NRP Dynamic Animation - NRP_DynamicAnimation.js

シェア用テキスト:
▼NRP Dynamic Animation(砂川赳様作) - NRP_DynamicAnimation.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/23707
・戦闘アニメーションの同時呼び出し、大量呼び出し・射撃・円運動などの移動・回転率・大きさなどの動的な変更

ふりがな:だいなみっくあにめーしょん

機能概要: ・戦闘アニメーションの同時呼び出し、大量呼び出し・射撃・円運動などの移動・回転率・大きさなどの動的な変更

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:許可
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:砂川赳

作者サイト:http://newrpg.seesaa.net/

解説ページ:http://newrpg.seesaa.net/article/473569739.html

ダウンロードページ:https://newrpg.up.seesaa.net/mv/NRP_DynamicAnimation.js

ファイル名:NRP_DynamicAnimation.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc v1.031 戦闘アニメーションを自動化&超強化します。
 * @author 砂川赳(http://newrpg.seesaa.net/)
 *
 * @help スキル(アイテム)から自在に戦闘アニメーションを呼び出します。
 * またアニメを移動させることも可能です。
 * 
 * ■できること
 * ・アニメーションの同時呼び出し、大量呼び出し
 * ・射撃・円運動などの移動
 * ・回転率・大きさなどの動的な変更
 * 
 * 当プラグインは非常に多機能となっています。
 * 詳細は以下をご覧ください。
 * http://newrpg.seesaa.net/article/473569739.html
 * 
 * ■利用規約
 * 特に制約はありません。
 * 改変、再配布自由、商用可、権利表示も任意です。
 * 作者は責任を負いませんが、不具合については可能な範囲で対応します。
 * 
 * @param templateList
 * @text テンプレート一覧
 * @type struct<DynamicAnimation>[]

