SRD Title Command Customizer - SRD_TitleCommandCustomizer.js

シェア用テキスト:
▼SRD Title Command Customizer(SumRndmDde様作) - SRD_TitleCommandCustomizer.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/26459
タイトルコマンドウィンドウのサイズ、位置、行、列、コマンドをカスタマイズできます。

ふりがな:たいとるこまんどかすたまいざー

機能概要: タイトルコマンドウィンドウのサイズ、位置、行、列、コマンドをカスタマイズできます。

利用規約(ライセンス):https://fungamemake.com/srd-japanese

作者:SumRndmDde

ダウンロードページ:https://fungamemake.com/archives/9258

ファイル名:SRD_TitleCommandCustomizer.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc タイトルコマンドウィンドウのサイズ、位置、行、列、コマンドをカスタマイズできます。
 * @author SumRndmDde
 *
 * @param Command Data
 * @text コマンドデータ
 * @type struct<Command>[]
 * @desc タイトルコマンドウィンドウのベースコマンドを生成するために使用される全てのデータです
 * @default [”{”Text”:”EVAL: \”\\\\i[73] \” + TextManager.newGame”,”Symbol”:”newGame”,”Action”:”this.commandNewGame.bind(this)”,”Enabled”:”true”,”Visible”:”true”}”,”{”Text”:”EVAL: this.isContinueEnabled() ? \”\\\\i[75] \” + TextManager.continue_ : \”\\\\i[74] セーブデータ\””,”Symbol”:”continue”,”Action”:”this.commandContinue.bind(this)”,”Enabled”:”this.isContinueEnabled()”,”Visible”:”true”}”,”{”Text”:”EVAL: \”\\\\i[83] \” + TextManager.options”,”Symbol”:”options”,”Action”:”this.commandOptions.bind(this)”,”Enabled”:”true”,”Visible”:”true”}”,”{”Text”:”\\i[82] ゲーム終了”,”Symbol”:”shutdown”,”Action”:”window.close.bind(window)”,”Enabled”:”true”,”Visible”:”true”}”,”{”Text”:”コモンイベント1”,”Symbol”:”common-event-1”,”Action”:”this.playCommonEvent.bind(this, 1)”,”Enabled”:”true”,”Visible”:”true”}”]
 *
 * @param Command Order
 * @text 順番
 * @type text[]
 * @desc ウィンドウ上のコマンドの順番
 * シンボルをリストアップ、カンマ区切
 * @default [”newGame”,”continue”,”options”,”shutdown”]
 *
 * @param Window Settings
 * @text ウィンドウ設定
 * @default ====================================
 *
 * @param Allow Text Codes
 * @text 制御文字を許可
 * @type boolean
 * @desc true」の場合、制御文字をコマンドテキストに使用できますが、テキストの整列は強制的に左になります
 * @default true
 * @parent Window Settings
 *
 * @param Command Text Alignment
 * @text コマンドテキストの行揃え
 * @type select
 * @option 左
 * @value left
 * @option 中央
 * @value center
 * @option 右
 * @value right
 * @desc コマンドテキストの行揃え
 * 左:left / 中央:center / 右:right
 * @default left
 * @parent Window Settings
 *
 * @param Command Text Font
 * @text コマンドテキストフォント
 * @desc コマンドテキストに使用するフォント
 * @default GameFont
 * @parent Window Settings
 *
 * @param Window Opacity
 * @text ウィンドウ不透明度
 * @type number
 * @min 0
 * @decimals 0
 * @desc コマンドウィンドウの不透明度
 * @default 255
 * @parent Window Settings
 *
 * @param Window Padding
 * @text ウィンドウ余白
 * @type number
 * @min 0
 * @decimals 0
 * @desc コマンドウィンドウの余白
 * @default 18
 * @parent Window Settings
 *
 * @param Window Position/Size
 * @text ウィンドウ位置/サイズ
 * @default ====================================
 *
 * @param Window X
 * @text ウィンドウX位置
 * @desc タイトルコマンドウィンドウのX位置
 * @default (Graphics.boxWidth - this.width) / 2
 * @parent Window Position/Size
 *
 * @param Window Y
 * @text ウィンドウY位置
 * @desc タイトルコマンドウィンドウのY位置
 * @default Graphics.boxHeight - this.height - 96
 * @parent Window Position/Size
 *
 * @param Window Width
 * @text ウィンドウ幅
 * @desc タイトルコマンドウィンドウの幅
 * @default 360 * this.maxCols()
 * @parent Window Position/Size
 *
 * @param Window Height
 * @text ウィンドウ高
 * @desc タイトルコマンドウィンドウの高さ
 * @default this.fittingHeight(this.numVisibleRows())
 * @parent Window Position/Size
