Googleマップ遠景 - TMGoogleMaps.js

シェア用テキスト:
▼Googleマップ遠景(tomoaky様作) - TMGoogleMaps.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/2391
Googleマップにアクセスして地図画像を取得、表示します。

ふりがな:ぐーぐるまっぷえんけい

機能概要: Googleマップにアクセスして地図画像を取得、表示します。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:tomoaky

作者サイト:https://twitter.com/tomoaky

直接ダウンロード:Zipファイル

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/munokura/tomoaky-MV-p…

ファイル名:TMGoogleMaps.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc Googleマップにアクセスして地図画像を取得、表示します。
 * 
 * @author tomoaky (http://hikimoki.sakura.ne.jp/)
 *
 * @param earthR
 * @desc 地球の半径(km)
 * 初期値: 6378.137
 * @default 6378.137
 *
 * @help
 *
 * 注意事項:
 *   このプラグインを使用してゲームを作成する際は必ずGoogleマップの利用規約にも
 *   目を通してください。使用により何らかの不利益が発生してもプラグイン作者はその
 *   責任を負いません、すべて自己責任でお願いします。
 *
 * 使い方:
 *   最初にプラグインコマンドの geoCoding を実行して現実世界の座標を取得します。
 *   取得が成功した状態で geoParallax を実行すれば、遠景がその座標の地図に変更さ
 *   れます。
 *
 * プラグインコマンド:
 *   geoCoding address 日本
 *   住所や地名でジオコーディング。この例では日本という地名に該当する場所の
 *   情報をGoogleマップに接続して取得します。通信が完了したかどうかをチェック
 *   するには後述のスクリプトコマンドを利用します。
 *
 *   geoCoding actor 5
 *   アクター5番の名前でジオコーディング。
 *
 *   geoCoding vn 10
 *   変数10番の値でジオコーディング
 *
 *   geoCoding latlng 35.794 139.790
 *   緯度と経度で逆ジオコーディング
 *
 *   googleParallax 1 2
 *   直前のジオコーディング結果から得られる地図画像を遠景として設定します。
 *   数値は遠景のスクロール量( X と Y )です。
 *
 *   googlePicture 1 0 48 96 100 100 255 0
 *   直前のジオコーディング結果から得られる地図画像をピクチャとして表示する。
 *   数値は左から順に ピクチャ番号 原点( 0 = 左上 / 1 = 中央) X座標 Y座標
 *   拡大率(横) 拡大率(縦) 不透明度 合成方法 の8つです。
 *   後ろの方にある数値は省略することが可能ですが、たとえば拡大率だけを
 *   省略することはできません。数値を4つ書いた場合は ピクチャ番号 ~ Y座標
 *   までの4つが有効になります。
 *
 *   googleMapType 2
 *   地図画像のタイプを設定します、このコマンドよりも前にダウンロードされた
 *   画像には適用されません。数値は 0 ~ 3 を設定してください。
 *   0 = roadmap / 1 = satellite / 2 = hybrid / 3 = terrain
 *
 *   googleMapZoom 12
 *   地図画像の拡大率を設定します、このコマンドよりも前にダウンロードされた
 *   画像には適用されません。画像の大きさではなく、地図の縮尺です。
 *
 *   googleMapWidth 512
 *   地図画像の解像度(横)を設定します、このコマンドよりも前にダウンロード
 *   された画像には適用されません。
 *
 *   googleMapHeight 512
 *   地図画像の解像度(縦)を設定します、このコマンドよりも前にダウンロード
 *   された画像には適用されません。
 *
 *   googleAddress 4
 *   直前に実行されたジオコーディングによって得られた住所を、指定した番号の
 *   ゲーム変数に代入します。この例ではゲーム変数4番に住所(文字列)を代入。
 *
 * スクリプトコマンド:
 *   geoCoding を実行した後、通信が完了したかどうかをチェックする必要があります。
 *   チェックのためのコマンドはありませんので、イベントコマンド『スクリプト』を
 *   使用します。
 *
 *   $gameTemp.isGeoCodingComplete()
 *   geoCoding の通信が完了していれば true を返す
 *
 *   $gameTemp.isGeoCodingError()
 *   geoCoding の通信中にエラーが起きれば true を返す
 *
 *   $gameSystem.isGeoDataEmpty()
 *   geoCoding の通信の結果、座標が取得できなかった場合に true を返す
 * 
 *   上記3つのスクリプトをイベントコマンド『ループ』と『条件分岐』で使用し、
 *   通信の状態や結果を監視して、最終的に isGeoCodingComplete が true かつ
 *   isGeoDataEmpty が false を返したら geoParallax を実行してください。
 *
 * おまけ機能:
 *   前回の geoCoding との距離を取得することもできます。
 *   $gameSystem.getGeoDataDistance()
 *   イベントコマンド『変数の操作』のスクリプトとして上記コマンドを使用すると
 *   前回実行した geoCoding で取得した座標との差(距離)を変数に代入することが
 *   できます。前回、あるいは直前の geoCoding が失敗している場合には -1 が代入
 *   されます。
 *
 *   イベントコマンド『文章の表示』に距離を表示したい場合は DIST という制御文字
 *   を使えば小数点以下3桁、単位つきの距離に置き換わります。
 *   getGeoDataDistance を使う必要はありません。
 *
 * 
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.