略

 * @desc 定義されたテンプレートアニメーションの一覧です。
 * 新しいテンプレートの追加も可能です。
 * 
 * @param <Animation Position>
 * @text <アニメーション位置>
 * @desc アニメーションの位置関連の項目です。
 * 
 * @param screenX
 * @text 画面アニメの表示X座標
 * @parent <Animation Position>
 * @type string
 * @default ($gameSystem.isSideView() ? Graphics.boxWidth / 4 + 48 : Graphics.boxWidth / 2)
 * @desc 位置が『画面』のアニメーションを表示する標準X座標です。
 * 対象がアクターの場合は座標を左右反転します。
 * 
 * @param screenY
 * @text 画面アニメの表示Y座標
 * @parent <Animation Position>
 * @type string
 * @default ($gameSystem.isSideView() ? Graphics.boxHeight / 3 + 24 : Graphics.boxHeight / 2)
 * @desc 位置が『画面』のアニメーションを表示する標準Y座標です。
 * 
 * @param allRangeX
 * @text 全体アニメのX座標範囲
 * @parent <Animation Position>
 * @type string
 * @default ($gameSystem.isSideView() ? Graphics.boxWidth / 4 : Graphics.boxWidth / 3)
 * @desc 全体系アニメを表示する横の範囲です。
 * いくつかのテンプレートがこの値を参照します。
 * 
 * @param allRangeY
 * @text 全体アニメのY座標範囲
 * @parent <Animation Position>
 * @type string
 * @default ($gameSystem.isSideView() ? Graphics.boxHeight / 4 : Graphics.boxHeight / 6)
 * @desc 全体系アニメを表示する縦の範囲です。
 * いくつかのテンプレートがこの値を参照します。
 * 
 * @param mirrorAdjustX
 * @text X座標の反転後調整
 * @parent <Animation Position>
 * @type string
 * @desc 対象が味方のアニメーション位置を反転する際、
 * 画面アニメの表示X座標を数値分だけずらします。
 * 
 * @param mirrorAdjustY
 * @text Y座標の反転後調整
 * @parent <Animation Position>
 * @type string
 * @desc 対象が味方のアニメーション位置を反転する際、
 * 画面アニメの表示Y座標を数値分だけずらします。
 * 
 * @param randomAdjust
 * @text バラマキ調整
 * @parent <Animation Position>
 * @type number
 * @min 0
 * @max 0.4
 * @decimals 2
 * @desc ランダム計算時の数値を作為的に分散させます。
 * 0.20なら20%以上、前回位置から必ず離します。
 * 
 * @param <For FrontView>
 * @text <フロントビュー用>
 * @desc フロントビュー関連の項目です。
 * 
 * @param fvActorHomeX
 * @text アクターX座標(フロントビュー)
 * @parent <For FrontView>
 * @type string
 * @default Graphics.boxWidth / 2
 * @desc フロントビュー時、アクターのX座標位置を設定します。
 * 通常、アクターは透明ですが、アニメの表示に関わります。
 * 
 * @param fvActorHomeY
 * @text アクターY座標(フロントビュー)
 * @parent <For FrontView>
 * @type string
 * @default Graphics.boxHeight * 7/10
 * @desc フロントビュー時、アクターのY座標位置を設定します。
 * 通常、アクターは透明ですが、アニメの表示に関わります。
 * 
 * @param <Conflict>
 * @text <競合対策>
 * @desc プラグインの競合対策関連の項目です。
 * 
 * @param conflictMode
 * @text 競合対策モード
 * @parent <Conflict>
 * @type select
 * @option 0:標準 @value 0
 * @option 1:showNormalAnimationから分岐 @value 1
 * @default 0
 * @desc 競合対策用に処理を変更します。
 * 1ならYEP_BattleEngineCoreも動くかも……。
 * 
 * @param ignoreCondition
 * @text 除外条件
 * @parent <Conflict>
 * @type string[]
 * @default ["BattleManager._actSeq && BattleManager._actSeq[0].toUpperCase() === 'CAST ANIMATION'"]
 * @desc 条件を満たす場合、当アニメーションの実行をしません。
 */
/*~struct~DynamicAnimation:ja
 * @param <Basic>
 * @text <基本>
 * @desc 基本設定の見出しです。
 * 
 * @param name
 * @text 名前
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc 識別用のメモです。分かりやすい名前をおつけください。
 * 実はこれをスキル・アイテムのメモ欄で指定しても使えます。
 * 
 * @param templateId
 * @text テンプレートID
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc テンプレートの呼び出しに使う識別子です。
 * このIDをスキル・アイテムのメモ欄で指定します。
 * 
 * @param condition
 * @text 実行条件
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc 実行条件です。
 * この条件を満たさない場合、アニメーションを実行しません。
 * 
 * @param delay
 * @text ディレイ(遅延)
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc アニメーション表示前の待機フレームです。
 * autoにすると前アニメーションの終了を待ちます。
 * 
 * @param wait
 * @text ウェイト
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc アニメーションを表示後の待機フレームです。
 * autoにするとこのアニメーションの終了を待ちます。
 * 
 * @param repeat
 * @text リピート回数
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc アニメーションの繰り返し回数です。
 * 
 * @param limitFlash
 * @text フラッシュ制限
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc 設定した数値によってフラッシュ処理を制限します。
 * 値が2なら、フラッシュ回数が1/2になります。
 * 
 * @param limitSound
 * @text 効果音制限
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc 設定した数値によって効果音を制限します。
 * 値が2なら、演奏回数が1/2になります。
 * 
 * @param target
 * @text 対象変更
 * @parent <Basic>
 * @type string
 * @desc アニメーションの表示を指定した対象へ変更します。
 * バトラーまたはその配列を指定可能です。
 * 
 * @param <Basic Repeat>
 * @text <基本リピート>
 * @desc リピートごとに処理される基本設定です。
 * 
 * @param id
 * @text アニメーションID
 * @parent <Basic Repeat>
 * @type animation
 * @desc 呼び出すアニメーションのIDです。
 * 空ならばスキルに設定されたものを使用します。
 * 
