GALV Simple Crops - GALV_SimpleCrops.js

シェア用テキスト:
▼GALV Simple Crops(Galv様作) - GALV_SimpleCrops.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/23282
V1.4 シンプルな農業/栽培システムを導入

ふりがな:GALV Simple Crops

機能概要: V1.4 シンプルな農業/栽培システムを導入

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:禁止 (素材を利用した作品の配布は再配布に当たりません。)
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:Galv

作者サイト:https://galvs-scripts.com/

解説ページ:https://fungamemake.com/archives/6888

ダウンロードページ:https://galvs-scripts.com/2016/11/20/mv-simple-crops/

ファイル名:GALV_SimpleCrops.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @plugindesc (v.1.4) シンプルな農業/栽培システムを導入できます
 *
 * @author Galv - galvs-scripts.com
 *
 * @param Crop Charset Name
 * @text 作物のキャラセット名
 * @desc 全ての作物は、この名前が付いたキャラクターセットを使用し、その後に画像ID選択番号が続きます。
 * @default !Crops
 *
 * @param Watered Time
 * @text 水やり間隔
 * @desc 作物が乾燥する前に水やりを続け、再び水やりができる秒
 * @default 60
 *
 * @param Watered Benefit
 * @text 水やり効果
 * @desc 水をやると作物の成長時間から短縮される秒
 * @default 5
 *
 * @param Crop Priority
 * @text 成長プライオリティ変化
 * @desc 成長中のプライオリティ。空,種子,発芽,半熟,完熟
 * 0:通常キャラより下 / 1:通常キャラと同じ
 * @default 0,0,1,1,1
 *
 * @param Crop Under or Front Fix
 * @text 上の作物を優先
 * @desc 相互作用する際に、上の作物を優先。
 * 上を優先:true / 下を優先:false
 * @default true
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * 元プラグイン:
 * https://galvs-scripts.com/2016/11/20/mv-simple-crops/
 *
 *   Galv's Simple Crops
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * このプラグインを使用すると、
 * プレーヤーはインベントリから種子を選択することで、
 * 指定されたプロットで作物を植えて育てることができます。
 * システムはシンプルであるため、単純な作物としてラベル付けされています。
 * 設定が簡単なわけではありません。
 * イベントを使用して、その動作を制御する必要があります。
 *
 *
 * プロットを作成
 * --------------
 * イベントは、メモ欄に<crop>タグを追加することでプロットになり、
 * プレイヤーがその中に種を植えて育てることができます。
 *
 * 種を作成
 * --------------
 * メモ欄に<seed>タグを追加することにより、アイテムを種として設定できます。
 * このタグには、植物の成長方法を制御する設定が含まれます(詳細は下記)。
 *
 * 植物画像
 * -----------------
 * 植物のキャラクターセット(/img/characters/内)は、
 * プラグイン設定の'Crop Charset Name'(作物のキャラセット名)と
 * 画像ID番号を使用して名前を付ける必要があります。
 *
 * 例えば、プラグイン設定が'!Crops'の場合、
 * キャラクターセットの名前は次のようにします。
 * !Crops0.png、!Crops1.png、!Crops2.png など
 * (!Crops0.png左上のキャラクターは、
 * 空のプロットまたは種を植えたばかりのプロットに使用されます)
 *
 * 植物のキャラクターセットは、特定の方法で設定する必要があります。
 * キャラクターセット内の各キャラクターには2つの植物が含まれ、
 * それぞれに水やり/非水やり用の3つの成長フレームがあります(合計6フレーム)。
 * これらはキャラクターの向きを使用し、
 *
 * 例
 * 下 = 最初の植物の水抜き
 * 左 = 最初の植物の水やり
 * 右 = 2番の植物の水抜き
 * 上 = 2番の植物の水やり
 *
 * ただし、画像ID0のキャラクター1の最初の植物は、
 * 空の区画/枯れたばかりの種子を含む区画に使用されます。
 * これについての詳細については、デモを調べてください。
 *
 * 成長
 * -------
 * 成長時間を選択すると、植物は成長中に4つのステージ/画像を経過します。
 * 1.種が植えられると直ぐに、種が植えられたキャラクターセットを使用します。
 * 2.20%の成長時間が経過した後、植物の最初のパターンを使用します
 * 3.60%の成長時間が経過した後、植物の2番目のパターンを使用します
 * 2.100%以上が経過すると、植物の3番目のパターンを使用します
 *   (そして収穫する準備ができています)
 *
 * 成長は、プレイ時間の秒数/変数に基づいて実行できます。
 * 種を植えるために設定したイベントで指定できます(詳細は下記)。
 *
 * 成長の各段階で収穫イベントのプライオリティが
 * 通常キャラより下か同じかを指定するプラグイン設定があります。
