, 2016
 *   * No longer uses JSON. Just use the CSV directly
 *   * Added support for class exp tables.
 * 1.0 - Dec 16, 2015
 *   * Initial release
 *
 * == 使用方法 ==
 *
 * プラグインのパラメータでは、経験値テーブルを保持するファイル名を指定します。
 * 使わない場合、空欄のままにしておきます。
 *
 * 各経験値テーブル(CSVファイル)はプロジェクトの /data/ フォルダ内に保存します。
 *
 * -- アクター経験値テーブルの使い方 --
 *
 * 最初の4人のアクターの経験値テーブルのサンプルを
 * ”テンプレート”CSVファイルをダウンロードして試すことをお勧めします。
 * 独自のCSVファイルを作成することもできます。
 * ここでは、メモ帳や表計算ソフトにコピーできる例を示します。
 *
 * Level,Actor1,Actor2,Actor3,Actor6
 * 1,0,0,0,0
 * 2,100,100,100,150
 * 3,200,200,200,300
 * 4,300,300,300,400
 *
 * 最初の行はヘッダーで構成されています。
 * このファイルはアクター専用です。
 * 各アクタは”Actor”の後にIDを記述して指定します。
 * 以降の各行は、レベルと、各アクターに必要な経験値を示しています。
 * それぞれの値は、そのレベルに到達するのに必要な総経験値を表しています。
 * つまり、レベル2からレベル3までは100の経験値が必要となります。
 *
 * -- 職業の経験値テーブル --
 *
 * このプラグインを使うと、職業の経験値テーブルを管理することができます。
 * アクター経験値テーブルと似ていますが、
 * ヘッダに”Actor”と書く代わりに”Class”と書きます。
 *
 * 以下の形式のCSVファイルを作成します。
 *
 * Level,Class1,Class2,Class3,Class6, ...
 * 1,0,0,0,0
 * 2,100,100,100,150
 * 3,200,200,200,300
 * 4,300,300,300,400
 *
 * @param Actor Exp Filename
 * @text アクター経験値テーブルファイル名
 * @desc アクター経験値テーブルのファイル名(拡張子含)例:ActorExp.csv
 * /data/フォルダ内に保存。使用しない場合、無入力
 * @default ActorExp.csv
 *
 * @param Class Exp Filename
 * @text 職業経験値テーブルファイル名
 * @desc 職業経験値テーブルのファイル名(拡張子含)例:ClassExp.csv
 * /data/フォルダ内に保存。使用しない場合、無入力
 * @default
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.