FTKR Skill Upgrade System Window - FTKR_SkillUpgradeSystem_Window.js

シェア用テキスト:
▼FTKR Skill Upgrade System Window(フトコロ様作)
https://plugin.fungamemake.com/archives/1345
スキル強化システムの専用画面を実装する。要FTKR_SkillExpansion.js、FTKR_SEP_ShowSkillStatus.js、FTKR_SkillUpgradeSystem_Core.js、FTKR_SkillUpgradeSystem_Core.js

ふりがな:すきるきょうかしすてむうぃんどう

機能概要: スキル強化システムの専用画面を実装する。要FTKR_SkillExpansion.js、FTKR_SEP_ShowSkillStatus.js、FTKR_SkillUpgradeSystem_Core.js、FTKR_SkillUpgradeSystem_Core.js

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:フトコロ

作者サイト:https://twitter.com/futokoro_mv

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/mas…

ファイル名:FTKR_SkillUpgradeSystem_Window.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc v1.5.0 スキル強化システム ウィンドウ関係プラグイン
 * @author フトコロ
 *
 * @param ---Show Command---
 * @default
 * 
 * @param Show Skill Command
 * @desc メニュー欄のどこにスキル強化コマンドを追加するか。
 *  1 - メニュー欄, 2 - スキルメニュー欄, 3 - サブコマンド欄
 * @default 2
 *
 * @param Upgrade Skill Command Name
 * @desc スキル強化コマンドのコマンド名を設定します。
 * @default スキル強化
 *
 * @param Skill Menu Switch ID
 * @desc メニュー欄の表示のON/OFFを制御するスイッチIDを指定します。
 * @default 0
 *
 * @param Upgrade Disable Confirmation
 * @desc スキル強化実行時に確認画面で実行確認するか。
 *  1 - 確認する, 0 - 確認しない(コストが常に表示)
 * @default 1
 *
 * @param Always Display Cost
 * @desc 強化コストに常に表示するか。
 *  1 - 表示する, 0 - 表示しない
 * @default 0
 *
 * @param How Show NonUg Item
 * @desc 強化できないパラメータを薄く表示するか指定します。
 *  0 - 変更しない, 1 -薄く表示する
 * @default 0
 *
 * @param Hide Not Upgrade Item
 * @desc 強化不可設定のパラメータを非表示にするか指定します。
 *  1 - 表示しない, 0 - 表示する
 * @default 0
 *
 * @param Hide Cannot Pay Item
 * @desc 強化コスト不足のパラメータを非表示にするか指定します。
 *  1 - 表示しない, 0 - 表示する
 * @default 0
 *
 * @param Hide Limit Upgrade Item
 * @desc 最大強化レベルに達したパラメータを非表示にするか指定します。
 *  1 - 表示しない, 0 - 表示する
 * @default 0
 * 
 * @param --Skill List Window--
 * @default
 * 
 * @param Skill List Width
 * @desc スキルリストウィンドウの幅を指定します。
 *  デフォルトは 240
 * @default 240
 *
 * @param --Skill Status Title Window--
 * @default
 * 
 * @param Skill Status Title Format
 * @desc タイトルの表示内容を文字列で記述します。
 *  %1 - アクター名, %2 - スキル名
 * @default [%2]のスキル情報c[16]
 *
 * @param Discription Lines
 * @desc スキルの説明文の行数を設定します。
 * @default 2
 *
 * @param --Skill Status Window--
 * @default
 *
 * @param Skill Status Text1 Format
 * @desc スキルステータスのテキスト1の表示内容を記述します。
 *  詳細はヘルプ参照のこと
 * @default %1
 *
 * @param Skill Status Text2 Format
 * @desc スキルステータスのテキスト2の表示内容を記述します。
 *  詳細はヘルプ参照のこと
 * @default LVsb[60]l[2]n%2lR[2]n/c[17]nMAXsb[60]c[17]n%3lR[2]c[17]
 *
 * @param Skill Status Text3 Format
 * @desc スキルステータスのテキスト3の表示内容を記述します。
 *  詳細はヘルプ参照のこと
 * @default %4
 *
 * @param Skill Status Width Rate
