MPP 隠し通路 - MPP_HiddenPassage.js

シェア用テキスト:
▼MPP 隠し通路(木星ペンギン様作) - MPP_HiddenPassage.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/2237
指定したリージョンIDのタイルをプレイヤーより上に表示し、通行可能にします。

ふりがな:かくしつうろ

機能概要: 指定したリージョンIDのタイルをプレイヤーより上に表示し、通行可能にします。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:木星ペンギン

作者サイト:http://woodpenguin.blog.fc2.com/

ダウンロードページ:http://woodpenguin.web.fc2.com/MV_Plugin/HiddenPassage.…

ファイル名:MPP_HiddenPassage.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc 【ver.2.1】指定したリージョンIDのタイルをプレイヤーより上に表示させます。
 * @author 木星ペンギン
 *
 * @help プラグインコマンド:
 *   SetPlayerZ z           # プレイヤーの高さ設定
 * 
 * ================================================================
 * ▼ プラグインコマンド 詳細
 * --------------------------------
 *  〇 SetPlayerZ z
 *       z : プレイヤーのZ座標
 * 
 *   プレイヤーのZ座標を設定します。
 *   この数値以下のリージョンはプレイヤーより下に表示されます。
 *   
 *   実際にはキャラクターのZ座標を変更しているのではなく、
 *   キャラクターより上に表示させるかどうかの判定方法を変えているだけです。
 *   キャラクターごとのZ座標は指定できません。
 * 
 * ================================================================
 * ▼ プラグインパラメータ 詳細
 * --------------------------------
 *  〇 Passable Upper Region Ids (上に表示し通行可能なリージョンIDの配列) /
 *     Impassable Upper Region Ids (上に表示し通行できないリージョンIDの配列)
 *  
 *   設定したリージョンIDで、かつプレイヤーのZ座標より高いタイルは、
 *   キャラクターより上に表示されます。
 *   
 *   キャラクターより下に表示された場合は通常の通行判定となります。
 *  
 *   リージョンIDの設定には範囲指定が可能です。
 *   数値を配列で設定する際、n-m と表記することでnからmまでの数値を指定できます。
 *   (例 : 1-4,8 => 1,2,3,4,8)
 * 
 * --------------------------------
 *  〇 Plugin Commands (プラグインコマンド名)
 * 
 *   プラグインコマンド名を変更できます。
 *   コマンドを短くしたり日本語化等が可能です。
 *   
 *   コマンド名を変更しても、デフォルトのコマンドは使用できます。
 * 
 * ================================================================
 * ▼ 注意点
 * --------------------------------
 *  〇 ツクール側の仕様でタイルセットのA4(壁)は上部が通行可能となっています。
 *    隠し通路等を作る際は、通行可能にした両側面を通行不可にすることをお勧めします。
 * 
 * ================================
 * 制作 : 木星ペンギン
 * URL : http://woodpenguin.blog.fc2.com/
 * 
 * @param Passable Upper Region Ids
 * @desc 上に表示し通行可能なリージョンIDの配列
 * (範囲指定可)
 * @default 32
 *
 * @param Impassable Upper Region Ids
 * @desc 上に表示し通行できないリージョンIDの配列
 * (範囲指定可)
 * @default 33
 *
 * @param === Command ===
 * @default 【コマンド関連】
 * 
 * @param Plugin Commands
 * @type struct<Plugin>
 * @desc プラグインコマンド名
 * @default {”SetPlayerZ”:”SetPlayerZ”}
 * @parent === Command ===
 * 
 *
 */

/*~struct~Plugin:
 * @param SetPlayerZ
 * @desc プレイヤーの高さ設定
 * @default SetPlayerZ
 * 
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.