 * @param position
 * @text アニメーション位置
 * @parent <Basic Repeat>
 * @type select
 * @option 0:頭上 @value 0
 * @option 1:中央 @value 1
 * @option 2:足元 @value 2
 * @option 3:画面 @value 3
 * @desc アニメーションの位置です。0:頭上, 1:中心, 2:足元, 3:画面。
 * 画面以外は対象の人数分表示します。
 * 
 * @param interval
 * @text 間隔
 * @parent <Basic Repeat>
 * @type string
 * @desc アニメーションを繰り返す間隔です。
 * 時間はアニメーションの1フレームに対応します。
 * 
 * @param rate
 * @text 描画レート
 * @parent <Basic Repeat>
 * @type string
 * @desc アニメーション1フレームの表示時間です。
 * 初期値は4。つまり4/60秒単位で描画を更新します。
 * 
 * @param nextDelay
 * @text 対象毎の時間差
 * @parent <Basic Repeat>
 * @type string
 * @desc 対象が複数の場合にアニメーションを表示する時間差です。
 * アニメーション位置が画面の場合には意味がありません。
 * 
 * @param noMirror
 * @text 反転無効化
 * @parent <Basic Repeat>
 * @type boolean
 * @desc 対象がアクターの際、アニメの表示反転を無効化します。
 * 左右反転による表示崩れが起こる場合に。
 * 
 * @param <Starting Point>
 * @text <始点>
 * @desc 始点関連のパラメータです。
 * 
 * @param sx
 * @text 始点X座標
 * @parent <Starting Point>
 * @type string
 * @desc 始点のX座標です。
 * 
 * @param sy
 * @text 始点Y座標
 * @parent <Starting Point>
 * @type string
 * @desc 始点のY座標です。
 * 
 * @param sxRandom
 * @text 始点X座標の分散値
 * @parent <Starting Point>
 * @type string
 * @desc 始点のX座標を左右に分散させます。
 * 値が100なら-100~100の200ピクセル分散します。
 * 
 * @param syRandom
 * @text 始点Y座標の分散値
 * @parent <Starting Point>
 * @type string
 * @desc 始点のY座標を上下に分散させます。
 * 値が100なら-100~100の200ピクセル分散します。
 * 
 * @param <End Point>
 * @text <終点>
 * @desc 終点関連のパラメータです。
 * 
 * @param ex
 * @text 終点X座標
 * @parent <End Point>
 * @type string
 * @desc 終点のX座標です。
 * これを入力すれば始点から終点へアニメが移動します。
 * 
 * @param ey
 * @text 終点Y座標
 * @parent <End Point>
 * @type string
 * @desc 終点のY座標です。
 * これを入力すれば始点から終点へアニメが移動します。
 * 
 * @param exRandom
 * @text 終点X座標の分散値
 * @parent <End Point>
 * @type string
 * @desc 終点のX座標を左右に分散させます。
 * 値が100なら-100~100の200ピクセル分散します。
 * 
 * @param eyRandom
 * @text 終点Y座標の分散値
 * @parent <End Point>
 * @type string
 * @desc 終点のY座標を上下に分散させます。
 * 値が100なら-100~100の200ピクセル分散します。
 * 
 * @param arrival
 * @text 到達フレーム
 * @parent <End Point>
 * @type string
 * @desc 終点に到達するフレームです。
 * 着弾して爆発するアニメーションなどに使います。
 * 
 * @param arcX
 * @text 放物線の横幅
 * @parent <End Point>
 * @type string
 * @desc 放物線の横幅です。
 * 
 * @param arcY
 * @text 放物線の縦幅
 * @parent <End Point>
 * @type string
 * @desc 放物線の縦幅です。
 * マイナスが上方向になるので注意!
 * 
 * @param <Afterimage>
 * @text <残像>
 * @desc 残像関連の項目です。
 * 
 * @param afterimage
 * @text 残像数
 * @parent <Afterimage>
 * @type string
 * @desc 設定した数に応じて、残像を作成します。
 * 数が多いほど重くなるので注意です。
 * 
 * @param afterimageInterval
 * @text 残像の間隔
 * @parent <Afterimage>
 * @type string
 * @desc 残像を作成する間隔です。
 * 
 * @param <Real Time>
 * @text <リアルタイム>
 * @desc 1/60秒ごとに演算される項目です。
 * 上級向けの項目が多めです。
 * 
 * @param dx
 * @text 動的X座標【上級】
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc X座標のリアルタイム計算位置です。
 * 
 * @param dy
 * @text 動的Y座標【上級】
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc Y座標のリアルタイム計算位置です。
 * 
 * @param addX
 * @text X座標補正
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc X座標に加算する値です。
 * 
 * @param addY
 * @text Y座標補正
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc Y座標に加算する値です
 * 
 * @param scaleX
 * @text 拡大率X
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc 横幅の拡大率です。1.0が標準となります。
 * 
 * @param scaleY
 * @text 拡大率Y
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc 縦幅の拡大率です。1.0が標準となります。
 * 
 * @param rotation
 * @text 回転率
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc 回転率です
 * Math.PI * 2で一回転します。
 * 
 * @param opacity
 * @text 不透明度
 * @parent <Real Time>
 * @type string
 * @desc 不透明度です。
 * 255で不透明、0で透明です。
 * 
 * @param <Real Time Circle>
 * @text <リアルタイム円>
 * @desc リアルタイムの円運動関連の項目です。
 * 
 * @param radiusX
 * @text X方向の半径
 * @parent <Real Time Circle>
 * @type string
 * @desc X方向の円運動半径です。
 * 
 * @param radiusY
 * @text Y方向の半径
 * @parent <Real Time Circle>
 * @type string
 * @desc Y方向の円運動半径です。
 * 
 * @param radX
 * @text X方向の角度
 * @parent <Real Time Circle>
 * @type string
 * @desc X方向の円運動角度です。
 * 2πが一周期となります。
 * 
 * @param radY
 * @text Y方向の角度
 * @parent <Real Time Circle>
 * @type string
 * @desc Y方向の円運動角度です。
 * 2πが一周期となります。
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.