 * @desc テキスト1~3を表示するテキスト幅の比率
 *  カンマ(,)で区切って表示すること
 * @default 1,1,1
 * 
 * @param Skill Status Line Color1
 * @desc ラインの色1を指定します。
 *  -1 を設定した場合は、ラインは非表示
 * @default 17
 * 
 * @param Skill Status Line Color2
 * @desc ラインの色2を指定します。
 *  -1 を設定した場合は、ラインは非表示
 * @default 17
 *
 * @param Skill Status Line Gauge
 * @desc スキルレベルの差により、ラインをゲージとして使用するか。
 *  1 - ゲージにする, 0 - ゲージにしない
 * @default 0
 *
 * @param Skill Status Max Cols
 * @desc 1行に表示するステータスの数を指定します。
 *  (最小値 1, 最大値 3)
 * @default 1
 * 
 * @param Skill Status Item Heigth
 * @desc 1つのステータスを表示する行数を指定します。
 *  (最小値 1, 最大値 3)
 * @default 1
 * 
 * @param --Upgrade Param Window--
 * @default
 *
 * @param Upgrade Param Title Format
 * @desc タイトルの表示内容を文字列で記述します。
 *  %1 - スキル名, %2 - 強化タイプ名
 * @default [%2]の情報c[16]
 *
 * @param Upgrade Param SubTitle Format
 * @desc パラメータタイトルの表示内容を文字列で記述します。
 * @default 強化値:c[16]
 *
 * @param Upgrade Param Text Format
 * @desc 表示内容を文字列で記述します。
 *  フォーマットのパラメータはヘルプ参照
 * @default l[2]nLVn%1lR[2]n:n%2lR[6]n⇒l[2]CnLVn%3lR[2]n:n%4lR[6]
 *
 * @param Upgrade Param CostTitle Format
 * @desc コストタイトルの表示内容を文字列で記述します。
 * @default コスト:c[16]
 *
 * @param Upgrade Param CostItem Format
 * @desc コストの表示内容を文字列で記述します。
 *  %1 - コスト名, %2 - コスト数量, %3 - コストの手持ち量
 * @default %1l[16]n%2lR[3]c[17]n%3c[17]lR[5]
 *
 * @param Upgrade Param MaxLv Message
 * @desc 最大強化レベルに達した時の表示内容を文字列で記述します。
 * @default l[2]nこれ以上強化できません
 *
 * @param Upgrade Param Cost Lines
 * @desc 3つのコストを並べ方を指定します。
 * parallel - 3行に並べる, series - 1行にまとめる,
 * @default parallel
 *
 * @param --Confirmation Window--
 * @default
 *
 * @param Confirmation Title Format
 * @desc スキル強化実行時の確認内容を記述します。
 *  %1 - アクター名, %2 - スキル名
 * @default スキル強化の確認
 *
 * @param Confirmation Ok Format
 * @desc 確認コマンドの「実行する」の表示内容を記述します。
 * @default 実行する
 *
 * @param Confirmation Cancel Format
 * @desc 確認コマンドの「実行しない」の表示内容を記述します。
 * @default 実行しない
 *
 * @param --Upgrade SE--
 * @default
 * 
 * @param Upgrade SE Name
 * @desc 強化実行時に鳴らすSEの名前を指定します。
 * @default Sound2
 *
 * @param Upgrade SE Volume
 * @desc 強化実行時に鳴らすSEの音量を指定します。
 * @default 90
 *
 * @param Upgrade SE Pitch
 * @desc 強化実行時に鳴らすSEのピッチを指定します。
 * @default 100
 *
 * @param Upgrade SE Pan
 * @desc 強化実行時に鳴らすSEの位相を指定します。
 * @default 0
 *
 * @help
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 概要
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 本プラグインは、FTKR_SkillUpgradeSystem.jsの拡張プラグインです。
 *
 * 本プラグインを実装することで、スキル強化システムの専用画面を表示し、
 * 視覚的にスキルを強化することができるようになります。
 *
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 設定方法
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 1.「プラグインマネージャー(プラグイン管理)」に、本プラグインを追加してください。
 *
