敵グラフィックをピクチャ表示 - Outher_png_load.js

シェア用テキスト:
▼敵グラフィックをピクチャ表示(RRX様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/19677
Picturesの外の画像をピクチャ表示できます。

ふりがな:てきぐらふぃっくをぴくちゃひょうじ

機能概要: Picturesの外の画像をピクチャ表示できます。

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:許可
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:RRX

直接ダウンロード:Zipファイル

ダウンロードページ:https://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?t=4358

ファイル名:Outher_png_load.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc Pictureの外の画像を参照する。
 * @author RRX
 *
 * @help このプラグインにはプラグインコマンドはありません。
 * スクリプトコマンドの$gameScreen.showPictureのファイルパス動作を置き換えます。
 * ”../titles1/book” のように、Pictureとは別な場所のpng画像をロードします。
 *
 * スクリプトコマンド
 * $gameScreen.showPicture(ピクチャ番号,ファイルパス/ファイル名,原点,x座標,y座標,幅の拡大率,高さの拡大率,不透明度,合成方法)
 *
 * スクリプトコマンド例
 * $gameScreen.showPicture(1,”../titles1/book”,0,0,0,100,100,255,0);
 *
 * 注意1:png以外のファイルは読み込めません。
 * 注意2:全項目省略できません。下記使い方をメモにコピペを推奨します。
 * 注意3:()内各項目は、[,]で区切って入力します。
 *
 *  以下詳しい使い方。
 * *イベントコマンド「ピクチャの表示」も参考にして下さい。
 *
 * ピクチャ番号:
 *   ピクチャの表示番号です。1~100で入力します。
 *   小さい番号が下、大きい番号が上に表示されます。
 *
 * ファイルパス/ファイル名:
 *   表示したい画像のファイル名をダブルクォーテーション(” ”)で囲んで入力します。
 *   ダブルクォーテーションの間をファイル名に置き換えて下さい。
 *   また、ひとつ上のフォルダに戻りたい場合には[../]
 *   フォルダの中のファイルを読み込ませる場合には[/]を挟みます。
 * *例1:
 *   「picture」の中に「001」フォルダ、その中の002というファイルを読み込ませる
 *    →  [”001/002”]
 * *例2:
 *   「enemies」フォルダの中にある「Actor1_3」を読み込ませる
 *    →  [”../enemies/Actor1_3”]
 *
 * 原点:
 *   0または1と入力します。
 *   0で表示させる画像の左上を基準に、1で中央を基準に描写します。
 *   わからなければ0にすることを推奨します。
 *
 * x座標:
 *   ピクチャを表示する画面X(横軸)座標。左からXドット目から描写します。
 *
 * y座標:
 *   ピクチャを表示する画面Y(縦軸)座標。上からYドット目から描写します。
 *
 * 幅の拡大率:
 *   %で入力します。等倍なら100、2倍なら200、1/2なら50と入力します。
 *
 * 高さの拡大率:
 *   %で入力します。等倍なら100、2倍なら200、1/2なら50と入力します。
 *
 * 不透明度:
 *   0~255の間の値で入力します。数字が大きいほど濃く、小さいほど薄くなります。
 *
 * 合成方法:
 *   ピクチャをゲーム画面と合成する方法です。
 *   0で通常、1で加算、2で乗算、3でスクリーンです。
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.