 *
 * @param Window Rows
 * @text ウィンドウ行数
 * @desc タイトルコマンドウィンドウの行数
 * @default 3
 * @parent Window Position/Size
 *
 * @param Window Columns
 * @text ウィンドウ列数
 * @desc タイトルコマンドウィンドウの列数
 * @default 2
 * @parent Window Position/Size
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * 元プラグイン: http://sumrndm.site/title-command-customizer/
 *
 *
 * Title Command Customizer
 * Version 1.11
 * SumRndmDde
 *
 *
 * このプラグインにはGame Upgradeプラグインが必要です。
 * http://sumrndm.site/game-upgrade/
 *
 *
 * タイトルコマンドウィンドウをカスタマイズすることができます。
 * サイズ、位置、行、列、コマンドをカスタマイズできます。
 *
 * コマンドウィンドウのX,Y,幅,高さ,行,列,テキストの配置を
 * カスタマイズしたい場合、最初のパラメータを使用します。
 *
 *
 * ==========================================================================
 *  コマンド順の設定方法
 * ==========================================================================
 *
 * このプラグインでは、より多くのコマンドを追加することができますが、
 * 他のプラグインで追加されたコマンドを上書きすることはありません。
 *
 * 作成したコマンドと他のプラグインで追加したコマンドの両方を含めて、
 * コマンドの順序をカスタマイズしたい場合、
 * Command Orderパラメータを使用して、
 * そのシンボルを使用してコマンドの順序を一覧表示することができます。
 *
 * 例:
 *
 *    newGame, continue, common-event-1, common-event-2, options, shutdown
 *
 *
 * ==========================================================================
 *  コマンドの作成方法
 * ==========================================================================
 *
 * ’Command Data’で提供されるリストのコマンドをカスタマイズできます。
 *
 * パラメータの各グループは、コマンドをカスタマイズします。
 *
 *
 * ==========================================================================
 *
 * Text:
 *
 *    コマンドに表示されているテキスト。
 *    パラメータが’true’の場合、制御文字を使用することができます。
 *
 *    テキストが”EVAL:”で始まる場合、
 *    そのテキストはJavaScriptの評価として扱われます。
 *
 *
 * ==========================================================================
 *
 * Symbol:
 *
 *    各コマンドに固有の文字列で、それを定義します。
 *
 * ==========================================================================
 *
 * Action:
 *
 *    コマンドに紐付けされる関数。
 *
 *    例:
 *
 *    this.commandNewGame.bind(this)     -  ニューゲーム
 *    this.commandContinue.bind(this)    -  ローディング画面を表示
 *    this.commandOptions.bind(this)     -  オプションウィンドウを表示
 *    close.bind(window)                 -  ゲームウィンドウを閉じる
 *    this.playCommonEvent.bind(this, x) -  コモンイベントID x を実行
 *
 * ==========================================================================
 *
 * Enabled:
 *
 *    コマンドが有効かどうかを判断する JavaScript式
 *
 * ==========================================================================
 *
 * Visible:
 *
 *    コマンドが表示されているかどうかを判断する JavaScript式
 *
 *
 * ==========================================================================
 *  ヘルプファイルの終わり
 * ==========================================================================
 *
 * ヘルプファイルの終わりへようこそ。
 *
 * 読んでくれてありがとう!
 * 質問があったり、このプラグインを楽しめたら、
 * 私のYouTubeチャンネルを登録してください!!
 *
 * https://www.youtube.com/c/SumRndmDde
 *
 *
 * 次の機会まで
 *   ~ SumRndmDde
 *
 */

/*~struct~Command:ja
 *
 * @param Text
 * @text テキスト
 * @desc コマンドの表示テキスト
 * JavaScriptのevalを使用する場合、先頭にEVAL:
 * @default
 *
 * @param Symbol
 * @text シンボル
 * @desc コマンドのシンボル
 * @default
 *
 * @param Action
 * @text アクション
 * @desc コマンドに関数を紐付けるコード
 * 関数を’this’に関連付けるJavaScriptを入力
 * @default
 *
 * @param Enabled
 * @text 有効化
 * @desc コマンドが有効か判定するJavaScript
 * @default true
 *
 * @param Visible
 * @text 表示
 * @desc コマンドが表示されるかを判定するJavaScript
 * @default true
 *
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.