 * 2. 本プラグインを動作させるには、以下のプラグインが必要です。
 *    FTKR_SkillExpansion.js  (v1.2.x)
 *    FTKR_SEP_ShowSkillStatus.js  (v1.3.x)
 *    FTKR_SkillUpgradeSystem_Window.js (v1.4.x)
 *    本プラグインは、それらのプラグインよりも下の位置になるように
 *    追加してください。
 * 
 * 4. アクターのステータスを表示するためには
 *    FTKR_CustomSimpleActorStatus.jsが必要です。
 *    本プラグインは、FTKR_CustomSimpleActorStatus.jsよりも下の位置に
 *    なるように追加してください。
 * 
 * 5. スキルに枠を表示するためにはsFTKR_DisplayCommandFrame.jsが必要です。
 *    本プラグインは、FTKR_DisplayCommandFrame.jsよりも下の位置に
 *    なるように追加してください。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * ウィンドウの構成
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキル強化システムは、以下のウィンドウで画面を構成しています。
 * 
 * [メニューのスキル画面またはサブコマンド欄から呼び出した場合]
 * プラグインパラメータ<Show Skill Command : 2, 3>の時にスキル画面に表示
 * 
 * ┌-----------─-------------------------------------┐
 * │                      <1>                         │
 * ├-----------┬-------------------------------------┤
 * │           │                                     │
 * │    <2>    │                <4>                  │
 * │           │                                     │
 * ├-----------┼-------------------------------------┤
 * │           │                <5>                  │
 * │           ├-------------------------------------┤
 * │           │                <6>                  │
 * │    <3>    ├-------------------------------------┤
 * │           │                                     │
 * │           │            <6> or <7>               │
 * │           │               (*1)                  │
 * └-----------┴-------------------------------------┘
 * 
 * 1. ヘルプウィンドウ
 * 2. コマンドウィンドウ
 * 3. スキルリストウィンドウ
 * 4. アクターステータスウィンドウ
 * 5. スキルステータスタイトルウィンドウ
 * 6. スキルステータスウィンドウ
 * 7. 強化パラメータウィンドウ    (*1)
 * 8. 強化確認ウィンドウ          (*2)
 * 
 * (*1) プラグインパラメータ<Always Display Cost>で表示するを
 *      設定した場合に表示します。表示しない場合、<6>のスキル
 *      ステータスウィンドウが広がります。
 * 
 * (*2) 強化タイプ選択後に表示するウィンドウ 
 *      (プラグインパラメータ<Upgrade Disable Confirmation>で
 *      確認するを設定した場合のみ)
 * 
 * 
 * [メニュー画面またはプラグインコマンドから呼び出した場合]
 * プラグインパラメータ<Show Skill Command : 1>の時にメニューに表示
 * プラグインコマンド
 *    <SUS Open>
 *      :スキル強化システムの画面を呼びます。
 *      :'PageUp','PageDown'キーによりアクターを変えることができます。
 * 
 * ┌-----------┬-------------------------------------┐
 * │    <1>    │                <4>                  │
 * ├-----------┤                                     │
 * │           ├-------------------------------------┤
 * │    <2>    │                                     │
 * │           │                                     │
 * ├-----------┤                                     │
 * │           │                <5>                  │
 * │           │                                     │