 * 必要に応じて、各作物の種に異なる優先度を指定するメモタグも使用できます。
 *
 * 時間ベースの成長で使用する場合は注意してください。
 * 作物が通行不可になる優先順位に成長した場合、
 * プレイヤーが身動き取れなくなる可能性があるためです。
 *
 * 植物
 * ---------
 * 植物自体は、収穫時に取得される種設定で指定するアイテムであり、
 * プロットを再び空に戻します。
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  アイテムのメモタグ
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *    <seed:imgId,charId,pId,growTime,itemId>
 *
 * 説明
 * seed     = 必須ワード。変更しないでください。
 * imgId    = 使用する収穫キャラクターセットを選択する番号。
 * charId   = キャラクターセット内のキャラクターのID(1から8)
 * pId      = キャラクターのどの植物を使用するかを選択する植物ID(1-2)
 * growTime = 植物が収穫されるまでに経過した秒数
 * itemId   = 植物が収穫された時、得られるアイテム。
 *            植物を収穫できない場合、これを0にします。
 *
 *    <seedPrio:seed,sprouting,halfGrown,fullGrown>
 *
 * 説明
 * 'Crop Priority'(成長プライオリティ)プラグイン設定を上書きします。
 * 成長の各段階での収穫イベントの優先順位を制御します。
 * 0:通常キャラより下 / 1:通常キャラと同じ
 *
 * 例
 * <seedPrio:0,1,1,1>
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  スクリプト情報
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * eId = イベントID
 * iId = アイテムID
 * vId = 変数ID
 * 並列処理以外のイベント内のeIdをthis._eventIdに置き換えて、
 * 現在のイベントのIDを使用できます。
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  条件分岐のスクリプト
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *    Galv.CROPS.isCrop(eId)   // イベントに<crop>メモタグがあるかを確認
 *
 *    Galv.CROPS.hasSeed(eId)  // イベントに種が植えられているかを確認
 *
 *    Galv.CROPS.isReady(eId)  // イベントが収穫する準備ができているかを確認
 *
 *    Galv.CROPS.isSeed(iId)   // アイテムに<seed>タグがあり、種かを確認
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  スクリプトコール
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *    Galv.CROPS.harvest(eId,v);
 *      // イベントの作物を収穫します。
 *      // vは、変数idを参照して、作物から取得したアイテム名を、
 *      // v[x]を含む文章で使用する文字列として格納します。
 *
 *    Galv.CROPS.remove(eId);
 *      // イベントから植物を削除します。
 *
 *    Galv.CROPS.plant(eId,iId,vId);
 *      // イベントに種子アイテムを植えます。
 *      // ゲーム時間の秒数に基づいて作物が成長するように、
 *      // vIdを空白にします。
 *      // vIdを使用すると、選択した変数IDに基づいて成長します。
 *
 * 作物に水をやると、
 * 一定の日数/時間(プラグインの設定に応じて)だけ成長時間が短縮されます。
 * 水やりの利点を得るには、設定された時間の間隔を開ける必要があります。
 *
 *    Galv.CROPS.water(eId,vId);
 *      // 作物イベントに水をやります。
 *      // 作物が水やりされた時間にゲーム時間を使用するには、
 *      // vIdを空白にします。
 *      // vIdを使用する場合、代わりに選択した変数IDの変数日数を使用します。
 *
 *    Galv.CROPS.waterAll(vId);
 *      //上記と同じですが、現在のマップ上の全てのイベントに適用されます。
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  自律移動カスタムルートのスクリプトコール
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *    this.updateCrop();
 *      // 自律移動の頻度を使用して、
 *      // プレーヤーから見える場所で作物の成長を制御します。
 *      // 多くのタイマーを同時に実行する必要がないために使用します。
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *  SCRIPT call
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *
 *    Galv.CROPS.update();
 *      // マップ上の全ての作物を更新
 *
 * ---------------------------------------------------------------------------
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.