Suppon Change Tile ID - SupponChangeTileId.js

シェア用テキスト:
▼Suppon Change Tile ID(Suppon様作) - SupponChangeTileId.js
https://plugin.fungamemake.com/archives/16630
マップタイルIDのコピー&ペーストを行います。

ふりがな:ちぇんじたいるID

機能概要: マップタイルIDのコピー&ペーストを行います。

利用規約(ライセンス):
・著作権:保持
・商用利用:許可
・追加改変:許可
・再配布:許可
・詳細はダウンロードページ・プラグイン内を確認

作者:Suppon

解説ページ:https://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?t=338

直接ダウンロード:Zipファイル

ファイル名:SupponChangeTileId.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc マップタイルIDのコピー&ペーストを行います。 Version 1.10
 * @author Suppon
 * @help
 *
 * このプラグインを使用するときは以下のようにプラグインコマンドを入力してください。
 * 
 * プラグインコマンド例1
 * -------------------------------------
 * SupponCTI add abc 1 2 3 4 5 11 12 13
 * -------------------------------------
 * この場合、データIDがabc、
 * コピー元のマップIDが1、
 * コピー元のX座標が2、
 * コピー元のY座標が3、
 * コピー元の幅が4、
 * コピー元の高さが5、
 * コピー先のマップIDが11、
 * コピー先のX座標が12、
 * コピー先のY座標が13、を意味します。
 * コピー元にリージョンが設定してあるとリージョンもコピーされます。
 * IDにはabcのような文字も使えます。
 * コピー元にB~Eタイルが無く、コピー先にB~Eタイルがある場合、
 * コピー先にあるB~Eはそのまま残ります。
 *
 *
 * プラグインコマンド例2
 * -------------------------------------
 * SupponCTI add abc 2 3 4 5 12 13
 * -------------------------------------
 * このようにマップIDを省略した場合、同じマップ間でのコピーとなります。
 *
 *
 * コピー先にB~Eタイルが無い状態を作りたい場合は以下のようにaddをchangeに
 * 置き換えてください。
 * プラグインコマンド例3
 * ----------------------------------------
 * SupponCTI change abc 1 2 3 4 5 11 12 13
 * ----------------------------------------
 *
 *
 * Aタイルのオートタイルを反映させたいときは
 * 以下のように入力してください。
 * プラグインコマンド例4
 * ----------------------------------------
 * SupponCTI auto abc 1 2 3 4 5 11 12 13
 * ----------------------------------------
 *
 *
 * コピーのデータを削除したいときは以下のようにIDを指定してください。
 * プラグインコマンド例5
 * ----------------------------------------
 * SupponCTI remove abc
 * ----------------------------------------
 * この場合、IDがabcのデータを削除します。
 * 同じIDのデータが複数ある場合には、一度に全て削除されます。
 *
 * プラグインコマンド例6
 * パターンを繰り返したい場合は以下のようにしてください。
 * -------------------------------------
 * SupponCTI add-r abc 1 2 3 4 5 11 12 13 21 22
 * -------------------------------------
 * この場合、データIDがabc、
 * コピー元のマップIDが1、
 * コピー元のX座標が2、
 * コピー元のY座標が3、
 * コピー元の幅が4、
 * コピー元の高さが5、
 * コピー先のマップIDが11、
 * コピー先のX座標が12、
 * コピー先のY座標が13、
 * X方向に21回繰り返し、
 * Y方向に22回繰り返すという形になります。
 * 以下のように同マップ内でのコピーではマップIDを省略することもできます。
 * -------------------------------------
 * SupponCTI add-r abc 2 3 4 5 12 13 21 22
 * -------------------------------------
 * B~Eタイルを完全に置き換える場合は、add-rをchange-rに, 
 * オートタイルに対応させたいときは、add-rをauto-rに変更してください。
 *
 * 変数を使用したい場合は、\v[1], \v[100]のように入力してください。
 *
 *
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2021 All Rights Reserved.