 * │           │                                     │
 * │    <3>    ├-------------------------------------┤
 * │           │                                     │
 * │           │            <5> or <6>               │
 * │           │               (*1)                  │
 * └-----------┴-------------------------------------┘
 * 
 * 1. アクターステータスウィンドウ
 * 2. スキルタイプリストウィンドウ
 * 3. スキルリストウィンドウ
 * 4. スキルステータスタイトルウィンドウ
 * 5. スキルステータスウィンドウ
 * 6. 強化パラメータウィンドウ    (*1)
 * 7. 強化確認ウィンドウ          (*2)
 * 
 * (*1) プラグインパラメータ<Always Display Cost>で表示するを
 *      設定した場合に表示します。表示しない場合、<6>のスキル
 *      ステータスウィンドウが広がります。
 * 
 * (*2) 強化タイプ選択後に表示するウィンドウ 
 *      (プラグインパラメータ<Upgrade Disable Confirmation>で
 *      確認するを設定した場合のみ)
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * メニューの表示
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * プラグインパラメータの設定により、スキル強化コマンドを追加する場所や
 * 表示方法を変更することができます。
 * 
 * <Show Skill Command>
 *          :メニュー欄、またはスキルメニュー欄に表示することを選べます。
 *          : 1 - メニューに表示
 *          : 2 - スキルメニューに表示
 *          : それ以外は、非表示になります。
 * 
 * <Upgrade Skill Command Name>
 *          :コマンドの表示名を変更できます。
 * 
 * <Skill Menu Switch ID>
 *          :ゲーム内のスイッチでメニューへの表示のON/OFFを制御できます。
 *          :スイッチIDを入力してください。
 *          : 0 を指定すると、無効になります。
 * 
 * <Upgrade Disable Confirmation>
 *           :スキル強化実行時に確認画面で実行確認するか選べます。
 *           :確認しないに設定すると、<Always Display Cost>の設定が
 *           :無効になり、コストウィンドウが常に表示されます。
 * 
 * <Always Display Cost>
 *          :強化コストに常に表示するか選べます。
 *          :表示するに設定すると、変わりに確認画面で
 *          :強化パラメータウィンドウが表示されなくなります。
 * 
 * <How Show NonUg Item>
 *          :強化できないパラメータの明示方法を設定できます。
 *          :
 *          :設定値は以下の通りです。
 *          : 0 - そのまま表示します。
 *          : 1 - 薄く表示します。
 * 
 * <Hide Not Upgrade Item>    (強化不可設定の場合)
 * <Hide Cannot Pay Item>     (強化コスト不足の場合)
 * <Hide Limit Upgrade Item>  (最大強化レベルに達した場合)
 *          :それぞれ、対象のパラメータを非表示にするか指定します。
 *          : 1 - 表示しない, 0 - 表示する
 * 
 * 
 * [使用可能なプラグインコマンド]
 * <SUS Hide Actor x>   :アクターID x の強化コマンドを非表示にする。
 * 
 * <SUS Show Actor x>   :アクターID x の強化コマンドを表示にする。
 * 
 * 
 * [使用可能なノートタグ]
 * 対象:アクター、クラス
 * <SUS Command Hide>   :このノートタグを設定した場合、初期状態で
 *                      :スキル強化コマンドを非表示にします。
 *                      :プラグインコマンドで、表示に変更できます。
 *
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルリストウィンドウ
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 強化可能な「スキル名」を表示します。
 * ノートタグで強化禁止設定にしたスキルは表示しません。
 * 以下のプラグインパラメータで変更できます。
 * 
 * <Skill List Width>
 *          :スキルリストウィンドウの幅を設定します。
 *          :デフォルトは、コマンドリストと同じ 240 です。
 *          :この値を変更すると、これに紐付いている他の
 *          :ウィンドウの幅も自動的に変わります。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルステータスタイトルウィンドウ (Upgrade Title Window)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 自由に記述を変更できるタイトル行と、スキルの属性と説明文を表示するウィンドウです。
 * 以下のプラグインパラメータで変更できます。
 * 
 * スキルの属性で表示される内容は、ダメージID 0 の属性です。
 * ただし、スキル以外の追加属性の特徴を乗せていた場合でも、その属性は表示しません。
 * 
 * <Skill Status Title Format> 
 *          :タイトル行目の表示内容を文字列で設定します
 *          : %1 - アクター名, %2 - スキル名
 * 
 * <Discription Lines> 
 *          :スキルの説明文の行数を設定します
 *          :変更すると、スキルステータスウィンドウの高さも変わります。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキルステータスウィンドウ (Skill Status Window)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 選択したスキルのステータス名、現在強化レベル、最大強化レベル、ステータス値を
 * 表示します。
 * 
 * [ステータス値の表示について]
 * 1. 強化タイプが「ダメージ」の場合
 *   ⇒「各ダメージIDで設定したスキル名」を表示します。
 *     なお、スキル名に'%1'を加えた場合、その箇所がダメージ倍率の値になります。
 *    例) 「炎攻撃%1%」というスキル名で、ダメージ倍率が100 の場合、「炎攻撃100%」
 * 
 * 2. 強化タイプが「使用効果」の場合
 *   ⇒「使用効果の名称 + 強化量」で表示します。
 *    例) 使用効果がHP回復で、強化量が10 の場合、「HP回復10」
 * 
 *    ただし、<Display>タグを設定している場合はその記述を優先します。
 * 
 * 3. それ以外の場合
 *   ⇒「強化量」で表示します。
 * 
 * 
 * 以下のプラグインパラメータで変更できます。
 * 
 * 1. テキスト関係
 * <Skill Status Text1 Format>
 * <Skill Status Text2 Format>
 * <Skill Status Text3 Format>
 *          :スキルのスキル名/レベル/ステータス値の表示内容を文字列で設定します。
 *          :%1 - 強化タイプ名, %2 - 現在強化レベル, %3 - 最大強化レベル
 *          :%4 - 現在のステータス値
 *          :<Skill Status Item Heigth>の設定値により
 *          :Text1~3の表示位置が変わります。
 * 
 * <Skill Status Width Rate>
 *          :Text1~3の表示するテキスト幅の比率を設定します。
 *          :1行表示の場合
 *          : 1,1,1 に設定すると、同じ幅に3分割します。
 *          : 2,1,1 に設定すると、Text1を半分使用し、残りを2等分します。
 * 
 * 3. ライン
 * <Skill Status Line Color1>
 * <Skill Status Line Color2>
 *          :ラインの色を指定します。色1と色2を変えた場合は
 *          :ラインをグラデーション表示にします。
 *          : -1 を設定した場合は、非表示にします。
 * 
 * <Skill Status Line Gauge>
 *          :ラインをスキル強化状態を表すゲージとして使用するか
 *          :設定できます。現在レベルと最大レベルの差により、
 *          :ゲージの色が変化します。
 * 
 * 4. 枠
 * 枠表示に対しては、FTKR_SEP_ShowSkillStatus.jsの設定を適用します。
 *
 * 5. ステータスの表示数の設定
 * <Skill Status Max Cols>
 *          :1行に表示するステータスの数を指定します。
 * 
 * <Skill Status Item Heigth>
 *          :1つのステータスを表示する行数を指定します。
 *          :2行表示にすると、1行目にText1とText2を
 *          :2行目にText3を表示します。
 *          :3行表示にすると、1行目にText1、2行目にText2
 *          :3行目にText3を表示します。
 * 
 * 
 * [使用可能なノートタグ]
 * 対象:スキル
 * <SUS Show Switch x Type: y1,y2,...>
 *    :指定した強化タイプの表示をスイッチのON/OFFで制御する。
 *    : x - スイッチID
 *    : y - 強化タイプ番号
 *  
 *  例)  <SUS Show Switch 1 Type: 1,2,3>
 *    スイッチ1 がONの時、強化タイプ1,2,3を表示します。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 強化パラメータウィンドウ (Upgrade Param Window)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 選択した強化タイプの、強化パラメータを表示するウィンドウです。
 * 強化パラメータウィンドウは、以下の最大7行のテキストで構成しています。
 * コスト行は、プラグインパラメータの設定により、行数を変えることができます。
 * 
 *   1.タイトル(1行)
 *         :自由記述欄
 *   2.強化パラメータタイトル(1行)
 *         :自由記述欄
 *   3.強化パラメータ(1行)
 *         :強化パラメータを表示。自由記述欄
 *   4.コストタイトル(1行)
 *         :自由記述欄
 *   5.コスト(1行 または 3行)
 *         :設定したコスト名と数量、手持ちの総数を表示
 * 
 * 以下のプラグインパラメータで変更できます。
 * 
 * <Always Display Cost>
 *          :強化パラメータのうち、コストタイトルとコストを
 *          :常に表示するか設定できます。
 *          :表示しないを選択した場合は、強化タイプを選択した時に
 *          :強化確認ウィンドウと一緒に画面中央に表示します。
 * 
 * <Upgrade Param Title Format>     
 *          :タイトル行の表示内容を文字列で記述します。
 *          :%1 - スキル名, %2 - 強化タイプ名
 * 
 * <Upgrade Param SubTitle Format>  
 *          :強化パラメータタイトル行の表示内容を文字列で記述します。
 * 
 * <Upgrade Param Text Format>  
 *          :強化パラメータ行の表示内容を文字列で記述します。
 *          :%1 - 現在強化レベル, %2 - 現在強化レベルの強化量
 *          :%3 - 次強化レベル, %4 - 次強化レベルの強化量
 * 
 * <Upgrade Param CostTitle Format> 
 *          :コストタイトルの表示内容を文字列で記述します。
 * 
 * <Upgrade Param CostItem Format> 
 *          :コストの表示内容を文字列で記述します。
 * 
 * <Upgrade Param MaxLv Message>    
 *          :最大強化レベルに達したときに強化パラメータ行に表示する
 *          :内容を文字列で記述します。
 *          :この内容は、強化パラメータ行の内容と入れ替わります。
 * 
  * <Upgrade Param Cost Lines>    
 *          :最大3つのコストを並べ方を指定します。
 *          : parallel - 1行に1つのコストを表示して、3行に並べます。
 *          : series   - 1行に、3つのコストを並べます。
 *          :seriesにすると、強化パラメータウィンドウの高さが変わります。
 * 
 * 
 * [表示されるコストアイコン]
 * 
 * コスト名を表示する際には、コスト名の頭にコストアイコンが付きます。
 * 
 * 表示するアイコンは、コストがアイテムであれば、そのアイテムで設定したアイコンを
 * 表示します。
 * 
 * コストが、お金および変数の場合は、FTKR_SEP_ShowSkillStatus.jsの
 * プラグインパラメータの設定を使用します。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 強化確認ウィンドウ (Confirmation Window)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキル強化選択時に表示されるウィンドウです。
 * 以下のプラグインパラメータで変更できます。
 * 
 * <Confirmation Title Format> 
 *          :確認時のテキストの表示内容を文字列で設定します。
 *          : %1 - アクター名, %2 - スキル名
 * 
 * <Confirmation Ok Format> 
 *          :確認コマンドの「実行する」の表示内容を設定します。
 * 
 * <Confirmation Cancel Format> 
 *          :確認コマンドの「実行しない」の表示内容を設定します。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * アクターステータスウィンドウ (Actor Status Window)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * スキル強化画面を、メニュー画面またはプラグインコマンドから呼び出した場合に
 * 表示するアクターステータスウィンドウのレイアウトは
 * FTKR_SEP_ShowSkillStatus.jsのプラグインパラメータの設定を使用します。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * プラグインパラメータで使用できる制御文字について
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 
 * 本プラグインでは、ウィンドウのテキスト欄に表示する内容を、プラグインパラメータで
 * 設定することができます。 
 * 
 * その際に、以下の制御文字を文字列に加えることで、テキストの書式を詳細に変更する
 * ことができるようになります。
 * 
 * [使用できるプラグインパラメータ]
 * パラメータ名に Format の文字が含まれているもの。
 * 
 * 
 * [使用できる制御文字] 注意:制御文字は大文字小文字を区別します
 * 
 * 1. 文字列幅を変更
 *      l[x]   :字列幅を x に変更します。
 *              :x の単位は 1バイト文字分のサイズです。
 *              :'強化サイズl[5]'のように表記します。
 *              :
 *              :デフォルトでは、1バイト文字を 1 ,2バイト文字を 2 と換算し
 *              :最適な幅を自動で設定します。
 *              :上記の例の場合、通常の半分のサイズに縮めて表示します。
 * 
 *      lR[x]  :字列幅を x に変更し、右揃えにします。
 * 
 *      lC[x]  :字列幅を x に変更し、中央揃えにします。
 * 
 * 2. 文字色を変更
 *      c[x]   :表示する文字色をx番に変更します。
 *              :番号と色の関係は、ツクールMV標準の色番号と同じです。
 *              :デフォルトでは白文字(x = 0)です。
 * 
 * 3. 文字サイズを変更
 *      s[x]   :文字のサイズをデフォルトサイズの x% に変更します。
 *              :'レベルs[60]'のように表記します。
 *              :なお、デフォルトの文字サイズは、28です。
 * 
 *      sb[x]  :文字のサイズをデフォルトサイズの x% に変更して
 *              :表示行の下側に揃えます。
 * 
 *      sp[x]  :文字のサイズをデフォルトサイズの x% に変更して
 *              :表示行の上側に揃えます。
 * 
 * 4. 表示位置を変更(他に制御文字を使っていない場合にのみ有効)
 *      R      :右揃えにします。
 * 
 *      C      :中央揃えにします。
 * 
 * 5. 書式の区切り
 *      n      :1つの文字列に対して、複数の色やサイズを使い分けたい場合、
 *              :この制御文字を文中に加えることで、加えた箇所で文字列を
 *              :区切り、それぞれの文字列に対して異なる書式を適用できます。
 *              : 例) '強化nタイプ' ⇒ '強化'と'タイプ'に区切る
 * 
 * 
 * [制御文字の使用例]
 * 
 * 1.区切りなしで、制御文字を1つ使った場合
 * '強化タイプc[16]' :この場合は'強化タイプ'をすべて文字色16に変更します。
 * 
 * 2.区切りなしで、同種の制御文字を複数使った場合
 * '強化c[16]タイプc[17]'
 *                   :この場合は、始めのc[16]が適用されて、'強化タイプ'を
 *                    すべて文字色16に変更します。
 * 
 * 3.区切りありで、制御文字を1つ使った場合
 * '強化c[16]nタイプ'
 *                   :この場合は、'強化'と'タイプ'が区切られ、強化'を
 *                    文字色16に変更し、'タイプ'はデフォルト色のままです。
 * 
 * 4.区切りありで、同種の制御文字を複数使った場合
 * '強化c[16]nタイプc[17]'
 *                   :この場合は、'強化'と'タイプ'が区切られ、強化'を
 *                    文字色16に、'タイプ'を文字色17に変更します。
 * 
 * 5.異なる種類の制御文字を複数使った場合
 * '強化タイプc[17]s[60]'
 *                   :この場合は、'強化タイプ'をすべて文字色16に変更し
 *                    さらに、フォントサイズを60%に縮めます。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 強化実行時のSEの設定
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 強化実行時に鳴らすSEは種類、音量、ピッチ、位相を変更可能です。
 * 以下のプラグインパラメータで書式を変更できます。
 * 
 * <Upgrade SE Name>    :SEに使用する種類を変更します。
 *                      :使用したいSE名を記載してください。
 * 
 * <Upgrade SE Volume>  :SEの音量を変更します。
 * 
 * <Upgrade SE Pitch>   :SEのピッチを変更します。
 * 
 * <Upgrade SE Pan>     :SEの位相を変更します。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * パラメータ表示名の設定
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 「スキルステータス名」や「ダメージタイプ名」等の画面に表示されるパラメータ名は
 * FTKR_SEP_ShowSkillStatus.jsのプラグインパラメータで設定した名称を使用します。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 本プラグインのライセンスについて(License)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 本プラグインはMITライセンスのもとで公開しています。
 * This plugin is released under the MIT License.
 * 
 * Copyright (c) 2017 Futokoro
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.php
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * プラグインのヘルプについて
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 強化パラメータの設定方法や、ノートタグの使い方などについては
 * 別ファイルの「FTKR_SkillUpgradeSystem_Core.js」を参照してください。
 *
 *
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 変更来歴
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 
 * v1.5.0 - 2017/10/04 : 機能追加
 *    1. 一括強化機能を追加
 * 
 * v1.4.1 - 2017/08/05 : 不具合修正
 *    1. スキルに対して強化できない設定にした強化タイプを
 *       非表示にできない不具合修正。
 *    2. 強化実行時に確認しない設定の場合に、コストや最大レベルを無視して
 *       強化できてしまう不具合修正。
 * 
 * v1.4.0 - 2017/03/16 : 処理見直し、機能追加
 *    1. FTKR_SEP_ShowSkillStatus.js v1.3.0 に合わせて処理を見直し。
 *    2. 枠の表示処理を、FTKR_SEP_ShowSkillStatus.jsから読み取る方式に変更。
 *    3. サブコマンドからスキル強化画面を表示する機能を追加。
 *    4. ヘルプ記載内容を修正。
 * 
 * v1.3.0 - 2017/02/24 : 処理見直し
 *    1. FTKR_SkillExpansion.js v1.1.0 に合わせて処理を見直し。
 * 
 * v1.2.1 - 2017/02/20 : 不具合修正
 *    1. drawElement関数内の記述ミス修正
 *    2. ヘルプ記載内容を修正。
 * 
 * v1.2.0 - 2017/02/19 : FTKR_SkillExpansion.jsの適用(94.9kB)
 *    1. FTKR_SkillExpansion.jsに合わせて処理を見直し。
 *    2. ヘルプ記載内容を修正。
 * 
 * v1.1.0 - 2017/02/15 : 不具合修正、機能変更および追加(95.9kB)
 *    1. 強化実行SEを正しく鳴らすことができない不具合を修正。
 *    2. 強化できないパラメータに対する表示設定を変更
 *    3. スイッチで強化タイプの表示のON/OFFを制御できる機能を追加。
 *    4. FTKR_SkillUpgradeSystem_Coreの v1.5.0 に伴う修正を追加。
 *    5. FTKR_SkillUpgradeSystem_Coreのバージョン表記に合わせて
 *       バージョンを修正。(v1.02は、v1.0.2 とみなす)
 * 
 * v1.02 - 2017/02/13 : 強化できないパラメータに対する表示設定を追加(94.0kB)
 * 
 * v1.01 - 2017/02/12 : スキル強化画面のレイアウト変更、他微修正(92.5kB)
 *    1. スキル強化画面のレイアウト変更。
 *    2. メニュー画面にスキル強化コマンドを表示できるように変更。
 *    3. スキル強化実行時に確認のウィンドウを表示する機能を追加。
 *    4. ヘルプ記載内容を修正。
 *    5. 関数名を一部修正。
 *    6. Window_Base.drawFormatTextの引数にテキスト幅を追加し、テキスト幅を
 *       自動調整する機能を追加。
 *    7. 表示位置の制御文字を、文字列幅の制御文字と組み合わせて
 *       使用できるように変更。
 * 
 * v1.00 - 2017/02/08 : 初版作成(63.3kB)
 *    1. FTKR_SkillUpgradeSystem.jsからwindou関係の関数を分割して
 *       本プラグインを作成。
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 */
0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright© #ツクプラ , 2020 All Rights Reserved.